【驚愕】アリババ(BABA)、『独身の日』で取扱高7兆円を達成する!

投資の考え方
スポンサーリンク

中国で年間最大のネット通販セール「独身の日」が12日深夜0時(日本時間午前1時)に終了した。中国のネット通販最大手のアリババ集団のセール期間中の取扱高は4,982億元(約7兆7,000億円)を記録した。今年はセールの対象期間を例年よりも延ばしており、2019年の2,684億元を大きく上回ったということです。

中国「独身の日」セール終了 アリババ、7兆円超え
【杭州=松田直樹】中国で年間最大のネット通販セール「独身の日」が12日深夜0時(日本時間午前1時)に終了した。最大手のアリババ集団のセール期間中の取扱高は4982億元(約7兆7000億円)を記録した

例年は11月11日の1日だけのセールだったが、今年は11月1日から11日までの期間でセールを行っており、結果的に大きく記録を伸ばすことになったと言います。

中国は、コロナウイルス発祥の国でありながら、早々にコロナが終息したことを発表しておりましたが、諸外国では外国人の受け入れ体制が依然として整っていないことから、海外旅行に出られない消費者が日本や欧米などの輸入品をまとめ買いする傾向が強かったということです。日本商品は例年と同じく化粧品や食料品のほか、新型コロナウイルスの影響で健康志向の消費者が増えており医薬品などの売り上げも伸びたようです。

そんなアリババですが、株価の方は思わしくなく、先月下旬につけた株価から現在20%弱の割引セールとなっています。

先日、アリババ傘下のアント・グループがIPOを延期したことが記憶に新しいですが、中国当局による見せしめのような意味合いが大きかったのかなと感じています。

【恐怖】アリババ(BABA)傘下のアントがIPOを延期へ。チャイナリスクは恐ろしい・・・
昨日、上海取引証券所と香港取引証券所は11月3日夜、中国最大の電子決済サービス「アリペイ(支付宝)」の運営会社で、アリババ系列のフィンテック企業「アント・グループ(螞蟻集団)」の上場を一時停止することを決定しました。上海証...

政治的な要因で株価が下落しており、しかも業績はおそらく良さそうだとなれば、何がなんでも買いに行きたい!と感じるものですが、チャイナリスクそのものが、いつ暴発するか判らないので、もう少し様子を見てみようかなと思います。

ただ、資金を少し香港ドルに移し替えたので、いつでも香港市場で買付する準備ができました。アリババの『独身の日』セールは終わりましたが、アリババ株の割引セールはまだもう少し続くかもしれません。しかし、こういうタイミングに少しずつ買付をすることが、資産形成に繋がっていくんじゃないかなと感じています。

中国の成長を止めることは結局誰もできないと思います。トランプ大統領が再任していたとしても、成長を緩やかにすることができるという程度だったかなという程度です。中国共産党もアリババに圧力をかけたとはいえ、潰してしまうことはないでしょう。それほど共産党とアリババはズブズブの関係だと考えています。

中国株は政治の影響を受けやすいぶん、他の市場にも増して、気まぐれなところがありますが、アリババやテンセントなどの中国株の中でも大型株であれば、おそらく共産党による独裁が続く限りは成長性が見込めるのではないかと思います。

良いタイミングでまた、アリババ株を買付したいと思います。アリババ株はもしかしたらまだしばらくは割引セールが続くかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました