【悲報】中国のGDPが前年同月比6.8%減の衝撃!アフターコロナの世界では中国の影響力が低下するか。

投資の考え方
スポンサーリンク

中国国家統計局が17日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6・8%減だったとのことです。

中国GDP、前年同期比6.8%減 初のマイナス成長 新型コロナ影響 - 毎日新聞
 中国国家統計局が17日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6・8%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大で経済が長期停滞し、四半期ベースで比較可能な1992年以降で初めてマイナス成長に転落した。これまでの最低は19年10~12月期の6・0%増

この数字がどれだけ衝撃的かというと、四半期ベースで比較可能な1992年以降で初めてマイナス成長に転落したということらしいです。30年近くもの間、本当にマイナス成長がなかったのだとしたら凄まじいことですよね。これまでの最低は19年10~12月期の6・0%増だったというのも驚きです。中国共産党による国家のワンマン経営がそれだけ上手くいっていたという証拠ですね。

中国共産党は15億人とも言われている世界一の人口を誇る国ですが、そんな15億人を指導・監督しているのがわずか数名からなる中国共産党の常務委員会が担っているわけですから、そりゃあいずれは国家の運営に歪みが生じてもおかしくないだろうなと言えるでしょう。

そんなワンマン経営が上手く回っていたのもひとえに中国経済が『共産党の指導』のもとで確実に大幅な成長を遂げていたからです。特に中国がその強さを発揮したのはリーマンショックの時期でした。

リーマンショックで世界経済がズタボロになっている最中、中国はそれでもなお発展途上で凄まじい勢いで成長していたため、世界経済がリーマンショックの最悪期を短期間で抜け出せたのは、発展途上だった中国のおかげだという専門家もいるほどです。

それから十余年経ち、中国経済は明らかな成長を遂げ、米国に追いつけ追い越せというムードでしたが、ここにきてやはりGDPがマイナスになったというわけです。

「1~3月期は異常だ。新型コロナウイルスによって我が国経済は前例のない試練に直面している」と中国共産党が言っているように、新型コロナウィルスによる経済的ダメージは最初に想定していたよりもはるかに深いダメージがあり、実際の影響がこれから明らかになるということもあるので投資家たちも慎重にならざるを得ないところはあります。私もVOOの買い付けはしたものの、個別株への全く投資ができていません。

それにしても中国でもこれくらいの影響が公表されるということはどれほど深刻なのかということがひしひしと伝わってきます。基本的に中国が公表している数字は自分たちに都合のいいように書き換えているという認識を持っているので、それでもなおGDPがマイナス成長という発表をするなんて、中国らしからぬ対応ですね。

さて、そんな中国ですが、今までの好調な成長の裏には、中国の『世界の工場』というスタンスが功を奏していたと言えるでしょう。実際ほとんどの製造業は中国に拠点がないということはあり得ないのではないでしょうか。

ですが、今回の新型コロナウィルスの影響でそのラインも完全にストップしてしまい、世界中が中国に便りきるリスクというものに直面しています。

今回初めてGDPがマイナスになったことで、中国の国民の中にも共産党への不信感を募らせる人はいるんじゃないかな?表立って批判したりすることは許されていませんけどね。

それえばかりか世界中からも中国に頼りっぱなしなのは危険だし、そもそも中国は信用できない国であるという事実が今回のコロナウィルスに対する中国の対応をもとに広まってきているように思います。

私も本当に中国は信用できないと考えており、以前も中国のスタンスが胸糞悪いなと思って記事にまとめたことがあります。

【胸糞】中国が割安になった欧州株を爆買いしていると言う事実。やはり中国のやり方には賛同できないと思う理由。
先日、中国が欧州株を爆買いしていると言うニュースを目にしました。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)により大きな打撃を受けている欧州各国で、現地企業の買収に乗り出したと言います。まあ、M&A自体は違法...

今回の新型コロナウィルスの終息後には、明らかに今までよりも中国の影響力は弱まることだろうと考えています。それどころか、GDPのマイナスを材料に、米国にコロナウィルスによる責任をなすりつけて逃げ切ろうとするだろうと思います。中国共産党は本当に信用ならないですからね。

私はアフターコロナの世界では脱・中国の動きが進むだろうと考えられます。そうなるとやはり中国株にとっても試練が訪れるあろうと思います。

そもそもやはり中得株には投資したいなと思えません。それは前述の通り『信用できないから』と言えます。

あなたがもし自分のなけなしのお金を投資するのであれば、まず大前提として信用に足る企業かどうかとフィルタはかけておいた方が良いでしょう。信用できない企業にお金を投資するメリットなんて何もないですからね。

信用できない企業に投資をすると、例えば不正会計に巻き込まれて資産が激減するなんていうことに巻き込まれることがあり得ます。

直近でインパクトがあったのは、元『スタバのライバル』ことラッキンコーヒー(LK)で判明した大規模な売上の水増しが大問題となりましたよね。

【悲報】ラッキンコーヒー(LK)、投資家にアンラッキーをお届けする。不正会計で前日比80%超下落の衝撃。
私Yukiは、かなりの甘党で、コーヒーが少し苦手です。コーヒーを飲まなければならないような打ち合わせなどでもスティックシュガー数本にミルクを大量に入れないと飲めないレベルで苦手なのです。そんな私でも、ごくごくたまーに、年に1度くら...

あれ・・・?そう言えば・・・ラッキンコーヒーもどこかの国の企業だったような・・・?

信用出来る国の、信用出来る企業に投資をするのがいかに重要な要素かということがお分かりになるかと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました