【朗報】狩野英孝さん、ガチのマジでイケメンだった模様・・・

マネー論
スポンサーリンク

お笑い芸人の狩野英孝さんと言えば、一時期は自身のスキャンダルで芸能界から姿を消した時期もありましたが、今は再びテレビでも活躍、さらにYoutubeでのゲーム実況が、ご自身の『ポンコツぶり』と相まって、とても面白いということで脚光を浴びており、復活されたことでも有名です。

そんな狩野英孝さんが今月29日、自身のtwitterを更新。Youtubeのスパチャという生配信で稼いだ利益のほとんど全額である80万円を、自身の出身でもある東北への義援金として寄付したことを明らかにしました。

これにはネット上でも「これはガチでイケメン」「こうやって公開してくれると信頼できる」などと絶賛の声が相次いでいました。

狩野英孝さんは『24時間 EIKO! GO!!』という企画で、日本円にしておよそ100万円弱の寄付金が寄せられたことを発表しておりました。

24時間生配信、いろいろありすぎたので反省会します

そしてその中から、スタッフさんへのギャラや製作費などの諸経費を引いた80万円を東北の義援金として寄付することを公言しておりました。

24時間でスパチャで100万円を超える寄付金を得ることができるというのも、やはりご本人の知名度などもあるのでしょうが、こんな不景気な時代でも、寄付をしたいという有志が募って力を合わせ、まとまった大きなお金が集まるというのは、まだまだ捨てたもんじゃないなと感じる次第です。

そして、人々の善意に触れた一方で、スパチャのGoogleの取り分はなかなかエグいなというのも感じることができました。

というのも、スパチャの実際の売上高は170万円を超えていたようですが、Googleの取り分が売上高の3〜4割と言われているので、ご本人の手元に入った金額は100万円弱になったということです。改めて、Google先生のボロ儲け具合がよくわかりました。さすが強いよグーグル。

それはさておき、こうして有言実行で募金をきちんと寄付してくれるのを見ていると、この人になら預けても良いかなと思いますよね。これは称賛されるべき行動だったと思います。

最近、不安定で暗いニュースばかりで、あまり世論の無駄な情報を頭に入れたくないなと感じている私ですが、こういったほっこり系のニュースはどんどん入れていきたいですね。

このように芸能人が寄付などをすると、『好感度のため』とか、それほど知名度の高くない方であれば『売名行為』などという輩も出てきますが、例えそうだとしても行動したことにこそ意味があり、寄付自体は非難を受けるべき行為ではないと私は思います。

今、行動を起こしたことにこそ価値があるのであり、何もせずに批判だけをするような人にはなりたくないものです。

今朝も記事にしましたが、お金の使い方というのはその人の人間性が如実に現れると思います。

【悲報】交際終了でデート代半額請求ってどうなん・・・?婚活市場の金銭事情。
東洋経済オンラインにまたしても面白そうな記事が掲載されていました。結婚相談所を利用していた婚活者たちが、交際終了の際に、デートに費やしたお金のことでトラブルになることは結構多いみたいです。最近ではデート代も割り勘というのが...

めちゃくちゃ稼いでても他人のためにお金を使うことができない寂しい人間にはなりたくないですし、私もこれからも自分のできる範囲ではありますが、寄付活動は続けていきたいなと思います。

「ラーメン、つけ麺、僕イケメン!」で世に知れ渡った狩野英孝さんですが、時代がやっと追いついて、本物のイケメンになってきているのかもしれません。今後も同様の活動をすることに前向きな狩野英孝さんを要チェックしたいと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました