【悲報】冬のボーナスなしを喜ぶ人たちが続出。醜い労働者のつまらない争い。

マネー論
スポンサーリンク

「今年は“惨めさ”を感じずに済むかと思うと気分が晴れ晴れしますね」

と語るのは、東京都内の中堅電機メーカー勤務・坂口真吾さん(40代・仮名)。彼は、正社員がもらえる夏と冬、年二回の“ボーナス”を手にできないいわゆる非正規雇用の契約社員という立場だ。

日刊SPA!に掲載されていたコラムには、非正規雇用と正規雇用の従業員の醜い争いが描かれていました。

冬の“ボーナスなし”を喜ぶ人たちの理由。「嫁子どもの口撃が減る」 | 日刊SPA!
「今年は“惨めさ”を感じずに済むかと思うと気分が晴れ晴れしますね」東京都内の中堅電機メーカー勤務・坂口真吾さん(40代・仮名)は、正社員がもらえる夏と冬、年二回の“ボーナス”を手にできない非正規雇用…

非正規雇用の人たちは、いわゆるボーナスというものが支給されないのが常ですが、今年に限って言えば、正社員でもコロナの影響でボーナスの支給を取りやめてしまう企業が続出しており、いつもは惨めさや悔しさを感じていた非正規社員からは喜びの声さえ上がっているというのだ。

一方でボーナスがもらえなくなった正社員たちから非正規契約社員の待遇が変わらないのはおかしいという声も。

「今年の冬のボーナス、来年夏のボーナスも期待するな、という御触れが出て以降、正社員たちからは、非正規契約社員の給与も下げろ、という声が相次ぎましたね。非正規は損をしていないんじゃないか、という主張です」

非正規社員は損をしていないという発想がそもそも「何いってんだ?」と思うのですが、非常に醜い低次元の争いですよね。非正規社員はクビを切られる可能性が正規社員よりもかなり高いため、どうなるのかも分からないような状態で働いているので、十分にリスキーだと思いますけどね。

「他にも、非正規の給与が下がらないのであれば、正社員と同等の仕事をさせろ、という声もありますね。非正規の責任を大きくすべき、異動も正社員と同等に、と。中には、正社員の立場から、今こそ同一賃金同一労働だ、と声をあげる人もいます」

同一賃金同一労働は昨年は活発に議論されていましたが、中小企業では正社員の待遇を引き下げるという形でそれを実現するなど、斜め上の解決方法を取る企業もあったようですが、コロナショックによる業績の悪化で、もしかしたら大企業でも同じような解決策が取られることになる可能性が高まっていると言えるでしょう。

それにしても、業績が悪化したとは言え、より低いところに足並みを合わせろと主張するあたり、実に日本人らしいなと感じますよね。日本人はこの30年間、ずっと景気の良さを味わうことがなかったので、『一億総貧困』であることを自ら望んでいるように感じます。

低収入の人たちが、高収入の人たちを叩いたり、「金持ちからもっと税金を取れ!」と叫んだり、「自分は消費税払ってるんだから、もっと社会保障を手厚く受ける権利がある!」と謎の主張するような低所得者が後を絶たないのは、『自分は弱者だから社会から守られる権利がある』という誤った認識が生んだ間違った思考回路なのだと思います。

冗談じゃない!すでにお金持ちは低所得者が一生かけても稼げないような金額を1年間で納税することもありますし、消費税の納税義務者は消費者ではありません。低所得者はすでに大した金額を納めることもないのに、日本の優れたインフラを利用することができたり、生活保護を受けることができたりと、すでに十分社会から守られている存在なのです。

こうした『弱者』アピールの強い声が大きい人間が増えたことで、日本の成長可能性は大きく毀損されていると私は考えています。日本が資本主義ではなく社会主義的だと思うのもこういうところが原因です。

日本は労働者の権利が強く、米国のように不景気になれば雇用形態に関わらずすぐにクビを切られるといった可能性が少ないため、仕事をしてるのかも分からないようなおじさんが高収入を得ることができていたりするという状況が今でも続いている会社が多いです。

こうした人たちの存在が、日本の生産性の低さに拍車をかけており、さらにより低みを目指すような足の引っ張り合いが横行しているのです。

今のような状態が続くようであれば、やはり日本という国に投資冥利を感じることはできず、長期的な目線で見れば、割安に見えてもわざわざ日経平均に投資をするというのは、それほど良い手法だとは思えないと言えるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました