【驚愕】『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』異例の早さで純資産残高800億円を突破!!

投資実務
スポンサーリンク

投資とお金についてまとめたメディア、『MONEY zine』によると、 SBIアセットマネジメントが運用する「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」の純資産残高が、今月5日の時点で純資産残高800億円を突破し、2019年9月26日のファンド設定来13か月11日と極めて早いスピードでの達成となったということです。

「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」純資産残高800億円突破
SBIアセットマネジメントが運用する「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」の純資産残高が、2020年11月5日付で800億...

やっぱり「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」はすごい勢いで伸びてるな・・・!と感じましたので、改めて最新版の純資産残高を確認したところ、すでに純資産残高は897億円となっており、わずか2週間でさらに100億円弱の伸びを見せたことがわかりました。

いやー 控えめに言ってすごいですね!S&P500指数の調子が良いため、大きく伸びている面もありますが、徐々に加速度的に純資産額が増加していってるように感じます。

S&P500は、世界を代表する優良巨大企業たちがパッケージ化されている指標です。昨日はテスラ(TSLA)がS&P500に採用されるというニュースで大きな話題となりました。

【朗報】テスラ(TSLA)、ついにS&P500指数に採用か?時間外で株価は10%超の上昇。
CNBCの報道によると、先日見送られた、大手EV自動車メーカー・テスラ(TSLA)のS&P500指数入りが、正式に決定したということです。この報道を受けて、昨日微減で終わったテスラの株価は、PTSで株価が10%以上...

テスラもすでにかなりの巨大企業になってしまっているので、全体に与える影響は甚大で、どのようにテスラがS&P500に組み込まれるのか、非常に楽しみではあります。S&P500指数は常に優良企業を組み込んで、これからも少しずつですが、着実に成長を続けるだろうと考えています。

S&P500指数は、この記事を書いている段階では前日比で少しマイナスとなっていますが、依然として最高値近辺をキープしています。

素直にS&P500指数に投資をし続けてきた投資家たちは、おそらくほとんどの方が、含み益状態ではないだろうかと推測されます。だって最高値近辺なんですからね。

米国の大統領が誰になろうが、コロナワクチンができようが、米国経済の成長を止めるものはどこにもありません。これから先も米国株は成長し続け、S&P500指数は最高値を更新していくことでしょう。

市場が混乱をきたし、株価が低迷しているタイミングであっても、個人投資家は決して優良な投資信託を手放すことがなかったため、純資産額も素直に増加したのだろうと予測されます。最近の個人投資家は株価が下がっても動じずにコツコツと投資に励むことができる人が増えてきたように感じます。もしかしたら私がそういった人たちとしか付き合っていないからかもしれませんけどね。

しかし、「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」のような優良投資信託には、バイ&ホールドというシンプルな戦略が一番効果的だということがわかるグッドニュースですね。純資産額が増加しているということは、指数も成長しているし、その成長にあやかろうと、個人投資家も集まってきている何よりの証拠です。

市場全体がマイナスになる時は、当然S&P500指数も大きく下落しますが、それでも問題なく株価は回復し、最高値を更新するのです。

S&P500指数を始めとする米国株市場に連動するETFや投資信託だけは、売り時というのは難しく、基本的には買い増しし続けることが正解だと考えています。米国株市場が大きく調整することもたまにはありますが、そういう時は基本的に世界中が株安で調整を迎えている時です。

どこまで調整するかわからないからこそ、タイミング投資をするのではなく、毎月少しずつ買い増しするように設定をしておけば、かなり高い確率で、知らない間に資産が積み重なっていくという経験をすることができるでしょう。

「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」は、S&P500指数に連動するインデックス ファンドの中では、最も信託報酬が安いという、非常に素晴らしい商品です。

それでいて投資信託ですから、自動的に積立投資をすることも可能です。日々の株価に一喜一憂してしまう人ほど、こういった投資システム作りが重要だと言えるのかもしれません。

また、投資先を何にするかというのも非常にシビアで、米国の主要株価指数に連動するインデックス投資はこれからも非常に魅力的な商品であり続けることは間違いないだろうと思います。

これからも幾度も株価の上昇と調整を繰り返していくことになるでしょうが、成長可能性が高く、投資にかかる経費も最低限に抑えることができる『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』への投資は、個人投資家にとって、最終的な究極の投資法と言っても過言ではないと言えるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました