【悲報】テレワーク導入企業の3割がテレワークを取りやめてしまう・・・

社会・政治
スポンサーリンク

東京商工会議所の調査によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大を機に広がったテレワークについて、実施していた東京都内企業の約3割が、その後取りやめていたことが分かりました。

テレワーク導入企業の3割が取りやめ 生産性が低下、定着の難しさあらわに:東京新聞 TOKYO Web
新型コロナウイルスの感染拡大を機に広がったテレワークについて、実施していた東京都内企業の約3割が、その後取りやめていたことが、東京商工...

今年9月から10月にかけて調査された同アンケートでは、テレワーク経験のある都内企業788社のうち、約3割にあたる232社が「現在は取りやめている」と回答。テレワーク実施率は前回調査(5~6月)の67%から53%に下落したと言うことです。

取りやめた理由(複数回答可)として最も多かったのが、「業務の生産性が下がる」で46%、次点に「機器やネットワークの整備」で40%となったとのことです。

業務の生産性が下がったのは、テレワークをすることで、今までサボっていた従業員が本格的にサボり始め、生産性に寄与していなかったことが明らかとなってしまったのではないかと予想されます。

コロナの影響で、単純に売上が激減している業界も数多くあるはずですので、何を持って生産性の悪化と捉えているのか分かりませんが、とにかく『直接コミュニケーション取らないと生産性が悪い』と考える中年会社員が多いことはよく分かりました。

私は現在もテレワークを続けておりますが、終了時期は今のところまだ未定となっております。それどころか社内でついに決まった席が無くなり、フリーアドレス化することが決定したので、今まで以上に多様性のある働き方が推進されるのではないだろうかと見受けられます。

彼女との同棲期間も終わり、一人暮らしだとやっぱり少し寂しいなーと感じることもありますが、どんどん冬が近づいている都内の感じを見ると、コロナや、それ以外のウイルスに感染するリスクが高まっているなと感じるので、必要最低限しか出社したくないなと私は思っています。

9月度以降は1ヶ月で2日だけの出社となっており、その期間でも決算を進めることができているわけですから、テレワークでも問題なく業務が回っていることが証明されています。

業務の効率が悪化したと感じるのであれば、それはやはり無駄な人員を雇ってしまっているからかもしれません。特に高給な割に働いてるのか怪しい中年おじさんは、ある程度歴史のある会社では名物化してしまっています。

実際、テレワークが広まって間もない頃、自宅でテレワークと称しながら何もせずに一日中酒を飲んでいたり、普通にサボって外出してるという中年男性のコラムを見かけました。

匿名だからと言って、こういうことを平気で記事にすることを許してしまうあたりに、今の日本人の生産性の低さ、ひいては日本全体の生産能力の低さにつながっているのだと私は思います。

もちろん、称賛すべきところもあると思います。日本では決して実現不可能だろうと思われていたテレワークがコロナの影響で多くの企業で実施され、3割が取りやめたとは言え、7割ほどは継続しているということは特筆すべきことだと言えるでしょう。

コロナの影響で日本の『働き方改革』がおよそ20年分くらいは早まったと言えるのではないでしょうか。まさに怪我の功名です。

しかしそれでも生産性の低さはどうすることもできません。バカで無能な奴ほど、監視されていないと働かずにサボりますからね。そう言った無駄な社員を簡単にリストラできるようになれば、否が応でも生産性は上がるはずなのですが・・・

個人的には、短い時間とは言え通勤時間が無くなったことでかなり生産性が上がったように感じます。以前よりも締切以前に業務を終わらせることができていますし、コミュニケーションが不足しがちだからこそ、改めて業務の線引きをハッキリさせ、その範囲から出る時には上手く連携するように意識し始めたことが大きな要因だと思います。

とは言え、始めから上手くいっていた訳ではなく、徐々にテレワーク期間中の業務の進め方のコツを全員で掴んでいったのですから、始めだけ上手くいかなかったからと言ってすぐに取りやめてしまうのは非常にもったいないです。

日本人は、失敗に厳しい国民性です。サボっている人には何も言わないくせに、一度でも失敗した人のことは親の仇のように叩いてしまう人が多いです。もしかしたら生産性が悪くて取りやめてしまったという企業でも、もっと長期的に続けていれば慣れることで生産性が上がっていたかもしれません。

3割もの企業がせっかく導入したテレワークを諦めてしまったのはとてももったいないことです。今後の社会では、働き方に多様性を認める企業の方が成長可能性が高いと言えるでしょう。

生産性が悪化すると言われているテレワークでも、ずっと続けていれば生産効率は確実に上がるはずです。満員電車での通勤や、仕事して疲れた後の行きたくもない飲み会など、生産性を引き下げてしまう要因は他にあるのです。

私自身も、「無理だ」と言われて続けていた『経理部門のテレワーク』ですが、すでに私もテレワーク中心になってから半年ほどが経ちました。その間に繁忙期も迎えましたが、問題はありませんでした。

結局、誰かが無理だと言ってるからやらないというのは、どの世界でもあまり賢い選択肢だとは言えないのかもしれません。無理だという人たちは、本当に無理な理由はハッキリとわかってませんからね。

残念ながら取りやめてしまった企業も、再びテレワークを一つの働き方だと認め、導入されることを期待しています。企業の規模は問わず、全ての会社に働き方の多様性が広まることが日本の将来の成長性に大きく寄与するのではないだろうかと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました