【教訓】宝くじの高額当選者に配布される冊子の中身とは。大金を持つ者の心構え。

マネー論
スポンサーリンク

現在、1等・前後賞あわせて10億円の年末ジャンボ宝くじが全国で発売中です。この時期になると、色んな場所で宝くじの広告を目にすることが多くなるのではないでしょうか。年末ジャンボ宝くじは、多くの人が夢を見て、そして夢破れていくモノなのだと認識しています。

マネーポストに、この宝くじに関わる興味深い記事を発見しました。

全57ページ 宝くじ高額当せん者に渡される冊子に書かれている「戒め」 | マネーポストWEBマネーポストWEB
 1等・前後賞あわせて10億円の年末ジャンボ宝くじが全国で発売中だ(12月25日まで)。コロナ禍でつらい1年だったからこそ、大きな夢をつかみたいと思う人も多いはず。しかし、高額当せんをしたことで、これ...

私も噂程度で実際に目にしたことはありませんが、宝くじの高額当選者に対してのみ配布される冊子というものが存在しているということです。

宝くじで高額当選を果たして今までの日常を壊してしまう人々を当ブログでも何度か取り上げたことがありますが、1,000万円以上の高額当せん者には、きちんと大金を無駄にしないための様々な心構えが書かれた小冊子が手渡されているのだと言います。

《今のあなたは、以前の自分からは考えられないような行動に出てしまう可能性もあります》

《何かをするのは、気持ちを落ち着けてからでも遅くありません。時間はあなたの味方です》

人間、突然の大金を手にすることで異常な興奮状態に陥ることがあるようで、普段の自分では考えられないような大胆な行動に出たり突発的に大金を使ったりという状態になってしまうようです。

《見ず知らずの人や団体から寄付を求める電話がかかってきたりするということもありえます》

《あなたに知っておいてほしいのは、人間にとって秘密を守るのはむずかしいということです》

《周囲の人々の態度が変わったことで、人間不信になるかもしれません。でも、当せん直後に彼らがさわいだり以前とは違う態度を取ったりするのは、人間として自然な反応だと思ってください》

また、突然の高額当選に戸惑い、周りの人に言ってしまったが最後、噂は瞬く間に広まり、お金に群がるハイエナのように、お金を工面して欲しいという連絡が来たりすることもあるようです。

それによって、人間不信に陥ってしまったり、言われるがままにお金をバラまいて、高額当選を果たす前よりも貧しくなってしまったりするのが宝くじの高額当選者の末路として多いパターンです。

私が思うに、大金を扱うにはそれなりの心構えと、器が必要であり、例えば宝くじ当てて10億円が欲しいな〜と考えてはいても、実際に当選すると戸惑いを隠せずすぐにお金を失ってしまうのは、突然の大金に、自身の器が追いついていない状態なのだと考えています。

どれだけ大金が目の前にあろうとも、小さい器で掬えるのは、ほんの少しのお金だけですから、大金を扱うための自分自身の心構え、器づくりが必要不可欠なのだと私は思います。

私は現在、4,000万円弱の資産を運用していますが、仮に20歳の時点で、小中学生の時点で、この金額を所有していたらどうだっただろうとたまに考えます。

私が株式投資に興味を示したのは小中学生の頃で、私の人生で最も金銭的に貧しい思いをした時代でした。

貧しいながらもお金を稼ぐこと、将来お金持ちになることを夢見て、受験勉強もそっちのけで株式投資の書籍を読み漁っていたのが15歳前後の頃でした。

もし当時、4,000万円ほどの資産を有していればきっと株式投資には興味を示さなかっただろうなと思います。というか、お金に対するハングリー精神自体がそもそもなかったかもしれません。

4,000万円ほどの金額では、日本で天寿を全うするには不十分な金額であるにもかかわらず、余裕をかまして無駄遣いをし、もしかしたら30歳前後の今くらいにはお金を使い果たして職もないなんてことになっていた可能性も否定できません。

また逆に、20歳の頃に4,000万円を運用していたとすれば、たまに発生する1日で100万円前後の増減を繰り返す相場にうんざりして大きくマイナスになったところで優良株を手放してしまうかもしれません。

大金を扱う器を生成するには、お金に対する勉強と、長い時間を有すると考えています。100万円から始めた株式投資も、10年間市場に居残り続けたことで、やっと総資産4,000万円まで膨らませることができました。

私は勉強と経験によって、今の自分には3、4,000万円の資産を扱うだけの器が生成できたのだと考えています。だから株価がどう動こうとも、楽観も悲観もしすぎることなく淡々とルールに沿って取引することができています。

大金を持つ者の心構えとしては、資産が大きく膨らんだとしても、今まで通りの生活をいかに続けられるかというところにかかっていると思います。少しぐらいは自分のこだわりにお金をかけるのもいいかもしれませんが、何でもかんでも無駄遣いをしたり、よく分からない相手にお金を渡したりというのは推奨できません。

宝くじの高額当選者のように、突然大金が舞い込んだ時には、まだその大金を受け入れるだけの心構えができていないため、お金がみるみる消えていくことになるのだと思います。

そんな悲惨な末路にならないためにも、もし高額当選を果たした方がいらっしゃいましたら、一緒にもらう冊子をきちんと読み込むようにしてください。そして、大半の方々に言えることといえば、そもそも宝くじなんて買うもんじゃないですよ。というテンプレートなアドバイスになってしまいます。

どうしても宝くじを楽しみたいのであれば、あくまで趣味のための出費くらいに考えておくのがベストかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました