【朗報】管理人Yuki、ついに楽天証券の投資信託保有額が50万円を超える!

投資実務
スポンサーリンク

今年の2月より、毎月5万円を『 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』と『楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天VTI)』の2つの投資信託に均等に2万5千円ずつ自動積立投資をするという手法を継続しています。

楽天カードを利用しての積立投資は『毎月1日』しか選択できませんが、実際に買付完了の連絡が来るのは大体4日か5日くらいになります。私の所にも昨日買い付け完了メールが届きました。

普段はメールを気にしないのですが、たまたま目に入ったので資産額を確認した所、ついに楽天証券での積立投資額が50万円を超えていたことが分かりました。

2月に楽天カードによる積立投資を設定し、実際に買い付けを始めたのは3月からとなります。3月から11月の9ヶ月ですので、実際に投じた資金は45万円。それに加えて付与された通常の楽天ポイントは全て投資信託の買付に回したおかげで順調に資産が増加しました。本日時点ではありますが、9ヶ月間の投資で約1ヶ月分の積立投資分に相当する程度の含み益を得ることができたため、投資信託の金額が50万円を超えることになりました。

2月から積立投資を活用すると決めてから、すぐにコロナによる大暴落が始まり、3月の初めに買い付けた投資信託は早速10%以上の含み損を抱えるタイミングもありました。しかし、それでも当然積立投資を止めようなどとは考えず、むしろ買い増ししようかなと考えたほどです。

楽天カードでの投資信託の買付で付与される楽天ポイントが上限500ポイント(毎月5万円の買い付けまで)なので、増減させることはしませんでしたが、下がっている時も上がっている時も気にせずにコツコツ積立投資をしていくのが結果的に資産を増やしていくことに繋がるのかなと考えています。

そして、私が資産額50万円突破を喜んでいるのは、兼ねてから申し上げておりましたが、投資信託の残高が50万円を超えたあたりから、楽天ポイントが毎月付与されるというメリットが発生するからなのです。

月初時点と、月末時点の2つのタイミングで投資信託の保有残高が50万円を超えている必要がありますが、その条件をクリアすれば毎月楽天ポイントが50ポイント付与されるそうです。これも投資できるポイントなのかな?だとしたら当然ポイント再投資をすることになりますから、毎月の投資信託の買付と合わせると550ポイント分の再投資可能な楽天ポイントが付与される計算になります。残高がちょうど50万円ならポイント還元率は1.1%になります。

少しでも再投資できる原資が欲しいですから、これは素直にありがたいですね。最近はほとんど全ての決済を楽天カードと楽天カードを連動させた電子マネー(QUICPay)を活用しているので、生活費のほとんど全てが楽天ポイントに繋がる計算になります。

まだ50万円と言われれば、少額ではありますが、無理なくコツコツ積立投資という理想の形で少しずつ資産が増えているのは大きなメリットだと感じます。これからも無心でコツコツ積立投資をして、徐々に投資信託の存在感を増加させていきたいなと思います。米国はこれからも長期的には成長を遂げる国だろうと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました