【悲報】管理人Yuki、2月は出費がかさむ・・・

マネー論
スポンサーリンク

さて、早いもので今年も1ヶ月が過ぎ、2月を迎えました。本当に早いですね。今年はあまり冬を感じることがありません。都内では今日も最高気温が13度となる見込みで、2月は真冬というイメージが崩れつつあります。

そんな季節感の無い2月ですが、私にとっては喜ばしいのですが、お財布にとっては少し悲しい1ヶ月でもあります。

まず、本日2月1日は、私の母の誕生日であり、そして昨年の同日に誕生した私の姉の子(私にとっては甥っ子)の誕生日でもあります。誕生日が同じ日になったのは非常に驚きました。というわけで、私の母と甥っ子にプレゼントを送りました。どちらもそれほど高額ではありませんが、二人合わせると1万円ちょっとの出費という感じでしょうか。Amazonで注文し、実家に指定日配達で送ってもらうようにしています。

さらにその後、2月14日にはご存知の通り、バレンタインデーがあります。私は以前から、バレンタインデーには彼女にチョコとちょっとした小物をプレゼントするようにしています。昔から外国の方とお付き合いする機会が多かったため、海外のバレンタインの風習に合わせて男性から女性に贈り物をするという習慣が根付いています。まあ、喜んで貰えるので、バレンタインのチョコと贈り物も欠かせません。合わせてこちらも5千円程度でしょうかね。美味しそうなチョコレート特集をしているECサイト、楽天とかAmazonなどで買って、直前に私の手元に届くようにしています。

さらにさらに、今月24日にも姉の誕生日を控えています。姉は「誕生日なんかもう嬉しくない」と言いますが、お祝いですから何かしらのプレゼントを贈るようにはしています。これもAmazonでポチッと注文して、当日に実家に届くようにお届け日時設定を忘れないようにします。

そして最後に、27日は私の彼女の誕生日でもあります。今年もすでに誕生日用のプレゼントもリサーチの上選んであります。こちらは別に早めに手元に来ても良いのですが、ギリギリの日程で届くように、注文しています。

このように、色々と重なる結果、普段の生活とは少し違う出費が2月は多くなってしまうわけなのです。

どれも素晴らしいイベントで、事前に予測可能なので、もちろん2月には多めにお金が出ていくという予算を組んでいますが、こうした出費がどうしても嵩んでしまうという時は誰しもあるのではないでしょうか。

例えばこちらは意図してなくても突然、友人の結婚式などが重なってお祝いのために少しずつお金が飛んでいったり、自分の趣味で取得する資格試験なんかも同様ですよね。小さな出費の連続で意外とお金が掛かっていたりするものです。

普段からどれだけ節約しても、「急にお金が必要なんだ!」という事態に陥ることはあると思います。今回のような誕生日などのイベントは予測できますが、突然家族が倒れてしまったら…というような、経験したくないタイプの突然の出費も避けることは出来ないです。

なので、やはり普段から少しは現金を保有しておくというのは案外重要だと思っています。いわゆる投資資金である、『余剰資金』という物とは別に、毎月の最低限の生活費+αのお金をキープしておくことは必要だと思います。

急激に成長を見せたバブルの中では、自分が想定していたよりもリスク資産への資金投入をしてしまっているというケースが少なくありません。自分では大丈夫だと思っていたフルインベストメントでも、株価が少しでも落ちると臆病風に流されてしまい、我先にと逃げ出してしまうのです。

基本的には、市場の流れの変化で持ち株を整理するというのは危険な、というか儲かりづらい投資家の行動だと考えています。自分でも気付かないウチに生活費まで賭けたフルインベストメントをした結果、損をしてしまったというのであれば、これほどバカげた話もないですよね。

普段から生活費の+αを投資以外の資金として持っていれば、そこまで狼狽することもないのかなと思います。+αの部分は、用意する本人次第で、いくらくらい置いておけば良いのかというのは考えられる最悪の事態に必要なお金をシミュレーションしておくのが良いかと思います。

今回の私の出費は、ありがたいことに幸福なイベント続きによる出費ですが、こういう季節性のイベントはある程度折り込んでおいて、元々の『必要経費』の予算に組み込んでおくことが良いでしょう。

昨年も2月は株式市場に大きな調整が入った1ヶ月でした。今まで以上に株投資に対して警戒心を強めておいた方が良いタイミングだとも思います。

あなたが自分の許容度を超えた投資をしてしまっていないか、改めて確認してみることを私はオススメいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました