【実録】世帯年収600〜800万円の『身の丈にあった暮らしぶり』とは。

家計見直し
スポンサーリンク

年収600〜800万円と聞くと、それなりに良い暮らしぶりができそうだなと感じる人も多いかと思います。都内でもまあまあ、それなりの暮らしをしながらお金も十分に貯めることができるかなといったイメージでしょうか。

しかし、世帯年収600〜800万円となるとどうでしょう。地方ではそれでも十分に良い生活ができそうな感じではありますが、都内だと暮らしぶりによっては、なかなかお金が貯まりませんと言う生活水準に収まってしまうかもしれません。

結婚してからも共働きというのであれば、都内であればもっと世帯年収は高まるはずです。私もこのまま彼女と結婚して、共働きとなれば、世帯年収は1,000万円を軽く超えます。しかし、私の労働収入だけとなれば、世帯年収600〜800万円の世帯ということになってしまいますね。

年収600~800万円世帯の中でも、贅沢やムダのない「身の丈に合った生活」を送っている人は、どのような暮らしぶりなのだろうかというのをまとめた記事をキャリコネニュースで見つけたので今回はネタにしたいと思います。

世帯年収600~800万円のリアル「児童手当は全額貯金。月10万円は普通預金と投資に回しています」
「穏やかな暮らし」という意見も 「一般的な生活水準」と「身の丈に合った生活」は似ているようで別物だ。前者が理想なら、後者は現実と言っても過言ではない。では世帯年収600~800万円の「身の丈に合った生活」とは何か。キャリコネニュース読者からは、 「世帯年収700万円弱、夫と子ども2人の4人家族です。それなりの生活はでき...

「世帯年収700万円弱、夫と子ども2人の4人家族です。それなりの生活はできているかと。児童手当は全額貯金し、月10万円は普通預金と投資に回しています。ボーナスは状況に合わせて、使ったり貯金したり。無理なく貯められていると思います」

兵庫県在住の30代女性はこのように語ります。世帯年収700万円で毎月10万円の余剰資金を生み出すことができるというのは結構良い生活習慣が身についていると思いますね。年収700万円の場合だと、毎月の手取り収入が平均しておよそ40万円ですから、お子さんもいて、4人家族なのに収入の25%を余剰資金として毎月計上することができているということです、これは素晴らしいと思います。

茨城に住む保育系の40代の女性も、「田舎暮らしで、あまり寄り道はしない」と語っており、ネットで色々と楽しんでいるということだ。

北海道に住む建築・土木技術職の40代男性も、家賃を抑えながら、「見栄を張らなければ、収入の半分くらいは貯まる」という『身の丈にあった暮らし』が習慣化されている、とても素晴らしい方のようです。

世帯年収600〜800万円という世帯でも、慎ましく、たまに贅沢をする程度の生活を心がければ十分に満足度の高い生活ができるということが分かりますね。

兵庫や茨城、北海道など、地方だからできることだと仰るかもしれませんが、なんだかんだ言って、生活費の水準は地方も都内も変わらないと思っています。家賃相場が全く違いますが、その代わりに地方には地方なりのお金を使わなければならない、独特の風習だったり、生活必需品だったりが存在しているのです。例えば北海道なら、冬場の暖房代だけで、毎月数万円は軽くかかるらしいですからね。都内ではさすがに4人家族などでもそこまでの費用はかからないでしょう。

また、都心近辺では生活費が高くなりがちな代わりに収入レンジも高いです。前述の通り、30歳と20代のカップルでも、共働きすれば、十分に世帯年収1,000万円を狙えるような地域です。世帯年収の大幅な上昇が見込めないのであれば、生活拠点を少し遠ざけてそれこそ茨城などの地方に移すのも悪くないかもしれませんね。都内にもギリギリ通勤圏内と言える場所もありますし、時間がかかるストレスに負けないのであれば、金銭的には余裕のある生活ができるかもしれません。

日々、サラリーマンとして安定収入を得ているのに、「お金が貯まらない」と嘆いている人たちは、総じて身の丈にあった生活ができていないと推測されます。例えば都内に住んでいて、料理もできないからと言って毎食ウーバーイーツで注文していては、食費だけで相当な金額が出ていくことは明らかです。

家庭を持てば、教育費などの生活にかかるコストも増加するのは当然ですから、今まで以上に切り詰めて生活をしなければ、一人暮らしの頃と同じ金銭感覚で生きていてはすぐにお金は尽きてしまいます。

収入が入ったら、まずは先に最低でも1割は使わずにとっておく。そして残ったお金で毎月生活していくということを心がけるだけでも、1年後にはかなりお金が貯まっていることになります。単純計算で10ヶ月で1ヶ月分の生活費が貯まるわけですからね。

今の時代、毎月定額を自動で投資したり口座振替したりしてくれるサービスもあります。どうしても貯めることができないという人たちはそうしたサービスを活用してでも、収入の一部を手元に置いておく必要があります。昨日も記事にしましたが、貯蓄がゼロでは本当にお金が必要なときにすぐに用意できないことになりますから、そうした事態に陥ったときに焦る必要がない程度にお金は手元に置いておく必要があるでしょう。

【考察】『貯金ゼロ』でも大丈夫だと思う人が危険な理由とは?
今年の5月に発表された最新家計調査によると、日本人の平均貯蓄額はおよそ1,755万円とのこと。一体誰がそんなに貯め込んでるの?と疑問に思う人も多いかと思いますが、全年代を合わせての日本人の平均だと、かなりの貯蓄が銀行に眠っていることがわか...

ご自身も普段の生活習慣を省みて、自分が『身の丈に合った生活』ができているか、改めてチェックすることをオススメいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました