【悲報】日本のメディアが嬉々として『国の借金1,200兆円突破』を報道してしまう…

社会・政治
スポンサーリンク

国債と借入金、政府短期証券の残高を合計したいわゆる「国の借金」が2020年12月末時点で1212兆4680億円となり、初めて1200兆円を突破した。というニュースを凄まじいスピードで時事通信が報道しました。

国の借金、1200兆円突破 1人983万円―昨年末:時事ドットコム
国債と借入金、政府短期証券の残高を合計したいわゆる「国の借金」が2020年12月末時点で1212兆4680億円となり、初めて1200兆円を突破した。財務省が10日、発表した。同年8月1日時点の日本人の人口(1億2333万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約983万円に上る。

一応、国民一人当たりに換算すると、国の借金は一人当たり約983万円に上るということです。しかし、昨年は日銀の金融緩和で国債の利払い費が抑えられ、新型コロナウイルスの感染拡大に対応した大規模な財政支出を国債発行で賄うといった対策を取ったのですから、国債を含めた『国の借金』が増えるのは当たり前のことだと思います。何を今更言っているのかという形ではありますが、過去最高にまで膨れ上がった国の借金は増税への足掛かりとなりかねないですから、物凄い速さで報道されますよね。

GPIFが年金基金の運用で収益を出したときは、ブルームバーグやロイターといった海外のメディアの方が速報を出してくれるのに、マイナスイメージの報道だけは素早い日本のメディアを見ていると、報道がどれだけ偏っているかが分かるかと思います。

当ブログでも何度も指摘しているように、そもそも国の借金、政府の借金は国民の借金ではありません。むしろ国民は債権者。お金を政府に貸している側なのです。ですから、正しく報道するなら、国民一人当たりの債権は約983万円にまで膨らんだということです。

もちろん、お金を直接、政府に貸している訳ではなく、日本人の大好きな貯金が銀行を通じて日本国債に変わっているというルートですから、直接の債権者は銀行ということになるんですかね?しかしその原資は日本人の預貯金なのですから、やっぱり日本人が政府にお金を貸しているという構造に変わりはありません。

そもそも、日本の借金が膨らんでいると言いますが、日本は現在、世界一の対外純資産保有国となっています。2018年時点で、日本が有する対外純資産額は3兆ドル、およそ300兆円超となっているのです。もちろん、対外資産だけでこの額ですから、日本が有する資産は莫大となっており、その時価総額は1京円を超えると言われています。

つまり、日本の国債が日本人によって間接的に買われているだけの現状、デフォルトの心配をする必要もなく、日本がそう言えるだけの資産を有している国だということがわかります。

当然ながら、増税が必要という状況でもなく、むしろ今の緊急事態時には減税して国を立て直すくらいの気概が必要なのではないかと私は考えていますが、それを実行する政治家は今のところ永田町には存在しないようですね。

何はともあれ、いわゆる国の借金が一人当たりいくらだとか、そんな計算には何の意味もなく、くだらない報道だということがおわかりいただけるでしょうか。これを増税の足がかりにしようとしているのであれば、国民は怒りを露わにしても良いのではないかと思います。

このような報道を額面通りに受け取って、不安を感じるようでは、残念ながらファイナンシャルリテラシーが高いとは言えないでしょう。ミスリードを誘うような記事はそこら中に転がっており、ネットの情報を鵜呑みにするのがいかに危険かということがわかる事例だと思います。

だからこそ、情報の真偽を自分で調べて考え、正しい判断をすることを習慣づけることで、報道に騙されない、報道に流されない自分を作り上げることができるのではないでしょうか。日本のメディアが喜んで速報を出すような記事は決まって録でもない記事が多いです。将来のお金持ちを目指しているのであれば、くだらない情報に惑わされないように気をつけていただきたいと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました