【悲報】ドコモショップ店員「助けて!ahamo相談でショップに来る人が止まらないの・・・!」携帯料金が高止まりしていた原因が判明。

社会・政治
スポンサーリンク

先週、ドコモから発表された破格の新プラン「ahamo」が大きな話題となりました。

【朗報】ドコモの新プラン、一考の価値あるかも・・・
NTTドコモは2021年3月から、Web手続きに特化した中容量(20GB)の新プラン「ahamo(アハモ)」の提供を開始する。月額2,980円(税別)で5分以内の国内通話定額(対象外番号あり)も利用できると言うことだ。来年...

Web手続きに特化した20GBの新プランで月額2,980円(税別)で5分以内の国内通話定額(対象外番号あり)も利用できるということで、現状のMVNOと比較してもかなり格安だということがわかります。

正直、月20GBの容量があるなら、スマホのデザリング機能を活用すれば、ネット環境も含めて月2,980円で完結できてしまいそうな気がします。ハッキリ言ってめちゃくちゃお得だと感じております。

代わりのデメリットとして、ドコモショップやドコモインフォメーションセンター(電話窓口)を利用できずキャリアメールも利用できないというのがあり、携帯料金を劇的に引き下げる代わりに、お金がかかっていた販管費、具体的にはショップ店員の人件費やキャリアメールの管理費などを削減する目的でahamoが誕生したのだろうと思います。

しかし、先週末には想定通りといいますか、早速全国のドコモショップにahamoに関する問い合わせが殺到したそうです。

ドコモは、ハッキリとドコモショップやドコモインフォメーションセンター(電話窓口)を利用できないと明言しているのですが、しょうもないワイドショーなどで取り上げられて視聴者の耳に入った頃には、その大事な部分が抜け落ちているようです。

ワイドショーなどは見ないので知りませんが、さすがに番組内で説明しているはずなので、視聴者側の都合の良い耳が、ショップ対応不可であるところだけ聞き逃しているのでしょうね。

普通に考えればわかることだと思いますが、ahamoがこれほどまでに安いプランを提供できるのは、前述の通り人件費や管理費がかからないからなのだと思います。しかし、サービスを受ける側は、「とは言え、聞きに行けばなんとかなるだろう」と考えてしまっているのだからタチが悪いです。特にこういう時にショップに行く人たちって、自分の非を認めないクレーマーとか、対応不可だと言っても一向に帰らないヒマなご老人とか、めんどくさい層が多いですからね。

しかも、今の段階で動き出している人たちはまだ、新しい情報をキャッチできる層なので、今後もっと時間が経って、ahamoの稼働が開始となる2021年3月の前後となれば、ドコモショップへの問い合わせは今の比ではなくなるくらい増えるでしょう。

そもそも、契約の切り替えをネットで完結するから安いというカラクリですから、ネットで完結できないのであれば、ahamoに切り替えるのは辞めておいた方が良さそうです。これからもドコモショップに赴いて、じっくりと顔を合わせて相談したいというのであれば、割高な携帯料金を支払ってショップ店員さんの人件費をお支払いください。

最近の日本人に対して思うのは、対してお金を払わないくせにレベルの高いサービスを求め過ぎじゃないのかなと言うことです。特に高齢者は「やってもらって当たり前」と言わんばかりの態度ですよね。何様なんだろうと思います。

話が少し逸れるのですが、関西圏ではお店などで会計の際に、お客さんが店員さんに対して「ありがとう」と言う文化があります。これを文化と言うのも悲しい話ですが、例えば大阪で働いていた時の上司は、ネチネチ言ってくるし、ハラスメント発言もあるような嫌な面もある人でしたが、一緒にランチとかに行くと、会計時に「ごちそうさん。ありがとう」とちゃんと言える人でした。なので、憎めないところもありました。

当たり前と言えば当たり前のことです。こちらが客として料金を払っているとしても、店員さんが料理を作ってくれたのですから、それに対して感謝の気持ちを述べるのは人間関係の基本だと思います。

でも中には、客の方が立場が上だと勘違いしているバカがいるようで、事前の説明を聞かず、書いてある文章を読まず、ルール無視で過剰なサービスの提供を求めてくる輩が後を断ちません。そう言う輩の対応に無駄な時間を浪費してしまうからこそ、ショップ店員さんの人件費が無駄に浪費され、携帯料金の高止まりの原因となっていたのだと思います。

店員さんが「ahamoはネット限定のプランで、ドコモショップでのサポートは行っておりません」と言っても、「ネットでどうやって契約するの?」とか言ってネットでの操作方法を聞いてきたり、「このショップはどういう教育をしてるんだ!」と言って逆ギレするような層の人たちによって、携帯料金の引き下げは困難を極めていたのです。

こう言う情弱クレーマーには、今まで通り高額料金を負担していただいて、自分で契約を完結できる人たちが『ahamo』を活用すれば良いんだと思います。

日本人は、支払った料金に見合わない過剰なサービスを求め過ぎです。アジア圏に旅行にでも行けば、日本のサポート体制がいかに優れているかと言うのが理解できるかと思います。(それでも日本人がよく旅行に行くようなところは結構サポートが整っていますが)

とは言え、ドコモの顧客ですから、ショップ店員からするとなかなか無碍にもできないんですよね。かわいそうだなって思います。ahamoのニュースを聞いて、ドコモショップやサポートセンターに問い合わせをしようとした方は、どうぞ今まで通りの料金プランをご利用ください。と私は思いました。どんなことであれ、自分で調べるクセをつけておくことが重要ではないかと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました