【悲報】「全集中、ヲタの呼吸!」、大人気の鬼滅グッズにお金を全集中させて貧乏になる、”鬼滅貧乏”がトレンドに。

マネー論
スポンサーリンク

映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が歴史的大ヒットを記録する中、TBS系情報番組「グッとラック!」は29日、漫画「鬼滅の刃」のグッズに大金をつぎ込む”鬼滅貧乏”を特集し、twitter上でトレンドワード入りしてしまう事態となりました。

グッズに100万円以上費やす“鬼滅貧乏”「心は豊かになる…問題なし!」トレンドワードに志らくは共感:中日スポーツ・東京中日スポーツ
映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が歴史的大ヒットを記録する中、TBS系情報番組「グッとラック!」は29日、漫画「鬼滅の刃」のグッズ...

子ども部屋を『鬼滅』グッズに埋め尽くした姉妹の父親は半年間で「総額30万円」を払ったと告白。好きなキャラクターの誕生日を祝うために2週間マンションを契約したり、100万円以上費やす熱狂的ファンの存在も紹介されたとのことです。

今年に入ってから景気の悪い話しかなかったので、ある意味とても良い傾向だとは思います。日本経済を回してくれるのは本当にオタクの皆様なんだなと改めて感じます。しかし、ネット上に常駐する本物のアニオタの皆様からすれば、この程度のことは序の口らしく、

「オタクなら誰でも通る道だからなあ…」
「好きなものにお金かけるのは、別に普通なのでは?」
「推しにはつぎ込んじゃうんだよね(笑)」

といった体験談が続々とリツイートされていたのである。さすが本物のオタクの方々は次元が違いますね。

オタクからすれば普通の出来事のはずなのに、なぜ”鬼滅貧乏”などというワードがトレンド入りしたのかというと、やはり、鬼滅の刃のファン層の広さが影響しているのではないかと思います。

今までオタクではなかった層の人々も深みにハマってしまい、初めてアニメグッズなどに数十万円単位でお金を注ぎ込んでしまったという人が多かったのではないかと推測されます。それでもまあ、心が豊かになっているのであれば、好きにすればいいと思いますけどね。

かくいう私も本当に久々にコミックスを全巻買い揃えてしまいました。私の普段の購買活動からすれば、コミックスを全巻買い揃えるというだけでも相当異常です。それだけ鬼滅の刃というコンテンツが強かったのだろうと思います。

普通に原作をちょっと弄っただけの映画が10日で興行収入が100億円を突破するのも異常なことですよね。よほど企業側も人気に乗じて強く推していたことが分かるかと思います。

今回の”鬼滅貧乏”騒動も、鬼滅の刃が悪いわけではありません。逆に鬼滅の刃の幅広い人気を裏付けた形になります。他のアニメや漫画なら、もっとコアなオタクがいつも通り貧乏になるだけですから話題にも上がらなかったでしょう。

オタクは自分が好きなものに全力でお金を投じているから、貧乏でも決して問題ではないのです。幸せそうに生きてますからね、彼らは。なので本気でオタク活動をしたいのであれば、ブームが去るまでは資産形成に力を入れることは諦めなければならないでしょうね。

それに私も、多くの人からは理解されませんが、外国の株ばかり買い集めている『株オタク』なわけですから、鬼滅オタクのことをとやかく言う筋合いはないのかもしれません。

自分の好きなものに全集中できるって素敵なことだと思います。ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏も『一つのことに集中する』ことの大切さを語っています。かのスティーブ・ジョブズ氏も、『選択と集中』によって、一時期は倒産しかけていたアップルを立て直したこともありました。

好きなものだからこそ集中できるのですから、それで貧乏になってもある意味幸せなことなんだと思います。オタク趣味は、後々後悔する人が多いとはよく言われていますけどね。

幸い私は、一番の趣味はおそらく『株式投資』になりますし、こんなふうにブログを書くのも、結構好きなんだと思います。株式投資もブログも、幸いお金を浪費するどころか、お金を稼いで来てくれる趣味だったために、30歳にして3,000万円近い資産と、毎月5〜6桁の副収入を得ることができました。

全ては『選択と集中』のおかげですね。これからも私は私の好きなことに”全集中”していきたいと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました