【朗報】年収800万円の子供部屋おじさん、収入の半分を投資や貯蓄に回している模様。

投資の考え方
スポンサーリンク

様々な年代のキャリア形成や働き方、ライフスタイルについてのコラムや記事が掲載されているメディア『キャリコネニュース』に面白い投稿がありました。

年収800万円でも"子ども部屋おじさん"の40代男性 「自由にお金を使っても毎年300~400万円を投資や貯金に回せている」
年収800万円でも住まいは"子ども部屋"世帯年収600~800万円でも、日々の生活が苦しいという人は多い。そうしたなか同年収帯のキャリコネニュース読者からは、「年間貯蓄が年収の2割近くなので、余裕があるように感じる」(30代男性/広島県/医療職)といった声も寄せられている。備えあれば患いなしとはよく言うが、その通りなの...

愛知県にお住まいの40代男性は、メーカーに勤務しており、給与のみで年収700万円ほどの収入があるという。それに加えて投資や副業で、年間で100万円ほどの収入があり、「申告書ベースでは年収800万円」とのことです。

「現在の生活に不満はありません。手取りが足りないなら、収入を増やすのと同時に、ふるさと納税やiDeCoなどで節税すれば良いと考えています。いわゆる子ども部屋おじさんなので、自由にお金を使っても毎年300~400万円を投資や貯金に回せている点は満足しています」

年収800万円を超える男性でも、実家暮らしの子供部屋おじさんとは驚きです。人によっては自立心がないとか言ってくる人もいるかもしれませんが、高収入を得た上で子供部屋おじさんができるというのは結構恵まれていると思います。

愛知のメーカーということですから、おそらくトヨタ関連の企業にお勤めなのでしょうが、給与水準も安定して高いですよね。年収700万円以上稼ぐ人は、全体の上位14%ほどと言われていますから、それだけの収入がありながらも実家暮らしで出費を抑えられるのであれば、金銭的な面での将来の不安は無いと言っても過言ではないでしょう。

また、私と同じような属性のサービス系で年収650万円を得る神奈川県の30代男性も「独身ですが、余裕はあります」とコメントしている。

「年に数回の旅行よりも、休日はほぼチワワと一緒です。お金は犬関係の費用、飲み会や友人との会食くらいにしか使いません。年間200万円ほどを貯蓄や投資に回せています。ペット可の賃貸が最優先だったので、家賃が9万円とやや高めです」

節約のために家賃は出来るだけ抑える!みたいな風潮もありますが、ペット可の物件であれば、少し割高になってしまうのも仕方ないことと言えます。

神奈川県で家賃9万円は決して安くはないですが、高すぎるというほどでもありません。ペットと一緒に暮らすことに生きがいを感じているかれにとっては、それが最重要事項なのです。

しかも、それ以外の贅沢はほとんどしていないようで、年間200万円ほどの投資や貯蓄を継続できているというのは素晴らしいことだと感じます。

投資や貯蓄が上手い人は、人の意見や他人の視線に惑わされることはないですし、自分の中で優先順位を決めて贅沢するところと節約するところの線引きが上手いです。

もし、他人の目が気になる、親戚の批判や他人の声が気になると言う人であれば、年収800万円ほどを稼ぎながら、40代で実家暮らしというのはできないでしょうし、ペットに囲まれた幸せな生活を送ることもできなかったかもしれません。

積極的に投資や貯蓄をしている人は、自立心が高い人が多く、自分の芯を持っている人が大半です。というか、それくらいの個性がなければ投資や副業で成功するのは難しいのかもしれませんね。

子供部屋おじさんというのも、引きこもりで収入がないというのであれば社会問題ですが、平均以上の年収を得ながらも子供部屋おじさんを続けられるのであれば、これからのライフスタイルとしては悪くない選択肢なのではないでしょうか。

私の友人の中にも、高収入を得ながら子供部屋おじさんを続けている人も結構います。実家の家業や親が運営している診療所を継ぐ予定の友人も多いです。彼らは実家暮らしのいわゆる『子供部屋おじさん』ですが、高収入を得ているため裕福な暮らしをされています。

もちろん、投資に興味を持ってコツコツと投資をしている人も多く、30歳でも数百万円規模の資産を築いている友人も何人かいます。

彼らは実家暮らしですが、自立した生活を送っていますし、実家暮らしでも楽しく暮らしておられます。高収入を得た上で実家で暮らせるなら、将来の金銭面という面で見ればかなりのプラスとなります。金銭面では苦労することはないだろうと思います。

幸せの形というのは人それぞれに色々あります。子供部屋おじさんでも幸せに暮らしていけるのであれば何の問題もないでしょう。これからの時代、生涯未婚の割合もさらに増えるでしょうから、別に一人暮らしをしなければならないということもないでしょう。

年収800万円を得ながら、実家暮らしで出費を抑えることができる環境にあるなら、その環境を大いに生かして、これからも投資や貯蓄に力を入れていくのがベストだと思います。

一人一人が自分の置かれた状況や環境において、最高のパフォーマンスを叩き出せるようにポートフォリオを組み立てるのが大切だと言えるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました