【悲報】管理人Yuki、またしても一晩で60万円を溶かしてしまう・・・!そんな時こそ買い増しだ!!!

投資実績
スポンサーリンク

ぎゃああああああああああああああああ・・・・・・・・

なんだか久々に大きく含み益がマイナスになった印象です。最近は値動きが小さくなっていたので、朝起きて見てみたらマイナス60万円を超えていました。

まあ、わざわざ叫ぶほどの調整ではないのですが、どうせならネタにしてしまおうというくらいの方が気が重くならないので良いのではないかと思います。

さて、昨日のNYダウは、上昇して取引を開始し、このまま上昇し続けるかと思いきや、突然急落。最終的には前週末比410ドル89セント(1.4%)安の2万8195ドル42セントで終えました。

追加経済対策が成立するとの期待で上昇し始めましたが、その期待が萎むと、売りが優先的になったということもあるでしょう。

特に大きく下げたのは主力ハイテク株で、GAFAM各社はそれぞれ先週末比2%前後の調整で取引を終えました。小型株は踏ん張ってプラス圏で引ける銘柄もありましたが、ナスダック総合指数もNYダウ以上に調整する結果となりました。

そして、株価が下落した時ほど、私は嬉々として株の買い増しをするという癖があります。今回もまた、株の買い増しを行いました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)株を145ドルで4株。日本円にして6万円分ほど買い増しすることになりました。今回の買い増しでジョンソン・エンド・ジョンソン株の保有数は260株に到達しました。

昨日、まだ起きている間に下落し始めていたものの、またどっちつかずな感じで終わるのかな〜と考えていたので、145ドルで4株、140ドルで5株、指値を入れていたのですが、145ドルが刺さった形となりました。他にもいくつか指値注文を入れてから寝たのですが、昨日はこのジョンソン・エンド・ジョンソンだけで終わりました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは先日も買い増しをしました。

【朗報】久々の個別株買い増し!選んだのは、アノ銘柄でした。
先月の半ば頃から彼女と同棲を始めて以来、22時半から米国株市場をゆっくりと覗き見る時間を取ることができていませんでした。と言っても別に深い意味があるわけではなく、夜遅くにPCを触っていると、「ゆう君、こんな時間なのにまだパソコン触...

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、最近パフォーマンスが良くなく、バイデン氏が大統領になったらヘルスケアセクターはさらにパフォーマンスを落とす可能性も否めません。バイデン大統領が誕生し、上下両院を民主党が制する『トリプルブルー』の展開になれば、医薬品価格引き下げや医療保険の拡充に道が開かれ、ヘルスケア業界が逆風に見舞われる恐れがあるという見通しが一般的です。

しかし、だからと言ってヘルスケアセクターの企業が淘汰されるわけでもなく、世界中の人々にとって、ヘルスケアセクターの企業たちは必要不可欠な存在です。これは人類が生存し続ける限り変わらないことでしょう。

そのヘルスケアセクターが、バイデン氏の誕生によって、株価の上昇期待が抑えられるというのであれば、むしろ、その期間のうちに出来るだけ買い込んでおいた方が次の上昇期に大きなリターンを生み出すことができるのではないかと思います。

幸い、私はまだ30歳ですから、仮にバイデン氏がこれから大統領を2期連続で任命されたとしてもまだ30代のうちにはバイデン大統領はその次の大統領にバトンを渡すことになるでしょう。その間に世界がどう変わるかわからないですが、少なくともジョンソン・エンド・ジョンソンが消えて無くなることはないと私は考えています。

気長な話ではありますが、今の株価でも2.7%ほどの配当利回りを期待できるジョンソン・エンド・ジョンソンには、特に売り払う理由もなく、他の高配当株ほどリスキーでもないという銘柄ですから、これからもじっくりと成長してくれれば良いかなと思っています。

実際、先日発表した決算内容も、市場予想を超える大健闘を見せてくれましたから、特に不安はありません。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは永久保有銘柄の候補の一つだと私は考えています。これからも様々な訴訟案件や、政治的要因などに左右されるでしょうが、薬価引下げもそれほど大きな影響は無いのではないかと思います。

大きく成長ストーリーが外れない限りは、ジョンソン・エンド・ジョンソンに必要以上に悲観的になることはないかな、と私はそう考えています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました