【考察】あなたもやってないですか?金欠になるやってはいけない悪習慣5つ。

マネー論
スポンサーリンク

「お金がない」と普段から嘆いている人こそ、実は日々の生活を見直してみると、お金を失うような散財行動をとっていることが多いものです。金運をダウンさせているかもしれない、悪習慣を学んで、自分は当てはまらないか見てみましょう。

金欠になる原因かも!? やってはいけない散財悪習慣5つ (2020年10月12日) - エキサイトニュース
金運をダウンさせる!気を付けたい毎日の生活習慣って?ゼイタクをしているわけでもないのに、気づくとお金がなくなっている……と嘆くあなた。その原因はお金の使い方以前に、運気を落とす生活習慣にあると知ってい...
スポンサーリンク

部屋を散らかす

浪費癖のある人は、例外なく、『部屋が汚い』ことが多いです。あまり関係のないようにも感じますが、部屋が散らかっているということは、それだけ物が多く、知らず知らずのうちに浪費をしている可能性があるのです。

また、部屋が汚れていることで、どこに何があるのかわからず、「あれがない、これが足りない」と、余計な買い物ばかりして出費がかさむ傾向にあるため、部屋が散らかっていると、お金が貯まらない傾向にあるということです。

何をするにも「やりっ放し」

何かにつけて“やりっ放し”にするクセのある人はお金が貯まらない傾向にあると言います。「誰もいない部屋の電気を付けっ放しにする人、ドアを開けたまま次の行動に移る人、便座のフタを閉めない人。こうしたクセのある人はお金が貯まりません」と記事の中では言われており、これも直接関係はなさそうですが、最後までやり通すことができない人は、結果が出るまで継続することができないのだと思います。

私も当ブログを更新し続けて1年半ほどになりますが、初めてブログ収入が月10万円を超えたのは、開始から半年ほど経ってからです。一時期はコロナの影響か、広告費がかなり削られ、収入が激減することもありましたが、今はかなり回復してきています。それもこれも、どんな時も継続し続けてきた結果だと思います。

結果が出るまで継続できず、『やりっ放し』にしてしまう人はお金を稼ぐことができないのかもしれませんね。

物をため込むクセがある

「クローゼットや食器棚など、収納場所にぎちぎちに物が詰まっていると、金運の上昇は期待できません。物が詰まっていると幸運の入る隙間がないからです」

少しスピリチュアルな話になりますが、これも一つ目の部屋を散らかすというのと同じ点があるかと思いますが、結局物をため込んでしまい、片付いていないと無駄な出費につながることは前述の通りです。

収納場所にも、自分のお財布にも、モノをため込んでしまう人は、逆にお金は貯まらない要因になりそうです。

前もって準備をする習慣がない

旅行などの計画を、直前になってから始める人はいませんか?もしもそれが習慣になっているなら、改めるべきだと言うことです。

これは、直前に用意することで忘れ物などが多くなり、旅行先のコンビニなどで高い値段で買ってしまう可能性があるというのもあります。また、早くから旅行の予定を立てて、予約をしておけば、早割などで割安で交通費などを抑えることもできますよね。

前もって準備することは、出費を節約することができると言えるでしょう。

思いつきで行動するクセがある

思いつきで行動する人は、計画的なお金の使い方が苦手な人が多いと言います。『前もって準備をする習慣がない』人にも通じるものがありますが、思いつきで行動することで、咄嗟の出費が嵩んでいるという人は多そうです。実は私も比較的思いつきで行動するクセがあり、もちろんクレカの残高などは確認していますが、思わぬ出費をすることもたまにあります。

思いつきによる散財は、重なればかなりの金額に到達する可能性もあるので、気をつけていきたいところですね。

まとめ

今回は金欠になるやってはいけない悪習慣を5つ見てきました。私自身も反省する必要があるものもあり、完全に自分は大丈夫だと言える人はどれくらいいるでしょう。

それぞれ、浪費につながる可能性がある悪習慣ですので、一つ一つ見直してみることをおすすめします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました