【正論】お金が嫌いだとお金持ちになれない。あなたはお金が好きですか?

投資の考え方
スポンサーリンク

当ブログでは、投資や時事ネタを通して、改めて自分のお金について考え、より多くの人が資産運用の大切さに気づいて実行してくれることを目的として運営しております。ですので、当ブログを読んでくださっている読者の中には「お金が嫌い」なんていう人はほとんどいないのではないかと勝手に想像しております。

もし、お金が嫌いだったり、お金について興味がなければ、当ブログのようなページを検索することもなければ偶然にもたどり着くことはないでしょうから、私の想像はおそらく外れてはいないはずでしょう。

そんなお金が大好きな皆様に楽しんでいただけるよう、今回もお金について、お金持ちになるためのコラムを一つ見つけましたので、紹介したいと思います。

お金が嫌いだとお金持ちになれない? 金持ちになるための4つの心得 | TRILL【トリル】
突然ですが、あなたはお金好きですか?嫌いですか?「お金が嫌いな人なんていないでしょ!」と、多くの方が思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?実はほとんどの人は、お金が嫌いなのです。それでは、あなたがどれだけお金…

お金持ちになりたいと考えるのであれば、お金が好きであるというのは大前提。逆に言えば、お金が嫌いだとお金持ちにはなれません。

これは至極当然で、自分が好きなモノは身につくのが早いですが、嫌いなものは習得するのに時間がかかります。お金が好きであればあるほど、お金が離れていかないようになるというのも一理あるのではないでしょうか。

とは言え、お金が好きですか?と聞かれて、「お金が嫌いな人なんていないでしょ!」と、多くの方が思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?実はほとんどの人は、お金が嫌いなのです。

12月になれば、冬のボーナスが振り込まれるという人も多いのではないでしょうか。今年はコロナの影響でボーナスなんてねーよ!という人も、そうカリカリせずに聞いてください。

もし今回、ボーナスが振り込まれたとしたら、あなたは何にそのボーナスを使う予定ですか?あるいは、前回受け取ったボーナスは何に使いましたか?

普段買わないような豪華な服や豪勢な食事にお金を使いますか?ずっと欲しかった高級腕時計を奮発して買いましょうか?

ですが、そうしたモノにお金を浪費してしまうということは、それだけ『お金を嫌っている』ということになるのです。だってそうでしょう?本当に好きなら手元の残しておきたいと思うのが普通じゃないでしょうか?

もらったお金をすぐに使ってしまうということは、お金を嫌っているということですから、すぐに使ってしまう人の手元にはお金が残らないのだろうと思います。

では、お金持ちはなぜお金が手元に残っているのでしょうか?お金持ちがお金持ちであり続ける理由は、まずは手元にお金を残しておくことが前提としてあり、その上でお金を上手く運用しているからなのです。

余剰資金を用意し、その資金をもとに株を買ったり不動産や現物資産を買ったりすることで、徐々に元金が増加していく仕組みになっているのです。

もちろん、それらの金融商品は、買った時よりも価値が下がることもあり、一時的には損を抱えることもありますが、もともと余剰資金を投じているわけですから、焦らず騒がずコツコツと金融資産を買い集めることで、それらの資産から新たにお金を生み出してくれる体制が整ってまいります。

お金を使って金融資産を買い集めることで、お金がお金を呼んでくる状態を作ることができれば、あなたの手元にはどんどんお金が集まってくることでしょう。この行動をいかに長期的に続けることができるかというのはお金が好きか、嫌いかの境界線だと私は思っています。

収入を服や嗜好品、生活費として浪費するのは、お金を経費として使っていることになりますが、お金を金融商品に変えることは、資産であるお金を別の金融資産に変換しているだけですから、実質お金を使っているとは言わない状況なのです。

お金持ちになりたければ、手元にお金を残しておき、別の金融資産に変換するという行動をコツコツと継続することが必要不可欠であり、それさえ守ることができれば、徐々にではありますが、お金持ちになるということは誰でも可能だと私は考えています。

お金持ちになりたいのであれば、大好きなお金を、形を変えて手元に残し続けることをオススメいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました