【悲報】貧しくなっていく国、日本。ついに「昼食はカップ麺」が贅沢だ!と叩かれてしまうハメに・・・

マネー論
スポンサーリンク

カップ麺やインスタントラーメンと言えば、日本が生み出した世界に誇る食品の一つであり、災害が多い国・日本においては非常食としても非常に優秀な一品となっております。しかし、カップ麺と言うと、以前はお金がない苦学生や、貧乏人が常食しているというイメージが強かったのですが、ついに「昼食にカップ麺を食べてる」という発言に「贅沢だ!」というような声が上がるほど、日本は貧しくなってしまったようです。

世帯年収400万円の男性が「昼食はカップ麺」と嘆き 怒りの声は正しいのか - ライブドアニュース
キャリコネニュースが9月25日に配信した「世帯年収400〜600万円の実情『昼食はカップ麺。毎月カツカツ』」という記事が、ネット上で話題となった。年収400〜600万円世帯の声を伝えたもので、とりわけ「毎月カツカツ

「毎月カツカツの生活。住宅ローンや固定資産税、子どもの塾代と、出て行くお金ばかり。昼食はカップ麺の毎日」

掲示板に投稿されたこの投稿は、年収400万円の40代男性の嘆きだという。しかし、この投稿に対して、他の掲示板にスレが立ち、7000を超えるコメントが殺到しているというから、かなりの注目を浴びているものと思われます。

しかも、そのコメントの中には、「カップ麺なんて贅沢品なんだよ 前の日の残飯タッパに詰めてもってこいや」や「弁当作れ」、と言ったカップ麺が貧乏エピソードとして語られていることに怒りを覚えるコメントや、

「どうせタバコ吸っていたり 酒飲んでいるんだろそれやめればいいのに」
「350で子育ててるわ 甘えてんじゃねえぞ」
「この年収は地方じゃ上流階級です」

などといった、こういう掲示板ではお馴染みの、『自分の方が貧乏』自慢が沸いて出ていたのである。いつの間に日本はこんなに貧しい国になってしまったんでしょうね。。。

確かに、カップ麺というのは意外と高いと言われています。特売でも100円を前後するカップ麺は、他に何か一品でも付けようものなら、1食300円前後になることも多いです。お弁当を持っていけば、おかずを豪華にしてもおそらく1食分の費用は100円前後で収まりますから、カップ麺が贅沢品という言葉もあながち間違いではないかもしれません。

また、年収400万円という収入にしては、身の丈に合わない生活をしていると指摘する言葉も多く、家を買ったり、子供を高い塾に通わせたりするのは完全に自分たちの金銭管理が甘いからだという辛辣な意見も多かったです。

確かに文面だけ見ると、節約の工夫もなく、身の丈に合わない生活をしているように見えるので、自己責任を問われるのも分からなくないですが、カップ麺と子供の塾を贅沢品だと言われてしまうと何とも切ないですよね。

親として子供には望むような教育を施してあげたいでしょうし、お子さんがいらっしゃるのであれば教育費はやはり優先して拠出すべきものだと考えています。子供が興味のあることを何でも経験させてあげるという生活をするくらいの権利は誰にでもあるのではないでしょうか。

私ももし子供ができたら、子供が興味を示したことには挑戦させてあげたいですし、私が学んできた投資に関する知識も余すところなく伝えていきたいと思います。まだ予定はないですが、そのために私はコツコツと資産を築いているという面もあります。

たとえ年収が低かろうが、収入の一部をとっておいて生活ができる習慣がついているのであれば、お金に困ることはありません。そして取っておいた収入の一部を投資に回すことで、時間をかければそれなりの資産を築き上げることができると私は考えています。そしてそれを実行し続けています。

カップ麺を食べているだけで叩かれるような貧しい国になってしまったからこそ、ほんの少しでも投資を始めて、数百万円程度であっても資産を築くことができれば、だんだん人生はイージーモードに変わっていきます。

すでに40代の彼の場合は、毎日カップ麺を食べているような生活はあまり好ましい食生活とは言えないでしょう。現代の40代は、働き盛りであり、生活習慣病などを発症し始める年代でもあります。いつまでも20代・30代のような、身体のことは二の次というような食生活をしていては、あなたが倒れてしまうことになります。

世帯年収400万円=彼の収入となっているので、仮に今この男性が倒れれば、この世帯の収入源は完全に断たれることになるでしょう。それでは子供の塾代うんぬんと言っている場合ではなくなります。

そういう意味でもカップ麺生活からは抜け出して、簡単なものでも自炊を始めることはオススメしたいですね。

毎日カップ麺を食べていたら、贅沢だ!と叩かれるような日本では、まだまだ投資という概念が根付いておりませんし、これからも根付くような環境ではありませんので、どんどんジリ貧になっていくことでしょう。

いつの日か、「弁当なんて贅沢だ!その辺の草でも食っとけ!」と叩かれるようになってしまうかもしれません。

そんな貧しい未来が訪れる前に、今からでも遅くありません、株式投資を通じて、資産を形成し、将来への備えをしていくのが適切な行動なのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました