【悲報】2020年の投信、流入トップの「未来の世界ESG」に未来はあるのか。

投資の考え方
スポンサーリンク

日経新聞の報道によると、国内公募の追加型株式投資信託(上場投資信託=ETF、ラップ・SMA専用を除く)を対象に2020年の資金流入額を12月25日時点でランキングしたところ、上位には米国を中心とした先進国の株式で運用するファンドが並んだとのことだ。

20年の投信、資金流入首位は「未来の世界ESG」
国内公募の追加型株式投資信託(上場投資信託=ETF、ラップ・SMA専用を除く)を対象に2020年の資金流入額を12月25日時点でランキングしたところ、上位には米国を中心とした先進国の株式で運用するファンドが並んだ。10本中8本が海外株式型だった。20年中に設定された新しいファンドも目立った。設定から解約を差し引いた資金...

そして設定から解約を差し引いた資金流入超過額(推計値)が最も大きかったのは、2020年7月に設定されたばかりの刀身である、アセットマネジメントOneの『グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)』通称、未来の世界(ESG)という投資信託だったということです。

昨今、機関投資家を中心に『ESG投資』というテーマが盛り上がりを見せており、個人投資家もそれに基づいた投資に力を入れている人が増えました。

こうした時代を反映させたテーマ株投信は人気になりがちという事が往々にしてあります。これは何十年も前から投資ブームが起こるたびに発生しており、投資ブームを牽引するテーマ株に投資するアクティブファンドは人気になりがちというのはあるあるですよね。

私もよく存じ上げなかったので、未来の世界ESGについて改めてよく調べてみました。すると、衝撃の事実が明らかとなったのです。

純資産総額は4日時点で、8,841.50 億円とかなりの規模になっています。私がしきりにオススメしている『SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』の純資産総額が1,026億円であることから、設定からまだ半年ほどで、純資産総額の規模で言うと8倍ほどの巨大ファンドという事がわかります。

資産がそれだけ流入しているということは、それだけ投資家が儲かる素晴らしい商品なのかな・・・?と期待を込めて見てみましたが、その実は『未来の世界』などとても見えそうもない、あまりオススメできないようなファンドでした。

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)

その理由としては、アクティブファンドにありがちな、ぼったくりとも言えるほどの高額な手数料。販売手数料は最大3.3%と非常に高く、信託報酬は年間1.848%解約時には信託財産留保額として0.3%の手数料が取られるという仕様だそうです。

ざっくりとまとめただけで、売買にかかる手数料は往復で3.6%かかり、保有し続けた場合も信託報酬が1.848%という超高額な手数料が取られるみたいです。

定期的にコツコツ買い付けをしようものなら、その度に3.3%の手数料が取られ、信託報酬に1.848%が取られるこの投資信託は、ざっとみても年間で5%程度の手数料が取られてしまう計算です。

設定来のおよそ半年間で、+14.67%というパフォーマンスを見せていますが、これは当ファンドが設定された昨年7月20日から現在までのS&P500指数のパフォーマンス+15.51%に劣っているというのが現実です。

しかも、『グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)』は販売手数料と信託報酬で、設定来の実質のパフォーマンスは+10%を下回っている可能性が高く、よっぽどESGに関心が深い投資家でない限り、未来の世界(ESG)への投資はオススメできないというのが本音でしょう。

また、どうしても『未来の世界』シリーズの投資信託へ投資がしたいのだ!というマニアックな投資家の方がいらっしゃるのであれば、楽天証券などで取り扱っている、『グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)』通称、『未来の世界』へ投資すれば良いのではないでしょうか。

この投資信託も、信託報酬を含む管理費用が1.87%と、決してオススメできるような代物ではありませんが、楽天証券の場合は買付手数料が無料ですので、少なくとも高額すぎる販売手数料3.3%を支払わなくて済むだけでもありがたい商品です。

また、同じ未来の世界シリーズでもESGが付いていないから、ESG投資にならないのではないかという声もあるでしょうが、その点は心配ありません。『未来の世界ESG』と『未来の世界』を構成する上位銘柄は、順位や割合こそ違えど、ほとんど同じ内容である事がわかります、

未来の世界ESG 組入上位10名柄
未来の世界 組入上位10名柄

どうしても、未来の世界シリーズへ投資したいのであれば止めませんが、当ブログとしては、とてもじゃないですがオススメできる商品とは言えません。

それどころか、資金流入超過額のトップに立った投資信託が、米国の超大型銘柄ばかりを集めたインデックス指数にアンダーパフォームしているという事実を、もっと多くの国民に知ってもらい、どれだけ馬鹿げた商品に大切な資金を預け、無意味な高額の手数料を支払っているのかということを理解していただきたいところです。

未来の世界シリーズに投資をしていても、長期的にはプラスパフォーマンスになるかもしれませんが、インデックスを下回る程度のパフォーマンスしか出せないだろうなというのが正直なところです。

未来の世界シリーズに、ご自身の未来の世界を託すのは、今のところ止めておいた方が無難だと言えるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました