【朗報】楽天モバイル、5Gを大手の半額以下の月額2,980円で提供する。大手キャリアの値下げへ更なる追い風か。

社会・政治
スポンサーリンク

読売新聞によると、通信業界に参入した楽天は、30日にサービスを開始する個人向けの高速・大容量通信規格「5G」の携帯電話事業について、料金をデータ使い放題で税抜き月額2980円とする方針を固めたとのことだ。

【独自】楽天5G、大手の半額以下の月額2980円…きょうサービス開始 : 経済 : ニュース
楽天は、30日にサービスを開始する個人向けの高速・大容量通信規格「5G」の携帯電話事業について、料金をデータ使い放題で税抜き月額2980円とする方針を固めた。NTTドコモなど大手3社より大幅に安く、半額以下となる。すで

NTTドコモなど大手3社より大幅に安く、半額以下となる。すでに5Gに参入している大手3社への値下げ圧力がさらに強まる可能性があると見られています。

この2,980円という価格は、現行の『4G』と同価格となっており、楽天は携帯の基地局建設にかかるコストを削減することなどで、低料金でサービスの提供が可能になると主張しております。

データ利用量の上限無しで、新しい規格の『5G』が、3,000円弱で提供されるというのであれば、これはかなりの朗報ではあります。もちろん、本体は5G対応の機種を用意する必要がありますが、大手キャリアが7〜8千円台で5Gを提供していることを考えると、破格の値段だと言えるのではないでしょうか。

しかし一番の問題なのは、やはり楽天モバイルの『使い勝手の悪さ』でしょう。私は以前よりは、楽天に対してアレルギーは無くなり、楽天経済圏に入っているのですが、スマホのキャリアはUQモバイルを利用しています。

初期ほどの割安感は無くなってきているので(と言っても大手キャリアよりはかなり安いですが)、他のMVNOや、格安の業者に切り替えようかと考えているのですが、楽天モバイルはいつも候補に挙がっては、やっぱりやめとくかという結果になります。

楽天モバイルを躊躇ってしまう一番の理由が、やはり『通信環境の不安定さ』です。私自身利用したことがないので、滅多なことは言えないのですが、口コミやユーザーの声を聞いていると、まだまだエリアが狭くて繋がりづらいという印象を受けてしまうのは仕方のないところです。

格安業者なんて、どこの企業もおなじでしょ?と考えている方も多いかもしれませんが、MVNOとは言え、馬鹿にはできません。私は結構長い間、UQモバイルを利用していますが、利用し始めてから今まで、繋がりづらくて困ったという経験はありません。

それは都心だからという訳ではなく、もともと関西の実家で生活をしていた頃からUQモバイルを利用して問題なかったのですから、少なくともUQモバイルは地方でも大手キャリアと比べても何の遜色もなく利用できるMVNOだと感じています。

しかし、楽天モバイルは少なくとも通信環境においてそれほど評価を得ている印象はありません。毎日利用するスマホですから、値段が安いというのは魅力的ですが、安かろう悪かろうでは、やっぱり躊躇ってしまうというのが正直な感想です。

また、昨日はNTTが、ドコモを完全子会社化するという超大型のTOBが大きな話題となりました。

ドコモ完全子会社化「携帯料金の値下げにつながる」──NTT澤田社長 - Engadget 日本版
NTTがNTTドコモの完全子会社化を正式発表しました。TOB(株式公開買い付け)を9月30日から11月16日まで実施予定。投資額は約4.3兆円にのぼります。

これは、半分官製企業とも言える、NTTがドコモを買収することで、菅政権の推し進める通信料の引き下げを、ドコモが先導して進めていく姿勢の表れなのではないかと見られています。

もしもドコモが大幅に通信料金を引き下げてきたとすれば、他のキャリアも追随して引き下げするしかないですよね。とは言え、大手キャリアがどこまで通信料金を引き下げてくるかは分かりませんし、どれだけ頑張ったとしても、楽天モバイルよりは高価格になってしまうでしょう。

大手キャリアが通信料金を引き下げ、楽天モバイルが通信環境が悪いというイメージを払拭させ、さらにMVNOが安くて品質の良いサービスを提供してくれるのであれば、ユーザーとしてはますます便利な世の中になっていくだろうなと感じますね。

ただし、ユーザーとして嬉しいということは、反面投資家としてはあまり喜ばしい状況とは言えないでしょう。ドコモの株価は昨日、株価が急騰しました。これはNTTによる買収価格が1株当たり3,900円と、かなりのプレミアムを上乗せしてくれたことが要因です。

しかし、競合のKDDIとソフトバンクは昨日、仲良く4.14%の下落となっており、ソフトバンクに至っては、上場来の最安値を更新してしまうこととなりました。

やはり、通信キャリア各社に投資していた投資家にとってはかなりのマイナスイメージということですね。通信料金が引き下げられれば、収益性が悪化するので当然と言えば当然ですが。

さて、このゴタゴタの中で、楽天モバイルは顧客からの信頼を取り戻し、第4のキャリアとして大きく飛躍するのか?今後の楽天モバイルの行く末に注目してみたいと私は思います。

ユーザビリティを上げてくれるなら、楽天モバイルに変更しても良いかなって思うので、もう少し頑張って欲しいですね!

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました