【共感】30代男性「年収が上がっても激務になるなら現状を維持したい」

投資の考え方
スポンサーリンク

お金や働き方についての記事が掲載されている『キャリコネニュース』に、共感できる記事が載っていました。

年収500万円台の30代男性「年収が上がっても激務になるなら現状を維持したい」 | キャリコネニュース
「給料は多ければ多いほどよい」と考える人は多いのではないだろうか。給料が増えれば欲しい物を買ったり、貯金に回したりできるからだ。しかし東京都に住む30代男性(IT系/年収550万円)は、 「年収が上がっても激務になるなら

「給料は多ければ多いほどよい」と考える人は多いかもしれませんが、今の時代決してそうとは言えません。

「年収が上がっても激務になるなら現状を維持したい」

そう語るのは、東京都に住む30代男性だ。彼の年収は550万円。都内在住であれば、平均的な年収と言えるのではないでしょうか。男性は中古分譲マンションで1人暮らしをしており、「贅沢をしなければ年間150万円は貯金できているので、満足です」と続けました。他にも年収400〜600万円程度の人々のリアルな声がまとめられています。

もちろん人によって考え方は違うと思いますが、彼のように、それなりの年収を貰いながら、激務にならない程度の仕事をするという考え方が私個人としてはとても共感しました。

私は今のサラリーマンとしての仕事を気に入っています。大企業で経理ができるというのは誰でもできることではないですし、大企業の裏方として経営を支える今の仕事にある程度の誇りを持って業務にあたっています。

転職を繰り返しながらも、同じ仕事を続けていたため、実務経験もそれなりに長くなり、今は20代の後輩に仕事を教えたりしながら気楽に働けますし、特に不満はありません。

しかし、今よりも激務な管理職に就くのはハッキリ言ってお断りしたいです。1年ほどマネージャーとして管理職を経験しましたが、かなりの激務だったように感じます。コロナ前の話ですから、取締役など会社の重役との飲み会続きで、終電で帰ってからブログを更新して2時、3時に寝るというような生活をしていた時期もありました。

管理職としての仕事は単純に経理としての仕事だけでなく、名前の通り、部下を管理し、マネジメントすることが主な仕事です。彼らのキャリアプランの実現のために、人員を上手く使うことが仕事のメインになってきます。

とは言え、マネージャーだからと言ってマネジメントに専念させてくれるかというとそうでもなく、今までやってきた実務もやりながらのマネジメントとなるため、自分の時間を取りづらくなってしまうのです。

もっと人員が居れば…と思うこともありますが、どの会社も人員が足りているようで人員不足となっているため、文句も言えません。中間管理職というのは本当に辛い立場です。

そこまで仕事が激務になって上がる年収といえば、せいぜい50万円から100万円程度。残業代がつかなくなるので、平社員として残業した方が稼げるなっていう時も正直言ってありました。

だからこの記事にあった30代社員の男性の意見は本当に正論だなと感じた次第です。

会社で出世したとしても、役員クラスになるまでは年収のアップに伴って仕事内容は激務になります。従業員である限り、年収に比例して労働力を搾取される立場なのは変わりないと言えるでしょう。

しかし、我々のような平社員でも、考え方一つ変えれば、昇給や昇格以外の方法でも収入をアップさせる方法があるのです。その方法というのが投資です。

株式投資を通じて、コツコツと資産を形成する。短期的な値動きに乗ってギャンブル的ではあるものの大きく稼ぐ。というような方法から、不動産に投資して家賃収入を得るという方法まで、投資と一口に言っても色んな方法があります。短期的な値動きで稼ぐのは、投資というよりも投機に当たりますが、最近はたまたま環境が良いために、実力と勘違いして短期投機が一番の投資方法だと考える人たちも増えたので、あえて載せています。

それはさておき、どんな手法であれ投資をしている人と、投資をしていない人では格段の差が生じてしまうのは明らかです。本日、日経平均が30年ぶりに3万円台に到達しましたが、日本人のほとんどがその上昇を指を咥えて見ていただけに過ぎなかったので、豊かになることはできませんでした。

【朗報】日経平均株価、一時3万円台突破。30年半ぶりの快挙!
ロイター通信によると、15日の東京株式市場で日経平均株価が上昇し、一時3万円の大台を突破した。取引時間中として3万円を上回るのはバブル経済期の1990年8月3日以来、約30年半ぶりとのことだ。コロナショックによって、昨年3...

資本主義では持つ者と持たざる者との間には大きな格差が生じてしまうのは米国や日本を含めその他の資本主義の国を見ていれば明らかです。持つ者たちは、リスクを承知で投資にお金を注ぎ、結果としてお金にお金を稼いでもらっている状況を生み出しているため、必死に昇給や昇格を狙ってサラリーマンをする必要がないのです。

超一流の大学を卒業し、超一流の企業に勤めたとしても、例えばその会社に投資している学生投資家よりも立場は下なのです。これが資本家と労働者(従業員)との差なのです。

私は労働者でありながら、個人で投資を続け、世界的にも有名な巨大企業の株主となることで、自ら資産を拡大させ続けてきました。その結果として、無理に出世を狙うような働き方をせずとも、プライベートと仕事をどちらも楽しめるライフスタイルを実現できているのです。

個人的には仕事でもそれほどストレスを感じることもなく、無理にセミリタイアを狙うよりもノンストレスで仕事ができている今の方が生活が充実しているようにすら感じます。

何度も言いますが、考え方は人それぞれだと思います。ただ、私のように投資を通じてそれなりの資産を築き、平社員をしながらもお金に苦労しないというライフスタイルを確立している人はこれからますます増えていくことだろうと思います。

あなたはいつまでも出世のために激務をこなして、命を削って働き続けますか?それとも、収入の一部を投資に回して、資本家側の立場にシフトすることを考えますか?人生は長いですから、体調や健康面なども考えて、どちらのライフスタイルがベストかを考えてみることをお勧めいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました