【朗報】バフェット氏の投資でベライゾンとシェブロンが高値更新となるか。

投資実務
スポンサーリンク

ロイター通信によると、『投資の神様』ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

米バークシャー、ベライゾンやシェブロン株取得
著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

2020年12月末時点の株式保有状況を報告する規制当局への提出文書によると、バークシャー・ハサウェイは、アップルやウェルズ・ファーゴの保有株数を減らした他、JPモルガン・チェース、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ、M&Tバンクなど一部の銀行株を全て手放したとのこと。それに加えて、最近投資した医薬品株については、メルク、アッヴィ、ブリストル・マイヤーズスクイブへの投資を拡大する一方で、ファイザーへの投資を終了したことも明らかになりました。

そして、バークシャーが株式取得を終えるまでに他の投資家が便乗して株価が上昇するのを防ぐため、SFCによって公表の遅延が認められていた3銘柄が新たに明らかとなり、それが、ベライゾン・コミュニケーションズ、シェブロン、そして保険ブローカーのマーシュ・アンド・マクレナンの3社だということです。

マーシュアンドマクナレンについては、ほとんど文句のつけようがないほど良いチャートとなっており、長期的に成長することが見込める銘柄と言えるでしょう。

ただ、同社に比べると、ベライゾンとシェブロンの2社は成長しているものの少し地味な印象を受けてしまいます。

しかし、バフェット氏効果もあって、PTSでは3社ともに株価は上昇しており、ベライゾンはこのまま調子が良ければ60ドル前後にある壁を突破できるかもしれません。

また、アフターコロナの期待が高まる石油銘柄として、株価調整後にもたついていたシェブロンも回復の見込みがあると判断されることでしょう。

バークシャーが公表したということは既に同社による取得が完了したことを意味すると思いますが、敬虔なバフェット信者はこのタイミングからでも同社の株を買い集めるように動くはずですからね。

バフェット氏の読みがどうかは分かりませんが、ワクチンの影響もあって、徐々に新規感染者が減少傾向にある昨今、アフターコロナの投資を考える必要性が徐々に出てきているのは感じています。twitterのトレンドワードに”米国債10年”というワードが入るくらい、10年米国債利回りが急騰し、1年振りに1.3%に達したことが話題になりました。

急騰と言えどもまだまだ低金利であることに変わりはないですが、利回りの上昇は高PERのグロース株にとっては逆風となりますから、トレンドが変化する可能性が高まります。

私自身、アフターコロナを見据えて、配車サービスのリフトに新規投資をしましたが、バークシャーのような大口投資家の資金がリフトに流れることはないでしょう。まだまだリフトは時価総額が小さ過ぎますからね。

【朗報】管理人Yuki、またしても決算ギャンブルで勝利してしまうのか…
昨日は日付が変わる前に寝ることができて、とても良い目覚めをすることができました。しかし、寝る直前までiPhoneで株価を確認しながら、証券会社にログインして大きめの買い注文を入れましたので、熟睡できるとは思いませんでした。昨日、私...

いくらクリーンエネルギーだなんだと言っても、現在のエネルギーの主流はやはり従来の石油由来のエネルギーであり、アフターコロナで人々の往来が回復したら、シェブロンやエクソン・モービルといった石油会社の業績は回復するでしょうね。

ただ、将来を見据えて安心して投資できるか?と言われると私には分からないことが分かったので、石油関連企業に投資するのはやめましたけどね。

ベライゾンに関しても、以前は個人投資家の方々に人気だったようですが、最近は聞くことが減った銘柄ですよね。人々に忘れ去られた優良企業の株を超一流の投資家たちが狙っているというのはあるあるですよね。我々は知らないお宝銘柄を探すのではなく、知ってる優良企業が割安な時に投資することでも十分に儲けることができるということを投資の神様が教えてくれているようです。

【考察】株を買うなら『知らない会社』を選ぶのが良いのか?
お金やキャリアに関するニュースが掲載されているメディア、マイナビニュースにて、興味深いコラムを発見しました。「有名な会社の株を買うほうが安心」という考え方は経済学的に見ると間違いであり、『知らない会社』にこそ投資するべきだ...

最近は株価が好調すぎて、己の実力を見誤っているかのような個人投資家も少なくないですが、我々の人生よりも遥かに長い期間、株式市場に生き残り続け、大富豪となったバフェット氏の投資姿勢から学べることは確実にあると言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました