【朗報】公募投信の残高の3分の1は海外株式という結果に。投資信託で海外株投資は、今後のスタンダードとなるか。

投資の考え方
スポンサーリンク

昨日の米国株市場は開始直後こそ好調に始まりましたが、追加経済対策の早期合意は困難との見方が広がり、市場心理が悪化。ハイテク株など足元で買われていた銘柄を中心に売りが優勢になりました。

コロナショックで経済的に大ダメージを受けた現在の実体経済の中で、金融政策・経済対策によって、ここまで回復してきた株式市場ですから、政治的な発言の内容で大きく上下してしまうのも仕方のないところだと思います。一時期よりはマシになったとは言え、実体経済はまだ回復したとは言えませんからね。

しかし、今回のコロナショックに対する投資家たちの反応は、今までのリセッションとは少し違っていたようです。

今、投資信託に起こっている興味深い事象 海外株式に投資するときに持つべき視点とは?
新型コロナウイルスの感染拡大は、依然として予断を許さない状況が続いているものの、世界各国で経済活動の再開が進んでいます。主要国・地域の景気の先行指数は改善傾向にあり、世界景気についても4~6月期に底を打ち、回復基調になるとの期待が広がっています。主要国・地域の株価指数も2020年3月下旬以降は上昇に転じており、「コロナ...

日興アセットマネジメントさんが作成した資料によると、2020年8月末時点の上場投資信託(ETF)を除く、公募投信の残高を資産別に表したところ、最も比率の高い資産は海外株式となっており、全資産に占める比率は33.4%と、全体の3分の1が海外株式という結果になりました。2019年12月末時点が28.5%だったので、足もとでは5ポイント近く比率が高まっているということです。

また、2020年(1月~8月末)の資金純流入額の累計を資産別に表したところ、海外株式には累計1兆6,209億円が純流入しており、公募投信全体への純流入額1兆7,196億円のうち、実に9割超を占めていることがわかりました。

これらのことから、投資信託を利用して海外株式に投資をしようという投資家が増加傾向にあることがよく分かります。

もちろん、海外株式という一括りですから、米国以外にも中国や欧州など、日本国内の企業以外の株式は全て『海外株式』という扱いになるのですが、それでも日本人投資家がこれほどまでに海外株式に資金を投じるようになったのは、新しい傾向ですし、コロナショックで株価が暴落した時でも狼狽売りするのではなくむしろ買い進めていくあたりは、投資家のあるべき姿。投資信託の正しい使い方なのではないかと私自身強く感じています。

これには昨今の海外株式へ投資する投資信託の買付手数料の引き下げなど、証券会社の営業努力の結果もあるでしょうが、投資の初心者とは言え、質の高い情報に簡単にアクセスできるようになった現在、長期投資を前提にして投資信託にコツコツ投資ができる人が増えたのかなと思います。

個別株は短期売買をしたり、永久保有のつもりで持ち続けたりと、銘柄や投資家個人の考え方で投資手法は千差万別あるだろうと思います。しかし、投資信託やETFに関しては、投資先さえ間違えなければ、単純にコツコツと積立投資をしていくというのが正しい付き合い方だと私は思います。

今の時代、大抵の投資信託は手数料無料でネット証券で買えますし、自動積立がスタンダードですので、もしかしたら自分では投資信託を買い続けているという意識すら無い人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうした意識の無い、意識の低い投資家が往々にして最もリターンが大きかった、なんてことは投資の世界ではあり得る話です。投資自体も自動で積み立ててくれることで、意識せずとも資産形成ができる環境が整っているというのは大変素晴らしいことだと私は思います。

海外企業の株式に直接投資するというのは、以前に比べるとハードルが下がったものの、決して容易なことではないようで、英語でのアニュアルレポートを読むのもめんどくさいというような人が大半でしょう。だからこそ投資信託という仕組みを上手く活用して、気軽にストレスなく海外株式投資を続けることができるようになったことは大きな転換だったと言えるでしょう。

もちろん海外株式も常に上がり続けることはありませんし、時に大きく下げる局面もあるはず。しかしそれに一喜一憂することなく、忘れてしまっていたぐらいの考え方でコツコツ投資を続けるのが、兼業投資家としてあるべき姿だと言えるのかもしれません。

これからの未来の成長を信じて投資を継続することは、あなたの将来に繋がる可能性の高い行動だと私は思います。1日でも早く、コツコツ積立投資を始め、どんな時も継続することを私はオススメいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました