【悲報】『最大17連休』を打ち出すも、時給労働者たちから大ブーイング。全員を納得させることは困難。

社会・政治
スポンサーリンク

先日から、政府が年末年始の休みを成人の日の1月11日(2021年)まで延長するように企業に要請する可能性が出てきているということで、一時、『最大17連休』がtwitterのトレンドワード入りをするなど、大きな注目を浴びています。

12月25日が仕事治めだとすると、最大で17連休ということで、歓喜の声が聞こえているのですが、その一方で、それは困る!と声を上げる方々も一定数いらっしゃいます。

その中心となっているのが、アルバイトや派遣社員など、いわゆる『非正規雇用』の方々で、一般的に自給労働で働いている彼らにとっては、17連休はもはや死活問題なのである。

年末年始17連休案に歓喜の声 一方で「生活できません」という声も - ライブドアニュース
政府が年末年始の休みを成人の日の1月11日(2021年)まで延長するように企業に要請する可能性が出てきている。「帰省や初詣などの人出を分散させ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙い」だそうだ。12月25日(202

「非正規やアルバイト、時給で生活している人はそんなに休んだら生活できません」「この国は正社員だけで回っているわけではないことをまだ気づけていないのか」

と声を荒げる人々が目立つのも当然で、総務省「労働力調査」によると、2018年時点において非正規雇用者数は2165万人と年々増加傾向にあり、労働者のうち非正規雇用者比率も38.3%とこれも増加していると言います。

労働者人口の5人に2人程度が非正規雇用ということですから、確かに彼ら時給労働者の存在を無視することは横暴とも言えるのかもしれません。

また、仮に政府が企業に要請したところで、それに従うような企業はほんの一部の大企業だけでしょう。特に、企業カレンダーなどを作成して取引先に配っているような中小の製造業や、年末年始が書き入れ時の小売業、また時期に関係なく仕事があるインフラ関係、医療関係などは当然17連休を取るのは難しいでしょうから、もしも政府から要請があったとしても恩恵を受けるのは本当に一部の労働者だけではないだろうかと思います。

最近、コロナの影響もあるでしょうが、民間のことに口出ししすぎな気がします。携帯料金の値下げについても、政府が介入してまでやるようなことか?と思ってしまいます。民間に国が口出しして良かった試しなんてあまりないですから、民間企業のことはそれぞれの企業に任せるべきなんじゃないかなと思います。

こんなふうに政府が介入してくるから、「日本は社会主義だ」などと言われてしまうのであり、それぞれの企業や業種で休暇の取り方ぐらい好きにさせてくれよというのが本音だろうと思います。

ほとんどの人が恩恵を受けることはないであろう、年末年始の17連休ですが、時給労働ならむしろ年末年始は稼ぎ時です。年末年始だからこそ募集している単発バイトなども多いですし、17連休とまでは言わなくても年末年始には連休を取る人が多いですから、お休みの人たちにサービスを提供する人々は普段より時給が上がったりすることも多いですよね。

世の中にはパートやアルバイトを掛け持ちして生活している人たちも多いですから、派遣先の会社が休みになったからと言って、特に暇を持て余しているのであれば、単発バイトで『副業』するのもいいんじゃないでしょうか。

「そんなに休んだら、生活できない!」と文句を言うなら、他の時給労働をすればいいんじゃないかなと私は思います。

確定申告などは少しややこしくなりますが、別に年末年始に何もすることがないから引きこもっておけと言うことではないと思います。

「休みの日まで働かなくてはならないのか!」と文句を言う人も出てきそうですが、非正規雇用で就職したのもご自身の選択なのですから、それで生活がままならないのであれば、休みの日も働かなくてはならないんじゃないかなと思います。それが嫌なら17連休してくれる会社で正社員になればいいだけの話です。

国が何もしなくても怒るし、何かしても怒るし。ちょっと国に頼りすぎじゃないかなと思うわけです。自分が弱い立場だから保護されて然るべきだ!とでも言うかのような人が今の日本には多すぎます。

その結果が成長性もなく、財政も圧迫されっぱなしの現在の日本です。私も精神論や根性論はあまり好きではないですが、生きていくために必要なら働くしか選択肢はないんじゃないかなと思うわけですよ。

私は投資を続けることである程度の資産を築くことができましたが、決して裕福な家庭で育ったわけではありません。ピーク時には毎日の食事に困るほどの生活をしていたこともありました。それでも自分なりの工夫と努力を継続することで、30歳で3,000万円台後半の資産を築くことができたのです。

私が何の工夫も努力もせず、国に頼りっぱなしだったなら、今の私の資産は1,000万円もなかったでしょう。もしかしたら、収入の全てを使い切って貯金ゼロの蓄財劣等生になっていたかもしれません。

だからこそこれからの時代は、国や企業に頼らずに自分で考え、工夫し、努力を続けることで自らの収入源を自分の手で確保し、資産を形成していくより他に、豊かな生活を送ることはできないのだと私は考えています。

自分は非正規社員だから国から援助されて然るべきだと考えているなら、甘いです。いったい何度、国から裏切られれれば気付くのでしょうか。

国は必要以上に民間に干渉すべきでないですし、国民は政府を頼りすぎない。そうしなければ、日本はどんどん悪い方向に進んでいくのかもしれないと今回の騒動で感じた次第です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました