【悲報】「積立投資だけで老後は安心」と楽観視していた40代男性の悲劇・・・あなたは将来、どれくらいの資産が必要ですか?

投資の考え方
スポンサーリンク

ダイヤモンドオンラインにて、大変興味深い記事を発見しました。

「積立投資で老後資金は大丈夫」とタカをくくった40代会社員の大誤算
iDeCoやつみたてNISAなど、積立投資に取り組む人が増えてきました。そのこと自体はいいことですが、制度を利用しているからといって「老後資金はこれで大丈夫」と思っている人が少なくないようです。果たして本当にそうでしょうか。

ここ数年で、NISAやiDeCoなどを活用して投資をされている方が徐々にではありますが増えてきているような気がします。特に若い世代では投資に対してネガティブに捉える人も少なくなっており、「投資はギャンブルから学びへ」と捉える傾向にあるようです。

しかし、中には、NISAやiDeCoを続けているだけで将来は安心だと考えてしまう人もいるようです。

先日相談に来られた会社員のFさん(43)も、初回の相談時、すでにiDeCoを始めていました。自分で投資する商品を調べて選び、小遣いから毎月1万2000円の掛け金を出しています。これはFさんの上限額になります。将来のためにと、ただなんとなく始めたのですが、この積立額が将来いくらほどになるのかは見当がついていません。

「定年するまでには700万円以上にはなっているかな」と、大雑把に考えているようでしたので、実際いくらになるのか金融庁のサイトを使ってシミュレーションをしてみました。

 だいたい3%くらいで運用できるのではないかと見込み、入力してみると、17年後の60歳時点の金額は約320万円。定年の年齢が繰り下がり、iDeCoを65歳までできると仮定しても22年間で450万円ほどです。期待していた金額より少なくがっかりしています。

ここに大きな落とし穴がありそうです。平均リターンが3%というのは少し保守的な考え方ではありますが、仮に米国株の過去の平均リターンである7%という平均リターンを達成できたとしても、17年間では468万円の資産にしかなりません。

ちなみに毎月12,000円の積立投資で17年間で700万円の資産を形成しようとした場合、平均リターンは10.8%が必要であることが分かりました。

複利の世界では1%のリターンの違いがものすごい大きな影響を持ちますから、平均リターンを7%から10.8%に引き上げることがいかに難しいかがよく分かりますよね。コツコツ積立投資では、毎月12,000円の積立投資を700万円に成長させるには、楽観的に考えても21年以上はかかるようです。

会社員のFさんのケースでは、いち早くiDeCoを始めていたというのは大変意識の高い行動だと思いますが、詰めが甘かったのは、投資のリターンを少し甘く見積もり過ぎていたことです。投資を始める前の時点で、ある程度、将来の目標となる資産額を設定し、それに向かって、『毎月』、『何に』、『どれくらい』の積立投資が必要なのかを考慮する必要があると私は考えております。

Fさんの場合は、今のiDeCoの積立投資だけを続けている状況では、保守的に見積もっても、想定されていた金額の半分くらいしか用意できないことが分かりました。だとすれば、Fさんはどうするべきなのでしょう?

答えは実にシンプルで、目標に届かないなら投資額を増やせばいいのです。iDeCoだけで700万円には及ばないことが分かったのであれば、NISAも併用して毎月の積立投資額を増やせばいいのです。

仮にiDeCoの12,000円と、つみたてNISAの月平均33,333円の合計、45,333円を17年間、保守的なリターンである平均3%で運用できたとすれば、定年時点の17年後の資産総額は1,200万円を超える計算になります。

iDeCoだけではなく、つみたてNISAも活用すること、もっと言えば、まだ余裕があるならこうした制度を活用する範囲を飛び越えて、自分のリスクコントロールができる範囲で投資額を増やしていけばいいのです。

Fさんの場合、問題だったのは事前シミュレーションを怠り、将来の儲けに対して楽観的すぎたことだと言えるでしょう。投資というのは、皆さんが思っているほど恐ろしいものではないですが、逆に皆さんが思っているほど儲かるものでもないのです。

投資に対して悲観的になりすぎるのは問題だと言っていますが、逆に楽観すぎるのもどうかと思います。投資をするということであれば、例え過去のデータがそのまま当てはまるとは限らなくても、事前にある程度シミュレーションをして、目標への道筋を考えておくのが健全と言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました