【朗報?】カプコン株に、デヴィ夫人のビッグマネーが流入か!お金持ちがお金持ちであり続ける理由。

投資の考え方
スポンサーリンク

今月19日に放送された『有田プレビュールーム』(TBS系)では、デヴィ夫人がマヂカルラブリー・野田クリスタルさんと『ストリートファイターV』で対戦する場面がありました。

指定された記事が見つかりません|ニフティニュース
記事が見つかりません。

ストリートファイターⅤの素人であるデヴィ夫人は、アゴのみを利用してコントロールする野田クリスタルさんに負けてしまいますが、必殺技を教わり、2戦目からは早速その必殺技を炸裂。野田クリスタルさんに見事勝利したデヴィ夫人はご満悦。ゲームの感想を聞かれ、デヴィ夫人は「面白いです、夢中になりますね!」とコメントし、カプコンであることを伝えると、「これを作った会社の株を買えばいいのよね」と発言したということです。

視聴者からは、「デヴィ夫人のおかげでカプコンの株上がるな」「スト5が面白かったからカプコンの株を買うっていうデヴィ夫人の発想がすごい」など、デヴィ夫人の豪快な発言に絶賛の声が相次いだということです。

これに好感を得たのか、カプコン株は朝から株価が上昇する場面もありましたが、現時点では売りが優先している状態となっております。

さて、デヴィ夫人がカプコン株を買い始めるかどうかはさておき、デヴィ夫人のようにお金持ちがお金持ちであり続ける考え方の違いというものを見せつけました。

デヴィ夫人は80歳を迎えた今でも世界中のセレブに顔が利く本物のセレブリティですが、彼女がセレブであり続けることができるのは、このような投資に対して前向きな考え方を、今も忘れていないからだと思います。

『自分が好印象を持った、応援したくなるような企業の株を買う』というのは、株式投資の基本中の基本ではありますが、その発想を持っている人は実はごく少数です。

自分が好きな企業の商品を買うことには躊躇のない消費者たちは、それを作っている企業の株を買うとなると、途端に腰が引けてしまうのです。そして、「株式投資は怖いから」「リスクが高いから」と言って、株式投資には積極的になれない人が大半なのです。

別にそれが悪いというわけではないのですが、お金持ちがいくつになってもお金持ちとして君臨し続けることができるのは、結局はこの柔軟な発想によるものではないかと私は思うのです。

もちろん、これが良いからという理由で急に大金を投資するのも向こう見ずな行動ですから、投資をするさいは下調べが大切だとは思いますが、「面白いものを作っている企業がある=その企業の株を買おう!」というのは、ぼーっと生きているだけの人たちには出てこない考え方なんじゃないかなと思います。

実のところ、私が個別株で保有している企業の株は、大半が一般消費者たちによく知られており、多くの人々に利用されている、モノやサービスを扱う企業が多いです。例えば、ビザ(V)。あまり、クレジットカードを普段から利用するわけではないという人でも、成人しているほとんどの人は、『VISA』ブランドのクレジットカードを所持しているのではないでしょうか。

日本に住んでいて、コカ・コーラや、同社が製造している飲料水を一度も飲んだことがないという人はかなり珍しいのではないかと思います。

一般消費者たちに愛されている商品や、絶対的なブランド力を誇る企業は、長期的に見れば成長し続けるだろうと思います。ゲーム会社は栄枯盛衰が激しく、生き残るのが難しい業界ではありますが、カプコンはそれでも老舗として、今なお成長を遂げているのです。

同社を代表する『ストリートファイター』シリーズは世界中にファンを抱えており、近年話題となっている『e-スポーツ』の代表的なタイトルとなっています。プロフェッショナル同士が操るストリートファイターのキャラクターたちは、素人から見ればもはや芸術とも言えるようなコンマ何秒を争う動きを見せ、観客を大興奮させる、エンターテイメントとして成り立っているのです。

ゆえにカプコン株はこれからもゲーム会社としては優位性のあるビジネスを展開している企業だと言えるかもしれませんね。

このように、世界中で愛されるブランド力を持つ企業は、これからも成長し続け、デヴィ夫人のように、投資に積極的な資本家たちの財布を潤し続けてくれることだろうと思います。

私はデヴィ夫人の発言から、お金持ちがお金持ちであり続ける理由を垣間見た気がしました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました