【悲報】世帯年収600万円台のリアルなお金の話。「給料日前は100円を惜しむくらい」

投資の考え方
スポンサーリンク

キャリコネニュースに投稿された、世帯年収400〜600万円台のリアルな話が話題を呼んでいる。

世帯年収400~600万円台のリアル「給料日前は100円を使うのも惜しい」「2人目はとても……」
100円使うのも惜しい…… 少子化が進む現代において、子どもを抱える家庭からは「生活が苦しい」という声も聞こえてきそうだ。キャリコネニュース読者からは 「子どもがいるため、自分が病院にかかるのを我慢してしまいます。単身者ならば不自由なく暮らせるかもしれませんが……」(神奈川県/30代男性/IT・通信系/世帯年収450万...

少子化が進む現代において、子どもを抱える家庭からは「生活が苦しい」という声が上がっているという。

「子どもがいるため、自分が病院にかかるのを我慢してしまいます。単身者ならば不自由なく暮らせるかもしれませんが……」(神奈川県/30代男性/IT・通信系/世帯年収450万円)

都内では、世帯年収400万円台で家族を持つというのはかなり厳しいというのが現状のようで、独身であれば生活にもゆとりを持てそうですが、家族を養い子供を育てるには、自分が体調不良でも病院に行くことを控える必要があるようです。

また、専業主婦の妻と3人の子どもと暮らしているという都内在住の30代男性は、

「年収600万円くらいですが、これが本当に平均年収なのかな?と疑問に思ってしまいます」

と語り、平均年収以上の収入を得ている割りに、その実感がないと言います。

群馬県の40代女性は流通・小売系の会社でパート・アルバイトをしており、夫婦共働きだ。子どもは中学生と高校生の2人だが、「学費にお金がかかり、毎月の貯蓄はわずかです」と話す。

「給料日前は100円を使うのも惜しむくらい、カツカツの生活です。自分の洋服も1年に一度、買えればいい方です。我慢ばかりの日々で、何のために生きているのか時々分からなくなります」

などと、共働きでありながら給料日前にはカツカツの生活をしているというのがリアルな声のようです。

夫婦共働きでも世帯年収600万円台という人もいるため何とも言えませんが、やはり世帯年収400〜600万円台というのは、夫婦どちらか一方だけが働き、片方が専業主婦をしているというケースが多いようですね。お子さんが小さいうちは仕方ないのかもしれませんが、今の時代、都市部で家族を持ち、養おうと思ったら、ダブルワークは必須となってしまっているのかもしれません。

また、単体で400万円ほどの収入だとしても、夫婦二人で働けば、世帯年収は700万円、800万円を目指すことができるので、いかにお子さんが小さい間を乗り切るかが問題ですね。

しかし、今の時代、専業主婦といえども、自宅でお金を稼ぐという手法も無いわけではありません。お子さんを育てるのは確かに大変ではありますが、資金繰りがギリギリだというのであれば、ネットを活用して副業をしたりすることが必要になってきているのかなと思います。

そして、カツカツであっても貯金ができているのであれば、貯金の一部でもいいので投資に回していくことがこれからの時代必要になっていくと考えています。

毎月、1万円でも30年間積立投資を続ければ、年間平均リターンが6%でも1,000万円を超える資産になります。

1万円を30年間、貯金しているだけでは、利息は大して付きませんから、360万円を大きく上回る期待は持てないでしょう。

先日の日経新聞によると、1~6月の大手証券8社のつみたてNISA1口座あたりの投資額平均は月1万1,000~1万2,000円程度だと言われています。

【朗報】若者を中心に広まる『つみたてNISA』の波。つみたてNISA口座の約7割が40代以下の世代。
今月7日、金融庁は『NISA・ジュニアNISA口座の利用状況に関する調査結果の公表について』を発表しました。今回発表されたのは、6月末時点のNISA口座の利用状況調査結果です。つみたてNISAの口座数が前回発表の、2020...

『みんなと同じ』『一億総中流』『あの人もやってるから自分も』というのが大好きな日本人ですから、毎月1万円程度の投資をするのは他のみんなと同じで問題ないんじゃないかなと思います。

給料日前に100円を惜しむ生活をすると嘆くのも分かりますが、今の時代、本業以外に月数万円程度のお金を稼ぐ手段はたくさんあります。すぐに結果が出るものもあれば、なかなか時間がかかるようなものもありますが、収入が少なければ、それを補う努力が必要なのは言うまでもないでしょう。

普段の生活費も見直そうと思えば、意外と問題があるところが見つかるものですから、改めて夫婦で家計について話し合い、余剰資金を生み出す努力をするしかないのです。

また、都内では年収400万円はやはり生活していくにも厳しい状態かもしれません。本業からの収入が低い状態であれば、副収入を得るメリットはより大きくなります。家族のためにも、より多くの収入を得る努力を続けることと、副収入をもとに資産形成に力を入れていくことは、令和時代の必要条件だと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました