【悲報】44歳・婚活女子の勘違いぶりがネット上で話題になってしまう・・・

マネー論
スポンサーリンク

twitterや掲示板などで、週間SPA!に取り上げられた過去記事がなぜか再び話題となっていました。内容は、44歳で婚活をしている都内OLの佐伯悦子さん(仮名)が婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。というもの。

「20代の頃は彼氏もいましたが、お互い非正規雇用の低賃金で、家庭を持つことを考えられなくて、破局してしまいました。仕事に生きてきましたが、35歳を過ぎたあたりから親も『いい加減に結婚したら?』と口うるさく言い始めて……」

重い腰を上げて一般的な婚活パーティに参加すれば、「年齢」がネックで相手にされなかったという。35歳を過ぎた女性は、あからさまに“対象外”の扱いをされると嘆く。

40代以降限定のパーティでは、今度は「売れ残りの変な男しかいない」というジレンマに苛まれる。

「自分も“売れ残り”なのは重々承知です。『理想が高いんでしょ?』なんて言われるけど、私自身は、年収400万~500万円程度で“普通”の男性がいい。でも、それすら高望みなのかな……」

借金をしてまで100万円のエステに通い、高額な美顔器も購入した。結婚するために、必死の覚悟で美容グッズを買い漁っているが結果にはつながらない。

「綺麗になってもダメなら、何をすればいいのでしょうか」

気づけば、婚活に1000万円以上をつぎ込んだという佐伯さん。婚活漂流者となった彼女は、この日の取材後もパーティに向かったのだった。

https://nikkan-spa.jp/1614242?cx_clicks_art_mdl=1_title

別に婚活するなら何歳まで!というような制限はないですし、彼女の頑張りを否定するつもりは一切ありませんが、元記事を見ていると、思わず「ネタなのかな?」と思うような内容がてんこ盛りでした。

お相手は年収4〜500万円程度の普通の男性が良いと主張する彼女ですが、同じように40代以降限定のパーティでは、「売れ残りの変な男しかいない」となぜか下に見ている様子。自分も売れ残りなのは承知しているというには、あまりにも横暴な言いぶりですよね。

また、現在40代の男性の大半は、社会に出た頃がちょうどバブル崩壊後の就職氷河期と重なっており、『ロストジェネレーション』とも呼ばれる世代にあたります。

優秀な人たちは高収入を得ているのに対して、非正規雇用や引きこもりが多い世代でもあり、低収入である人たちが多い世代でもあるでしょう。つまり、就職氷河期だった影響もあり、同世代の間でも大きな格差が生まれている世代が現在の40代前後の人たちなのです。

高収入でエリートの階段を駆け上って行った人たちは、概ねすでに結婚されている人が多いでしょうし、未婚の方はどうしても低収入かつクセの強い人が多くなりがちなのではないでしょうか。普通の収入の普通の男性を探すのは、なかなか困難なことだろうと思います。

かといって、お金を持っている資産家たちが、彼女のような浪費癖のある44歳の女性に近づいてくるとも思えないです。

彼女の浪費癖は、借金をしてまで100万円のエステに通い、高額な美顔器も購入し、婚活に1,000万円も浪費していることからもにじみ出ています。本人は努力と言いますが、エステも美顔器も、あなた自身の努力ではありません。あなたはただお金を出しているだけで、エステで頑張っているのは施術してくださるエステティシャンの方です。美容グッズも次から次に買い集めるだけで何の努力もしてないじゃないと思いませんか?

人生の大先輩にこんなことをいうのは忍びないですが、44歳になって外見を磨いただけで結婚できると思っている時点で薄っぺらいですよね。典型的な中身の無い人間の行動パターンです。

外見をいつまでも若く保とうということを否定するのではないですが、外見だけを取り繕っても、少し会話をすればボロが出てしまいます。1,000万円も婚活のお金をかける余裕があったのなら、そのお金で教養を身につけたり、色んな経験を積むことで、もっと人間的な魅力を磨けたんじゃないだろうかと私は思います。

彼女がその後理想の男性と結婚できたのかは知りませんが、非常にもったいないお金の使い方をしたものだなと思います。

投資家の皆様に改めて言うようなことではないのかもしれませんが、日々のお金の使い方と言うのは非常に重要でかつ、自分の年齢に合った、有意義な使い方をするべきだと思います。

例えば普段から節約・節約で生活費を切り詰めているからと言って、プロポーズを決意した時の食事に普段使いの居酒屋を選ぶのはちょっと違う気がします。カップルでの価値観の問題なのでどう感じるかは分かりませんが、ある程度歳を重ねれば、普段とは違う大切なシーンで利用できるような良い雰囲気のお店を知っているのもその人の経験値がなせるものだと思います。まあ、最近はちょっと調べれば簡単に検索できるような時代ですから、10年前、20年前と比べればその重要性は低くなっていると思いますけどね。

あくまで一例として、その年齢ごとに合った有意義なお金の使い方というものはあると思います。ある程度年齢を重ねてきたら、その歳なりの経験や話題の豊富さなどが、対人的にはその人自身の大きな魅力として映ることが往々にしてあります。

だからこそ、お金を貯めることだけに特化してもダメだし、逆によくわからないものに浪費し続けるのも問題だと思います。

若いうちから蓄財や投資をすることも重要ですが、若い間に『お金の使い方』もきちんと考えることが、将来につながるのだろうと私は思います。何事もバランスが大切だなぁと私はそう感じた次第です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました