【考察】お金の管理力が無い人が、まず始めることは何か?

マネー論
スポンサーリンク

日本人は、お金について他人と話をするということが少なく、他人とお金について話し合うことは『下品なこと』と考えている人も少なくありません。

しかし、生きていく上でお金が必要不可欠なものである限り、お金の管理は必須です。社会人になっても「自分のお金について知らない、よく分からない」といった状態では困りますから、お金の管理能力が無い人が始めるべきことについて、今回は取り上げていきたいと思います。

「お金能力ゼロの人」が、まず始めるべきことは? | TRILL【トリル】
月にいくら使っているのか、収入がいくらなのかすら分からない「お金能力がゼロ」の人はまず、何から始めるのがいいのでしょうか?
スポンサーリンク

収入を把握する

信じられないかもしれませんが、お金の管理能力がゼロの人は自分の収入すら把握していないという人がいます。サラリーマンでも給与明細を見ていないという人もいますし、銀行口座に給与が振り込まれるため、いくら稼いだのかというのをきっちりと把握できていないという人が少なくはないのです。

お金管理の第一歩は、お金事情を知ることです。毎月の収入、支出、黒字、赤字の金額を把握しましょう。まずは現状把握が大事だと言えるでしょう。

預貯金とクレジットカードの支払いに注意する

収支の現状把握をしたら、次はB/S、残高の把握を始めましょう。自分自身の預貯金や、保有しているか分かりませんが、株や投資信託の残高なども把握しておく必要があります。

また、それだけでなく、負債についても把握しておく必要があります。車やマイホームのローンと言った借入金はもちろん、クレジットカードの支払いなどの未払金についても把握し、どれだけ預金残高が減少するのかということも頭の中にインプットしておく必要があると言えるでしょう。

分割払いやリボ払いにも言及されていますが、そもそもそれらの支払い方法は余程のことがない限り選択肢にすら入れるべきではありません。

ローンやキャッシングの金利、手数料は要チェック

複利の力というのは味方にすれば大変頼もしい存在ですが、敵に回せば恐ろしいものです。ローンやキャッシングに手を出したために複利の力を敵に回し、ジリ貧に追い込まれて破産寸前というところまで行った人を私は何人か見てきました。これらの金利は法定ギリギリのところに設定されていますし、いまだに法定アウトの金利でお金を貸すいわゆる『ヤミ金』業者が横行しているのは事実です。

そもそもローンやキャッシングには安易に手を出すべきではないのですが、仮に手を出してしまったとしたら、今の借入残高に対して、どれくらい金利がかかっているのか。また手数料はどれくらい取られているのかという項目はチェックしておいた方が良いでしょう。それを確認していかにローンやキャッシングが恐ろしいものかということを肝に銘じ、同じ過ちを繰り返さないようにお金の管理を徹底していくことが重要と言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回挙げたようなものは、お金の管理のレベルとしては本当に初期中の初期であり、まずはこれくらいできないと、まともに貯金もできないというようなものですが、基本ができてこそ、貯金や投資にお金を回すことができるというものです。ベテランの投資家といえど、自分でもきっちりとこの基本的な部分ができているか、改めてチェックをしてみるのもいいかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました