【考察】何かに依存してしまう人がお金持ちになれない理由。

マネー論
スポンサーリンク

お金とライフスタイルについてのコラムが多く記載されている『エキサイトニュース』にまたしても面白いコラムが掲載されていました。

「浪費」が減るたった1つの方法 (2020年11月4日) - エキサイトニュース
「もの依存」「セミナー依存」の人がお金持ちになれない理由とは「どんな人生を送りたいですか?」そう問われたら、あなたならどう答えるでしょうか。もしも考え込んでしまうなら、マネープランをもう一度組み直した...

「モノやセミナーなどに依存している人はお金持ちになれない」と書かれていた元記事では、何かに依存してしまう人がお金持ちになれない理由が述べられていました。

そもそも、何かに依存するということは、自己肯定感が低い人であり、自分の力だけで何かを成し遂げることができると信じることができないため、他の何かに依存してしまうのです。

例えば先日、「今度お金貯まったら、腹筋の新しい機械を買って運動しようと思うんです」とおっしゃる方がいたんですね。

僕が「運動なら道具がなくてもできますよ?」と言うと、そんな努力はできない、自分には無理だと首を振る。

ダイエットをしたいと言ってダイエット器具やダイエット食品を買うだけ買って、三日坊主で続かないなんていう人、あなたの周りにもいらっしゃいませんか?

使わないダイエット器具が物置にしまわれたままになっていたり、ダイエット食品の賞味期限を切らして段ボールから出すこともなく捨ててしまうなんていう人は、『モノに依存している』可能性があるので要注意です。

このように、モノを使わなければ行動に起こせない、形から入るタイプの人はお金持ちになるのは難しいと思います。不要なモノを買い込んでしまう傾向があるため、無駄な出費が増えるのです。

そもそも使わないような無駄なモノを買うだけで満足してしまうタイプの人は、かなりの浪費家だと言えるでしょう。ダイエット器具を買っただけでは、当然痩せることはありませんので、ダイエットを決意するたびに新しいダイエット器具を買ってしまうという悪循環に陥るわけです。

同様に、お金持ちになりたいからと言って、セミナーに参加するような意識の高い方もいらっしゃるかと思いますが、そういう人も要注意です。セミナーに参加するような人たちも、自分の意思では物事を決められないと潜在意識では感じているために、誰かの意見にすがろうとしてしまっているのです。

もちろん、中には有意義な有料セミナーなどもあるでしょうが、大半はお金と時間をムダにしてしまうような内容のものばかりです。長い間読み継がれてきたような名著などに書かれているような内容のものもありますので、わざわざ時間を使ってセミナーに参加する必要もないのではないかと思います。

また、例えば投資セミナーに参加したとして、何か投資先として素晴らしい銘柄を教えてもらったとしましょう。翌日にはそれに飛びついてしまうでしょうが、同じことを考えているのはあなただけではありません。同じセミナーに参加していた人たちが一斉に同じ株を買うことで株価が急騰する可能性もあります。

もしかしたら、セミナーの講師はそれを見越して、株価が上がったところで売り捌いているのかもしれません。誰かの意見を聞いてそのまま何も考えずに投資してしまうと、高値掴みで大損してしまう可能性だってあるのです。

あと、セミナーと同じようなものには、『オンラインサロン』なんかもありますね。会費を支払って同じ志の仲間とともに高みを目指していく、みたいなのに入会するのは貧乏になる原因だと思います。オンラインサロンで稼げるようになりたいのであれば、自分がオンラインサロンを主催する側に立つのが一番手っ取り早いでしょう。もちろん、有意義な情報をコンスタントに展開できなければ、すぐに会員はいなくなるでしょうけどね。

お金持ちになりたければ、自分で考え、自分自身の考えで意思決定を行う必要があると思います。何かに頼りたくなる気持ちも分かりますが、それではお金持ちになるには相当の時間がかかるか、最終的にお金持ちにはなれないだろうと言えるでしょう。

何事も、まずは自分で考えて、そして必要最低限のモノだけを周りに置くことを心がけることから、お金持ちへの道が開けていくと言えるのかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました