【雑記】新成人に伝えたい、これからのお金についての考え方。

投資の考え方
スポンサーリンク

本日は成人の日ということで、例年であれば成人式があるかと思いますが、今年はコロナの影響もあり、式を行わないか、ウェブで開催するという自治体や、静岡県焼津市では「ドライブイン成人式」という駐車スペースとステージを設けた、ソーシャルディスタンスを保った形式で成人式が行われるそうです。

私が成人式に参加したのはもう10年以上前のことです。成人式に参加できなくて、ガッカリしているという新成人の方もいらっしゃるかもしれませんが、こうしてその世代だからこそ体験できたことというのは、後から振り返ると良い話題になることもありますから、あまり落ち込まないで欲しいところですね。

今年は特に、2000年、2001年生まれの方達が新成人を迎えるということで、『ミレニアムベイビー』や『21世紀生まれ』の方たちが新成人を迎えるということになります。彼らの存在そのものが、なんとなく特別感がありますが、実際にこの世代は少し人口が増えたみたいです。

今年の新成人はおよそ124万人となり、前年より2万人ほど増加したということで、もしかしたら、『ミレニアムベイビー』を授かりたいと考える方が多かったのかもしれませんね。

さて、そんな新成人の方々に、今のうちに覚えておいて欲しいのが、大人としてのお金との向き合い方についてです。私自身も、20歳の頃に株式投資を始めて、まだ11年目となりますが、当初は100万円だった投資資金も、今や4,000万円を超え、日々の株価の変動で100万円の増減があるというようなことさえあるほどに成長を遂げました。

20歳の時点では、まだ大学生だという方も多いでしょう。まだまだ学生気分を味わいたいという人が大半ではないでしょうか。

しかし、20歳は立派な大人です。2022年の4月から、正式に18歳で成人となりますから、高校を卒業する年齢であれば、もう十分に大人だということになるわけです。

そんな大人の皆様だからこそ、“将来のお金のこと”について改めて深く考えていただければと私は思います。

例えば、日々の学生生活を”なんとなく”で過ごしてしまっている人は実にもったいないです。大学生ともなれば、自分で考え、自分の思うように行動を起こしている人は実は周りにたくさんいるのです。

私も学生時代に、投資を始めたばかりではなく、友人とビジネスを始めたことがありました。結果的にそのビジネスは早々に撤退することになるのですが、そのビジネスをきっかけとして会計の勉強を始め、簿記や税理士科目の取得につながりました。今は会社員ですが、その頃の知識で生活をしているようなものですから、ある意味良い経験を積めたのではないかなと思います。

また、奨学金を借りて大学に通っているのであれば、なんとなく日々を過ごすのはとてももったいないことですよね。金利は低く設定されていますが、立派な借金です。学生時代に中途半端なことをしてしまうと、就職難によって借金の返済に困窮するのは目に見えています。

実際に奨学金を返すことができずに困っている新社会人を私自身もたくさん見てきました。彼らの親世代もまた、就職氷河期で就職に困り、収入が不安定な世代ですから、親を頼れないという人も多いんですよね・・・

また、ビジネス関連のニュースなどをよく観ている”意識高い系”の学生さんであれば当然知っているでしょうが、昨今はむやみやたらにどんな資産でも価値が高騰している状態です。実体経済とはかけ離れて、コロナの影響が長引けば長引くほど上昇し続けるという不思議な状況が続いています。

この上昇相場に乗っかって、大きな資産を築き上げた人が、もしかしたら周りにもいるかもしれません。しかし、だからと言ってあなた自身も相場に乗っかって儲けられるとは限らないです。もし短期間に大金を稼ぐことができたのであれば、それは才能があったかまぐれか、もしくはその両方かと言ったところです。誰しもが再現できる方法ではありません。今のような時代にこそ、以下の本を読んでもらいたいものです。

少し難易度は高いですが、20歳前後の方であれば、十分に内容を理解できるかと思います。オススメできる一冊となっています。

新社会人の方に覚えていただきたいのは、お金の扱い方を間違えないことと、自分のリスク許容度に合った行動を心がけること。そして、勉強もせずに自分が理解できない儲け話に乗らないこと。この3点です。

まだ私自身も、新成人に説教できるほどの経験を積んでいるわけではありません。まだまだ30代前半の若輩者です。しかし、ちょうど新成人と同じく、20歳の頃から、将来のために行動を起こしてきたという実績があります。

私には将来を予測する才能もなければ、ブームやトレンドに乗っかる才能もそれほどありません。正直それほど裕福な家庭で育ったわけでもないです。そんな”普通”な私でも、30歳で4,000万円の資産を築くことができたのは、どんな時も諦めず、逃げずに、行動を起こし続けてきたからだと自負しています。

正直、今のような過熱感のある段階で株式市場に居続けるのは怖いですが、これからも逃げることなく、暴落も受け入れてコツコツと株を買い増ししていくことでしょう。

成人すれば、今まで以上に厳しい環境に身を投じる人が増えることでしょう。楽しいこともありますが、なかなかストレスがかかることも増えるかと思います。それでも、自らの力と努力で乗り越えていくしか無いと私は考えています。

大人になっても勉強し続ける事を忘れず、特にお金については、よく学び、よく考え、将来につながる使い方をしていくことを強くオススメしたいと思います。

年上の投資家さんから私がよく言われる言葉は「自分も20歳の頃から投資を始めていれば良かったな」というものです。

今現在、20歳の人には『20歳から投資を始めるチャンス』があります。これは、30代・40代の投資家がいくら大金を積んでも手に入れることができない、素晴らしいチャンスです。

そのチャンスを、どうか、上手く活かしていただければなと私はそう考えております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました