【悲報】日経225に採用されている大企業の経理に転職した結果・・・

社会・政治
スポンサーリンク

エクセル手作業で資料作っててクソわろた

http://inazumanews2.com/archives/55178843.html

AIで何でも雑務はこなしてくれるんとちゃうんか

2020年も終わろうとしとるのに、 

日々の仕訳やら、報告書やらポチポチエクセルとか… 

この辺の仕事の進化2000年で止まってるやろ

この仕事がAIに仕事奪われる未来が1ミリも想像でけへん

三年前くらいの雑誌では、AIに仕事奪われる職って会計士やら経理マンやら 

言われとったのに、まっっったく大企業ですら中小と同じ仕事の仕方

システムで複雑にやった仕事の結果をエクセルで正しいことを証明する仕事やで 

アホすぎてやってられんわ

21世紀も始まってはや20年が経過し、スマホの登場や、AI化の進歩など2000年と比較しても人類の大きな進歩を感じることがあります。街中で歩きながら誰かと話している様な人を見ると、一昔前の人なら頭がおかしい人だと感じることもあるだろうと思います。

しかし、そんな未来が既に到来しているというのに、日本人の働き方というのは、少なくとも事務作業にパソコンが導入された頃からあまり大きく進歩していないように感じます。

数年前から、AI化によって、経理業務は全てAIに取って変わられると言われ続けています。しかし、今のところそんな素振りは全くありません。

一応、東証一部上場のIT企業で経理をしていますが、今でも決算資料の作成に手作りのエクセルを利用しますし、何度システムを導入したいと掛け合っても、上にいるおじさんたちが、今のエクセルで慣れてしまっているために、変化を求めないのです。

現在、やっとRPAシステムを導入し、日常的な経理業務の自動化を進めるようにはしていますが、それでもまだAIがそれほど進出してきてるとは感じません。正直、AIにはさっさと我々の仕事を奪って欲しいとすら思っています。

一応大手企業でもそんな状態なのですから、中小企業ではどうなんでしょうね。もっとAI化に時間がかかるのかもしれません。むしろ、生まれたばかりの企業の方がAI化や便利なシステム導入に積極的に動くかもしれないですけどね。

まだまだ、今の企業の中枢にいるのは、変化を良しとしない中年おじさんばかりなので、まだまだ大きく進歩することはないだろうと思います。働き方がかなり改善されたとは言え、いまだに長い時間働いて、作業することで良いものが出来ると考えている人たちが上にいる限り、AI化が進むことはないのだろうと思います。

しかもそんな中年おじさんが見やすいように資料を作ることに苦心しなければならないのですから、非常に効率が悪い働き方だと思います。

私が40代にはセミリタイアしたいなと考えているのは、こうした効率の悪いことに自分の時間を割くのが本当にもったいないと感じているからです。築いた資産から配当金を受け取ったり、自分で好きな仕事をしてお金を稼いだりしながら生活するのがやはり理想です。

また、今はまだAIに仕事を奪われていない経理職ですが、私が40代半ば、つまり後15年ほど後には、もしかしたらAIがもっと現場に浸食して、経理という仕事が減少しているかもしれないということも懸念しているため、早めに仕事に縛られない生活をしたいと感じています。

変化を嫌うおじさんが上にいる限り、まだまだ変化することがないだろう日本の働き方ですが、おかげでエクセルのシステムを提供しているマイクロソフト(MSFT)などは投資先としてやはり魅力的ですね。

エクセルおじさんのおかげでマイクロソフトへの投資が捗ると思えば、今日も我慢してエクセル資料を作ることができますね。これからもエクセルが消えずに残り続けてくれることを祈るばかりです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました