【悲報】お笑い芸人さん、住宅ローンが返せない模様・・・

マネー論
スポンサーリンク

日刊SPA!の記事によると、人気お笑いコンビ『スリムクラブ』の内間さんが、住宅ローン破綻寸前の状態に陥っているという。

スリムクラブ内間、住宅ローン6000万円が返せない。コロナ禍で破綻の兆し | 日刊SPA!
コロナ失業や収入減により、ローンの支払いに困窮する人がかつてないほど増えている。マイホームの差し押さえに自己破産……。ローン返済が滞れば、これまでの日常は瞬く間に崩れ去る。新型コロナによって顕在化し…

「’13年、番組の企画で中古戸建てを買ったんです。頭金なしで6000万円の35年ローンを組み、月の返済額は20万円。完全に“勢い”でしたが、その頃は稼げていましたし、その後順調に返せてもいました。

 しかし、昨年の闇営業騒動での自粛から完全に苦しくなって……。さらに今年はコロナでイベントや舞台の仕事が壊滅。自粛以降、収入が返済額に満たないこともザラにあります」

スリムクラブといえば、闇営業問題も記憶に新しいかと思いますが、それに加えて、今年はコロナによる営業収入も激減し、毎月20万円の返済に追われている状況だということです。

『自営業』に分類されるお笑い芸人などのタレントは、中小企業、個人事業主、フリーランスを対象とした持続化給付金の支給対象者となるはずですが、この給付金制度が、『新型コロナウイルスの影響で昨年の収入と比べて半減した中小企業や個人事業主、フリーランスに給付し、事業の継続を下支えしてくれるための制度』であることから、『闇営業問題』で昨年の収入も激減していた内間さんが対象者となるのかどうかは微妙なところですね。まあ、彼の収入の詳細を存じ上げないので、なんとも言い難いことですが。。。

それに、給付金100万円を貰ったとしても、月額20万円のローン返済にとっては焼け石に水。一時期、家の売却も考えたそうですが、購入当初から『新築が欠陥住宅である』ことをネタにしており、買い手は現れないと言われてしまう始末だそうです。

しかも、もともと飲み歩きが趣味ということで貯蓄もなく、節約しているという割には、お酒を止める訳ではなく家で飲めるように安いお酒を買ったり、そんな中でも洗濯機が壊れたのでさらにローンを組んで購入したりと、どこか浮世離れしている感は否めないですよね。

本当に節約すべきだという危機感があるなら、お酒を断つべきでしょうし、ローンを組んでまで洗濯機を買うべきじゃないですよね。型落ちやリサイクル品でも、もっと安くてスペックも納得できそうなものがありそうですが…

ローンを組むということは、その分余計な金利を払っていることになります。○○回まで金利無料!などと謳っている商品もありますが、そういうものはそもそも、売価に金利も含まれていると考えるのが間違いないでしょう。

元々稼いだ分を全て生活費と趣味に使い切ってしまうタイプということですから、計画性が無い方なのでしょうが、住宅でも、家電でも、ローンを組むときにはある程度、将来のビジョンを想定しておくべきだと言えるのではないでしょうか。

タレントという不安定な業界ですから、人気があって稼げていた時代に少しでも蓄えを作っておくべきだったと言わざるを得ないでしょう。

タレントだけでなく、一般人でも、自分の返済能力を超えた借入をしてしまったがために、コロナの影響で返済に困窮している人を見かけます。

彼らは例えば、ボーナスありきの返済計画など無謀な計画を立てているがために、いざと言う時に困るわけですよね。

家を買うなとは言いませんが、自分で毎月、無理なく返済できるレベルの金額を把握しておき、その範囲内で返済できる物件に絞ることが重要です。

もちろん家を買ったからには、ローンの返済だけでなく、固定資産税や修繕費の積み立てなど、付随する費用も多いことを理解しておく必要があります。

無計画・無謀な計画は、自分だけでなく、家族にまで迷惑をかける可能性があります。

ローンのご利用は計画的に。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました