【悲報】妻に先立たれた60代男性の悲しい末路…”人生100年時代”の生き方

社会・政治
スポンサーリンク

幻冬舎ゴールドオンラインにて、少し切なくなるコラムが記載されていました。

お探しのページが見つかりません | 幻冬舎ゴールドオンライン

このコラムの主人公、健夫さん(仮名、66歳)は今も現役の公認会計士として働く、典型的な『仕事人間』。二人の娘さんから「お父さんは一人になったらどうするの? 食事や身の回りのことなんか、何もしないし、できないでしょう」と指摘されるなど、心配されていたようです。

しかし、2年前に奥様に先立たれ、予想もしていなかった独り身の生活が現実となってしまったとのこと。仕事人間だった健夫さんは、自炊できる状態になく、外食が中心で、弁当やお惣菜類の買い物をして過ごしているということ。洗濯はできるものの、掃除は行き届いておらず、職場の外ではほとんど人間関係も無いため、徐々に弱気になってしまっているということです。

生前の奥様に連れられて参加していた町内会・自治会のボランティア活動やその他さまざまな地域行事への参加などに久々に顔を出してみると、職業柄、財政上の問題をいろいろ指摘したら、「上から目線でちょっと威圧的だ」と後で陰口をたたかれ、ますます外出の機会がなくなってしまったということです。

女性は男性に先立たれると長生きすると言いますが、男性は女性に先立たれると寿命が短くなるとよく言われていますよね。一般的に男性の方がコミュニケーション能力に乏しく、一人ぼっちになりがちなケースが多いからだと言われています。また、男性の方が生活力が低く、食生活などが偏りがちになるため、健康を害する人が多い体とも言われています。まあ、男性の方が平均寿命も短いので、弱い生き物だということは否定のしようがないでしょう。

しかし、我々が望むかどうかはさておき、日本の平均寿命は世界でもトップクラスで、これからもますます伸びていくだろうと言われています。”人生100年時代”に真っ先に突入する国は間違いなく日本などのアジア圏の平均寿命が長い国々だと思います。

そんな時代が到来すれば、66歳なんてまだまだ人生を折り返してちょっと経ったぐらいの感覚で、老後なんて言ってる場合ではありません。100歳まで生きるとしても、まだ30年以上人生は残っている計算になります。まだまだ、人生これからだというぐらいの気概で生きていく必要があるでしょう。

そんな時代を幸せに生きていくには、お金の面で心配がないことはもちろん必要です。20代、30代からコツコツと投資を続けていれば、おそらく60代半ば頃には、残りの人生を心配する必要がなくなる程度の資産を築くことはできるでしょう。

ただ、それだけでは幸せには程遠いのかもしれません。66歳で公認会計士として働く健夫さんも収入は十分にあるのでしょうが、仕事一筋に頑張ってきた”弊害”が今になって出てきているのだと私は思います。

お金があることで幸せに近づくことはできますが、お金があるだけでは幸せとは言えない典型的なパターンではないでしょうか。投資をしている人の中には、セミリタイヤやFIREを目指しているという勇猛果敢な方も多いです。私も目指しているとは言いませんが、選択肢の一つとして自分でFIREの道を選ぶことができれば幸せだなと思っています。

しかし、セミリタイヤやFIREをして、その後の人生をどう過ごすか?ということをきちんと考えている人は少ないのではないでしょうか。

自分が好きなことを仕事にして働くのもいいですし、働く必要がなければ趣味に生きるのもいいでしょう。ですが、あなたはそこまで熱中できる趣味や仕事、もしくはそれに関わる人間関係を築いておられるでしょうか。

私はもし近い将来にセミリタイヤをした場合、ブログだけに限定はしませんが、こう言った書き物をして小銭を稼ぎながら旅行なんかしたいですね。もちろん、近い将来、アフターコロナのお話です。

それ以外にも音楽が好きなので、楽器を弾いて歌ったりとかしながら、のんびり過ごすのもいいですね。もちろん、身体が動く限り、仕事にも全力で取り組みたいと思います。

まあ、私のことは別に良いのですが、FIREを目指しているという人も、本当に今の仕事を辞めて、何をするつもりなのか?というところをきちんと決めておかないとFIREしたことを後悔するなんてことになるかもしれません。

“人生100年時代”を生き抜くためには、自分がやりたいことをハッキリさせ、生きがいとなるようなことを見つけるのが最重要なのではないかと思います。”人生100年時代”の生き方を改めて考えてみてはいかがでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました