【悲報】36回の分割ローンで買われた猫の結末が悲惨・・・

マネー論
スポンサーリンク

コロナの影響でテレワークが増えたこともあり、自宅でペットを飼うという人が増加傾向にあるようです。私の同僚にも、一人暮らしながら、テレワークに入ってからペットを飼い始めた方がいます。ずっと家の中で一人きりだと心が荒ぶため、心の癒やしを求めてペットを飼う人が増えおり、これから飛躍的に飼育頭数が増加する可能性があると言われています。

しかしながら、犬や猫をペットショップなどで購入する場合の値段は高額で、一括で支払うことができずに、最近はローンを組んで購入する人も増えているということ。また、ペットの購入を目的としたローン商品を取り扱う銀行も出てきており、それを利用することが一般的になりつつあるようです。

そんなにお金に余裕がないのであれば、ペットを飼育するのを諦めた方が良いんじゃないかと思いますが、ペットとの出会いは一期一会。分割購入することもできるという手軽さも含め、安易にペットを購入してしまう人も増加傾向にあるとのことです。

東洋経済オンラインに掲載されていた記事が、そんな分割購入されたペットの悲惨な末路を記事に取り上げています。

「36回ローンで購入された猫」の悲しすぎる結末 | ペット
日本で飼われているペットの数は年々増加傾向にあり、その総数は15歳未満の子どもの数(1533万人)を追い抜きました。一般社団法人ペットフード協会が発表した「2019年全国犬猫飼育実態調査結果」によると、犬は87…

今回の主人公のAさんは、『ローンを組んで猫を購入したのですが、収入が減りローンも払えないし、飼育もできない』という現状に困っているという。ある日立ち寄ったペットショップで一目ぼれして、全額支払うのは無理だったので、残りは月々5000円36回払いのローンを組んで購入したとのこと。

前述の通り、そんなカツカツの家計で、そもそもペットを飼うことを選択するのが甘いと言わざるを得ないのですが、案の定家計は圧迫され、いざ飼い始めると医療費などに、思っていた以上のお金がかかってしまったというのです。まだ、返さなきゃいけないローンは半分以上残っているということです。

ペットは当然、生き物ですから食費もかかるし、病気にもかかります。最近はペット保険の加入者数が増加していると言われるように、おそらく我々が生活していくのに必要な程度の出費はペットに対してもかかってくると見て間違いないでしょう。

また、これも当然ですが、猫であれば、壁を引っ掻いたりすることで壁紙が傷つき、想定外の修繕費用がかかったりすることも想定しておかなければなりません。

私も動物は好きなのでペットを飼いたいなーと思うこともありますが、今のところその気持ちを抑えています。今はほぼ完全にテレワークができている状況ですが、今後もしも出勤しなければならない状況が戻ってきた場合、誰もいない部屋にペットを一人ぼっちにするのは不憫だなと思ってしまうので、抑えることができています。

テレワークでペットを飼い始めた人たちは、将来のこともきちんと考えているのでしょうか?犬や猫を飼い始めたとしたら、少なく見積もっても10年単位でお世話をする必要があります。その間にライフスタイルは変わるかもしれませんが、きちんと責任を果たすだけの覚悟を持ってベットを飼おうと考えているのかな?と考えてしまいます。

Aさんのように、コロナの影響は関係なく、もともと生活に余裕がなかった人が寂しさという一時のテンションでペットを飼ってしまうと悲惨なことになりかねません。

Aさんに飼われた猫は、筆者の方曰く、歩く姿はヨロヨロで、触ると全身が毛玉だらけ。体もガリガリにやせているということです。エサを与えても食べる様子がなかったので、動物病院で診察を受けると、衰弱していることに加えて、軽い熱中症の症状、腎臓の機能も低下していたということです。

同様の症状を、人間の幼児相手に放置していたとしたら虐待や育児放棄として逮捕されてもおかしくない案件です。もちろん、ペットだから良いということではなく、ペットとしてきちんと可愛がってあげることすらできない人にはペットを飼う資格は無いと言えるのではないでしょうか。

結局、愛猫をガリガリに痩せさせてしまったAさんは里親を探し、手放すことになってしまったということです。結果、Aさんに残ったのは、まだ半分以上残っている購入時のローンと、猫を飼育するためにキャッシングしたローンの返済だけでした。

犬や猫の生涯を全うさせようとした時、概算ですが、飼育費用は100万円〜200万円ほどかかるそうです。もちろんこれとは別に犬や猫を買うときの費用もかかるわけですから、自分自身にそれだけのお金を拠出することができるのか考えてから行動する必要があります。

以前も記事にしましたが、貧乏になる人は基本的に『想像力に欠ける』人が多いと言います。

【悲報】想像力が無いと貧乏になることが判明。今の日本が貧しい理由。
マイナビニュースにてとても興味深いコラムが掲載されていました。タイトルはズバリ、『想像力が無い人が貧乏になる理由』です。今の日本人には耳の痛い内容では無いでしょうか。例えばあなたは、何かモノを買う前にしっかりと考え...

今、この瞬間のことだけでなく、10年先、20年先のことを考えて行動することができなければ、衝動的な行動でジリ貧に追い込まれる可能性があるのです。

今回のAさんの件も同様で、将来にわたる出費に目をつぶっていたがためにAさんにとっても、猫にとっても悲しい結末を迎えることになってしまったわけです。

何も、将来のことを完全に見通せと言うのではありません。それは不可能です。ですが、自分が今、この行動を取ったことで、10年後、20年後にどうなるだろうと想像することは可能です。特に命に関わることであれば、人であれ動物であれ、きちんと将来を考えた上で行動に起こすことは必要です。

時と場合によっては反射的に、スピーディな反応をした方が上手くいくことは多いですが、今回のようなケースでは衝動的な行動はご法度だということがよく分かります。

ペットが好きなのは良いですが、生き物の命を預かるということを肝に銘じて、軽はずみな行動は控えるべきだと私はそう思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました