【悲報】世代別の貯金額が凄すぎると話題に・・・

マネー論
スポンサーリンク

先週末ごろ、『単身世帯の金融資産保有額』という画像が話題を呼びました。それぞれの年代別で単身世帯の貯蓄額の平均値と中央値を表したもので、例えば、私と同じ30代であれば平均値は359万円だが、中央値になると77万円となっているのである。

平均値と中央値の違いについては、わざわざ触れる必要もないかと思うが、平均値は、「データを足し合わせ、データの個数で割った値」のこと。 中央値は、「データを小さい順に並べ、真ん中に来る値」のことを指します。平均値は一部のお金持ちが金額を釣り上げている可能性が高いものの、中央値はちょうど真ん中にくる値を表しているため、「平均じゃなくて中央値で語れ」というのはよく聞く話ですよね。

つまり、30代として調査した単身世帯の人々のちょうど真ん中にくる人は、金融資産がわずか77万円しかないことがわかります。20代では中央値がわずか5万円ですから頑張って増えた方だと思いますかね?しかし、20代はまだ学生でアルバイトや無収入の人も多いでしょうから、金融資産がゼロという人の数がかなり多いことを考えると、中央値が5万円というのも仕方ないかもしれません。平均でもまだ100万円程度ですからね。

しかし、30代というのは社会人としてそれなりに経験を積み、働き盛りの世代とも言えます。すでに家庭を持ち始める人もいる中で、単身世帯であれば十分にお金を貯めることもできたはず。それなのに、中央値で77万円しか金融資産が無いというのは異常ですよね。

さらにもっと悲しいことに、40代・50代になると中央値は50万円台とさらに減少する。現役の40代・50代世代は就職氷河期の真っ只中に社会人となった人も多いため、フリーターから抜け出せない人も一定数いるのかもしれませんが、30代よりも減少していることは衝撃としか言えませんよね。

このデータから見える闇はそれだけではありません。中央値で見れば30代から40代で減少したりして、6桁程度の貯金しか無い人が過半数を占めていることがわかる反面、平均値では順調に世代ごとに上昇しており、50代では平均で1,000万円弱にまで上昇するのである。

平均値はこれほど順調に上昇しているのに、その平均のちょうど真ん中に位置する人の資産は上がっていないというのが何を意味するかわかりますでしょうか。それは、一部のお金持ちが保有している金融資産の金額が世代を追うごとに加速度的に上昇しているということの現れではないでしょうか。

つまり、元々お金を持っていた人々は、年齢を重ねるごとによりお金持ちになっているという事実がこのデータから読み取れると思います。それはなぜかというと、お金を持っている人はそのほとんどが投資を通じてお金を増やす努力をしているからなのです。

中央値程度のお金しか持っていない人にとっては、仮に投資をしたとしても効果は微々たるものですが、元金が増えれば増えるほど、投資の効果は大きくなります。同じリターンでも元金が多い方が増える金額は大きいですよね。当たり前ですが。

そうして儲けたお金をさらに投資でリターンを高めていく訳ですから、お金持ちがどんどんお金持ちになっていくという構造はこのようなデータから顕著に見えてくるのです。

だからこそ、私たちはお金持ち側に立つ努力を続けなければなりません。お金がなくても大丈夫だと思っている人もいるでしょうが、お金があった方が生活に幅が出るのは言うまでもないことでしょう。投資をしようと思い立つ前に、まずは貯金をするところからでもいいので、少しずつ金融資産を増やしていく努力を我々は自ら続けていかなければならないのです。

【考察】お金が貯まらない人が、まず『30万円』を貯める方法
今年も始まって、早くも10日ほどが経過しようとしています。年末年始に立てた目標がすでに”三日坊主”となってしまっている人も中にはいるのではないでしょうか。今年こそはお金を貯めるぞ!と意気込んでいた人は、今月からきちんと余剰資金を浮...

そしてある程度のお金が貯まったところで、投資を始めて、”お金に働いてもらう”感覚を掴んでいくことが必要となるでしょう。

「中央値よりは金融資産があるから自分は大丈夫だ」などと考えているようでは危険です。中央値付近にいるだけでどれだけ頑張ってもお金が貯まらない仕組みになっていると言うのは前述の通りです。

まずは各世代ごとの”平均値”を超えることを目指してみてください。まだ30代前半であれば、30代のうちに中央値を超えるために努力すればなんとかなりますし、30代後半であれば、40代の平均値を40代のうちに超えることを心がけましょう。お金持ちを目指すなら、平均程度でもダメなのです。

徹底的に無駄遣いを嫌い、余剰資金を元にお金を稼ぐための行動を取り続けることこそが重要だと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました