【悲報】「トリキの錬金術」がネット上で話題に・・・Go to eatキャンペーンを悪用する乞食が急増。

社会・政治
スポンサーリンク

昨日、Twitter上で『トリキの錬金術』なるワードがトレンド入りをしていました。

どうやら、10月からはじまった『Go to eat』キャンペーンの抜け穴を活用して、激安チェーン居酒屋の『鳥貴族』で錬金術なるものを実行している輩がたくさん現れてしまっているということです。

ネット予約でポイント付与!『GoToイートキャンペーン』がスタートするも……「トリキの錬金術」がTwitterのトレンドに|ニフティニュース
2020年、新型コロナウイルスの影響により観光や飲食業界などさまざまな業種が甚大な影響を受け苦境に立たされている。政府は、そういった業種を支援し消費を喚起する目的で「GoToキャンペーン」をスタート。…

「GoToイート」は、25%が上乗せされるプレミアム商品券の販売や、飲食サイトを通して予約し来店したらポイントが付与されるといったような内容だが、このポイント付与制度に対しての裏ワザのようなやり方がネット上で問題視されている模様。

予約サイトを通じて来店した場合、15時までのランチは500ポイント、それ以降は1000ポイントが後日付与される仕組みだが、飲食代をそれ以下におさめると実質得をするという状態に。特に、一品298円(税込327円)均一の居酒屋チェーン「鳥貴族」が“狙われる”結果となり、「鳥貴の錬金術師」というフレーズが拡散されていたようだ。

まあ、少し考えれば誰でも思いつくような内容ではありますが、これを実行している人がたくさん現れるとは非常に残念な気持ちになります。このようなキャンペーンに下限金額を設定すれば解決する話ではありますが、すでに動いてしまっている分、すぐに変更するのは難しいのかもしれません。

キャンペーンサイトから予約をしながら、来店してから注文するのは焼き鳥一本だけとか、釜飯などのコスパの良い商品を一点だけ頼むというスタイルで差額のポイント分だけ儲けるという手法が横行しているようだ。

ちなみにこの方法を利用すれば327円の精算に対して、1,000円分のポイントが付与されるため、一件あたり673円の儲けという形になる。しかも利用制限がないため、10軒の鳥貴族をはしごした場合、消費者側に6,730円分の利益が発生するということになります。

今からでも、下限金額を設定し、すでに利用した分についても、下限金額未満は対象外とするか、1日の利用回数に制限をつけるのが適当だと言えるでしょう。

もちろん、この方法は決して錬金術などではありません。被害者は『鳥貴族』であり、同社に投資している投資家たちです。鳥貴族のビジネスモデルは全品を統一価格に設定することで、目玉となる焼き鳥などで赤字を計上しながらも、お酒などのドリンクで儲けを発生させるというものです。この辺りは他の居酒屋チェーンと大差ありません。

しかし、一人の客が食べ物を一品だけ頼むというような注文方法が横行すれば、同社にとっては人件費すら回収できない由々しき事態となるわけです。

確かに、理論上問題はなく、法律の抜け穴を上手く活用したと言えるのかもしれませんが・・・実に情けないなと感じてしまいます。こう言った乞食行動を目の当たりにすると、『お金持ちは意地汚くて、貧乏こそが美しい』などと言った概念がいかに誤ったものかがよく分かります。必死になって鳥貴族をはしごしているような輩がお金持ちだとは思いませんし、貧乏だからといて清廉潔白な姿でしょうか?

個人的には非常に卑しく、愚かしい行動だと思います。財布以前に心が貧しいのだろうなと推測されます。正直、そんな『錬金術』に尽力している暇があるなら、少しでも生産性のある行動を取れば良いのにと思うわけです。

このような『錬金術』は再現性に乏しく、すぐに規制がかかる可能性を否定することはできません。そんなことに一生懸命、時間と労力をかけるくらいなら、もっと再現性のあるビジネスや生産性のあるアイデアを生み出すために自分自身の時間を活用した方が有意義だと言えるでしょう。

貧乏人は清く正しいなんて、誰が言い出したのか分かりませんが、そんな人は今の日本には存在しません。経済的に余裕がないために、他人のことを考えられないような人がこう言った迷惑行為を平気で錬金術などと言い、拡散してしまうのです。どこが清く正しいのでしょうか。

もちろん、貧乏でも素晴らしい人も中にはいますが、平均的にお金に余裕がある人の方が精神的に余裕があり、人にも優しくできるものです。

別に法令違反ではないので、追及することはできませんが、それにしても思いついたらやっちゃうというのが現代人のダメなところだと思います。

即断即決が良いケースもあるので一概に言えませんが、相手の立場にも立って考えることができるか否かというのは非常に重要な思考回路だと思います。

頑張って10軒回って7,000円弱の利益を上げる時間があるなら、その時間で勉強したり、副業したり他のビジネスアイデアを考えたりした方が良いんじゃないの?と個人的には思います。この拡散の影響で、もしかしたら同様の抜け道を活用する人々が増える可能性がありますが、それでも否定的な意見が多かったのがせめてもの救いですね。

自分でもやろう!などといったバカみたいな意見が増えるようなことがないよう、日本人の『民度』を問われる時がきているのかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました