【悲報】株式市場に悪魔か魔女がやってきた・・・管理人Yuki、株式資産をかなり溶かしてしまうも、アッパーマス層に留まる。

ポートフォリオ
スポンサーリンク

10月最終日の昨日も、米国株市場は軟調となり、NYダウ、S&P500、ナスダックと3指数揃って調整が続きました。昨日も下落したことでNYダウの10月の月間下落率は5%に達し、月間の下げ幅でいうと今年3月以来の水準となったということです。

コロナウイルスの影響もいまだに大きく、これから本格的に冬に入れば、再度大流行しかねないことから、ついに二番底が訪れるのか?という警戒心が高まっています。元々大統領選の直前のため、リスク回避的な投資家が持ち株を手放して株価が下落しやすい10月ですが、今年は不確実性が多すぎてどっちつかずな状況が続いております。

本日は土曜日でハロウィンということもあり、本来なら渋谷のスクランブル交差点あたりは大パニックになってもおかしくない状況でしたが、コロナの影響もあり、一定の抑止力にはなるだろうと見られています。

さてそんな10月末日の今日、かなり目減りしてしまった資産報告をしたいと思います。

9月末時点で、総資産は3,750万円を超えていたので、1ヶ月でおよそ200万円ほど溶かしてしまった計算になりますね。これでもあまり動じなくなったのは自分でも不思議な感覚です。

今月は初めてNYダウ以外の銘柄、というか米国外の銘柄として、アリババ(BABA)への投資を実行しました。

【悲報】NYダウ、9月以来の大幅下落・・・!そんな時にYukiは新たな投資に手を出してしまう・・・!
週明け26日のニューヨーク株式市場のNYダウは大幅続落し、前週末比650・19ドル安の2万7685・38ドルで取引を終えました。下落幅としては9月3日以来の大きさとなり、米国や欧州で新型コロナウイルスの新規感染者が急増して...

バイデンリスクだの、年末商戦に向けての株価上昇に期待だの、色々ともっともらしい理由はありますが、シンプルに『割安』かもしれないと感じたので投資した形になります。

とは言え、大統領選が終われば米中関係もまた大きく動くでしょうし、非常にリスキーであることは理解しているので、長期保有に適しているかどうか、これから探っていくという感じになるとは思いますが、とりあえず少しずつ買い増ししていこうかなと思った次第です。

元々香港市場でも最低単元だけ買おうかとして、それに合わせて米国市場のアリババ株を買ったのですが、今のところ香港市場での投資はまだ実行していません。今週はとにかく下がりそうだなと思ったので、追加投資は大統領選が終わってからにしようと思います。

あとは、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)も2度に分けて買い増しをしました。こちらもリスク回避的な投資家から売られていて、過小評価されていそうだなと感じたからです。

仮にバイデン氏が勝つようなことがあっても、それほど下がらないのではないかというのが個人的な見解です。色々なニュースを整理した結果、ジョンソン・エンド・ジョンソンは買いで問題なさそうだという結論に至りました。

11月も積極的に投資していきたいなと思います。大規模に調整してくれればくれるほど、魅力的な銘柄に出会える確率が増えるというものです。

今年もあと2ヶ月。さすがにNYダウの今年中の最高値更新は厳しいか・・・?と感じる水準まで下がりましたが、特に気にする必要もないのかなとも思います。これからも長期的には米国株市場は上昇するだろうという見方に変わりはありません。

株式市場に棲む魔物のイタズラか、大きく資産を減らしてしまった私Yukiですが、米国株市場及び、株式投資にはこれからも強気のスタイルで市場に居残り続けることを考えようと思う次第です。

市場全体が下がった時こそ、絶好の買い場が訪れていると考えて、少しずつ持ち株を増やして参りましょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました