【悲報】生活保護受給者「14万5千円で1ヶ月生活できますか?」余計な出費が見つかってしまう・・・

家計見直し
スポンサーリンク

とある生活保護受給者の悲鳴がネット上で話題になっている。

生活保護受給者「あなたは14万5千円で1ヶ月生活できますか?」と魂の訴え | mediajock
とある生活保護受給者の悲鳴が話題になっている、月14.5万円で生活できる人はどれだけいるだろうか? ◆食費は週500円!ほぼ食パンのみで生活<高田美貴さん(仮名・42歳)年収174万円>昨年末に体調不良で仕事をやめて以来、月14万5000円の生活保護で生計を立てている高田美貴さん(仮名・42歳)。当然、あらゆる面で切り...

◆食費は週500円!ほぼ食パンのみで生活
<高田美貴さん(仮名・42歳)年収174万円>

昨年末に体調不良で仕事をやめて以来、月14万5000円の生活保護で生計を立てている高田美貴さん(仮名・42歳)。
当然、あらゆる面で切り詰めた生活を余儀なくされているが、なかでも目を引くのが食費の低さ。なんと週500円以内に収めているという。何を食べて生きているのか!?

「主食は食パンです。20時以降にスーパーに行けば、消費期限が迫った10枚切りの食パンが100円以下で買えるので、それを1食につき2枚食べています。
飽きないかですって? 1枚にはマヨネーズ、もう1枚にはピーナツバターを塗ると全然飽きずに食べ続けられるんですよね~」

ちなみに食事は一日2食。パンの枚数が少なくなる頃にはとうに消費期限は過ぎているが、「お腹を壊したことはないので多分大丈夫です!」とのこと。
食パン以外に「月に1~2度、特売で3割引きになったときだけ買う」というシリアルと豆乳で最低限の栄養を補うよう意識しているという。

「今のところ体調はバッチリですね。肉や魚を食べたいという気持ちはなくなりました。
今はいかに食費を抑えるかが楽しいですね。まぁ、ガスが止められているのでそもそも加熱調理はできないんですけどね(笑)」

ガスが止められているため、シャワーも当然水のみ。髪も自分で切るようになった
【1か月の家計簿】
家賃 4万2000円
水道光熱費(※生活保護のため水道代0円)4000円
食費 2500円
通信費 1万1500円
飼い猫の治療費 約3万円
日用品その他 2万5000円

今の時代、手取り14.5万円という話も珍しくなく、単身ならもっと少ない金額で働きながら生活することを余儀なくされている人もいます。体調不良のため、働くことができず、生活保護を受けざるを得ない状況であることには同情せざるを得ないですが、それにしても彼女の家計簿を見ていると、ツッコミどころが満載である。

通信費が1万1,500円と高めなのは、おそらくキャリア携帯を利用しているからだと思います。政府が主導して、携帯会社各社の通信費を引き下げようと躍起になっていますが、結局はMVNO各社とそれほど変わらない水準で落ち着くだろうことが予想されますので、通信費が毎月1万円を超えるような生活をしているのであれば、早急にMVNOへ切り替えることで通信費だけで毎月7〜8千円は節約できるだろうと思います。

また、飼い猫の治療費が毎月3万円かかっているということだが、収入が14.5万円なら、残念ながらハッキリと言ってペットを飼うのは諦めた方が良さそうです。もちろん、飼い始めたペットを捨ててはいけませんから、新しい飼い主を探してみるか、動物愛護団体のボランティアなどに相談してみて、愛する猫ちゃんが幸せな生活を送れるようにしてあげて欲しいと思います。

また、日用品その他には、猫ちゃんの食費なども含まれているでしょうから、仕方なく手放してしまった場合、それだけで数千円〜の費用削減にはなるでしょう。

ペットを飼いたい気持ちはわかります。一人暮らしですし、ペットでも飼わないと寂しい気持ちもあるのでしょう。しかし、生活保護を受けている以上、なかなかペットを飼い続けるのは困難だと思われます。ご自身の食費を削ってまで飼い猫に治療費を出したりしているあたり、大変可愛がられていたのでしょう。

ですが、それもやはり飼い主自身の健康が優先されるべきですし、人によっては生活保護を受けながらペットを飼うことに対して苦言を呈する人もいるかもしれません。

おそらく彼女の家計の場合、猫ちゃんの新しい飼い主を探して引き取ってもらうだけで、生活費に4万円ほどの余裕が生まれると思います。

それだけあればガス代を支払ってお湯の出る生活を送ることもできますし、食事ももう少し身体に良い物を選ぶことができるでしょう。そもそも体調を崩して働けない状態なのですから、人一倍食事には気を遣うべきだと思います。

また、生活保護の受給者でも、

・自立のための資金目的

・子供の大学進学や学費目的

・必要経費的目的

と言った、目的があれば、貯金をすることも可能です。もちろん上限もあるのでしょうが、あと4万円、自由に使えるお金があれば、自立するために貯金をすることももしかしたら可能かもしれません。

無理せずゆっくりでもいいので、将来への備えという意味でも家計を見直して貯金体質を整えていくことが大切なのではないでしょうか。

結論、家賃が4万2,000円で済んでいるのであれば、毎月14.5万円の手取り収入でも、単身なら十分暮らしていける上に、少しだけ貯金することも可能なラインなのではないかと私は思います。そして、ご本人が言うように「体調はバッチリ」なら、生活保護ではなくご自身でお金を稼ぐ生活に戻られることを検討していただけると幸いです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました