【衝撃】小売業のコストコ・ホールセールが達成した偉業とは。

投資の考え方
スポンサーリンク

数ある小売業の中でも、独自性の高いビジネスモデルで景気の影響を受けづらく、世界中で人気を博している大手スーパーマーケット、コストコ・ホールセールは、皆さんもご存知だろうと思います。食材から家電、衣服までなんでも手に入るコストコは米国では約550店、日本では27店が展開されているとのことだ。

そんなコストコが利益を生み出す仕組みには、とある偉業が隠されているという。

コストコは客や従業員に「あんなこと」はさせない!その結果がすごい | TRILL【トリル】
アメリカのコストコが誇ることがあるという。その内容って?(フロントロウ編集部)

コストコのCFOであるリチャード・ガランティ氏によると、コストコでは万引きや、従業員による盗みからの被害が著しく低く、その被害は、年間セールスのうちのおよそ0.12%だという。これがどれほど素晴らしい数字なのかというと、その他のスーパーにおいては、その数字は0.5%から1%にまでのぼるといわれ、万引きによって閉店を余儀なくされる店舗もあるほどなのです。

では、なぜコストコではこれほどまでに盗みの被害が少ないのでしょう。リチャード氏は次のことが要因だろうと推測している。

・会員制のモデル

・従業員との円滑な関係性

・盗むには大きすぎる商品

・出入り口が少ない

コストコの店舗に入るには、コストコの会員になるか、会員の連れになるしかありません。万引きをするような貧困層はそもそもコストコの年会費を支払うことができないので、万引き犯が入店しづらい環境にあると言えるでしょう。

また、コストコといえば、アメリカンサイズのモノが原価ギリギリで販売されているという点が素晴らしいところであり、商品も最低限に絞っていることから、簡単に盗み出されるような商品はそもそも取り扱っていないということです。

出入口が少ないので犯人を取り逃すこともありませんし、見張りやすいという点も大きいですが、一番大きいのはやはり従業員との円滑な関係性だと言えるでしょう。

米Barron’sによると、コストコの最低時給は3月より16ドル(約1,760円)になる予定で、平均では23.50ドル(約2,585円)だという。対して、ウォルマートの最低時給は11(約1,210円)ドル、平均では14ドル(約1,540円)。ターゲットの最低時給は15ドル(約1,650円)。アマゾン・ドット・コムも最低時給はターゲットと同様、15ドル(約1,650円)となっている。

コストコは原価ギリギリで商品を販売しているからと言って、決して従業員の人件費をケチるような愚かなマネはしていません。コストコの従業員は離職率も低く、結果として勝手を知っている従業員がたくさんいる状態がキープできるので、仮に万引き犯が出ても捕まえられるのかもしれませんね。

従業員もお客さんも大切にしているコストコだからこそ、年会費を払い続けてでも訪れようとする人が後を絶たない訳ですから、コストコのビジネスモデルは、本当に素晴らしいものだと思います。

もちろん、株価も素晴らしい成長率を見せており、”少し割高”な状態が続いているものの、安心して投資できる銘柄だと感じます。

投資家であれば、人件費は最低限まで削減して、利益を伸ばしている勢いのある企業の方がメリットが大きいのかもしれませんが、業界によっては、従業員にきちんと報いることで、安定した成長を見せる素晴らしい企業があるんだなということが分かります。

コストコ・ホールセールは、顧客・従業員・そして株主の”三方よし”の精神が詰まった優良企業だと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました