【考察】『株の現金化』はいつするのがベストか。株を売るのは買うより難しい。

投資の考え方
スポンサーリンク

9月に入り、株式市場はどっちつかずの不安定な状態が続いておりますが、こういう相場が続くと、『どの投資方法が正しい』だの、『自分の方がパフォーマンスが良い』だのと言った、無意味な争いがSNS上で繰り広げられることが多いです。

しかしあまり論じられる機会が無いのは、『株を売るタイミング』について。株の現金化に触れられている人は少ないように思います。

当ブログと相互リンクしていただいている、退職金ぶちこみ太郎さんも先日、株を売るタイミングということで、『オニール流』の利益確定について、記事にまとめておられます。

【株を売るべきサイン】オニールの利益確定のタイミングを簡潔に書きましたw : 退職金ぶちこみ太郎の株式投資
お疲れ様です。退職金ぶちこみ太郎です。株価が下がりそうになると、投資家は様々なアクションを起こします。時には新たに株を購入し、時には債券やゴールド、ETFを買ったりします。そこで、参考になるのは投資ブログです。ゴールドは買いだ!マネーの大移動 金投資の時代が

確かに、株を買うよりも、どちらかと言えば売る方が圧倒的に難しく、株を買うのが『スタバでフラペチーノを頼む』よりも簡単なことだと仮定するならば、株を売るのは『サブウェイでベジーデライトに追加トッピングをお願いする』程度には難しいことだと思います。それくらい株を買うことと株を売ることは別物だと言えるのではないでしょうか。

さて、そんな難しい株を売るタイミングについて、幻冬舎ゴールドオンラインにて、取り上げられている記事を発見しましたので、私も改めて”株の売り時”について考えてみました。

意外と答えられない「株を現金化する」ベストタイミング、4つ | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
なぜ株式投資をしているのか。色々な理由はありますが、「現金を得たいから」という動機に「No」という人はいないでしょう。では株式をいつ換金すればいいのか、きちんと意識している人はどれほどいるでしょうか。今回は、当たり前すぎて意識していない「株式の換金のタイミング」について考えていきます。※本連載では、AI技術を用いた株価...
スポンサーリンク

現金が必要な時

まず初めに、最も避けたいですが可能性が高いのは『現金が必要になった時』でしょうね。株式投資は余剰資金でというのは原則ですが、予定外の出費が嵩んだことにより、株を現金化しなければならないタイミングもあるでしょう。

また、そもそも老後生活のために積立投資をしてきた人たちは、実際に老後を迎えた時に、必要な分だけ現金化していくことは必要だと言えるのではないでしょうか。生活費のために借金をするくらいなら、当然、株を売って生活費に充てた方が良いでしょう。現金が必要な時は、泣く泣く株を売り払いましょう。

予想以上のリターンがあった時

予想以上のリターンがあった時は、その反動で下落し始めると凄い速さで調整する可能性もありますから、一旦利確するという選択肢もありなのかもしれません。これに限らず、私も基本的には売却せず保有し続けることにしているのですが、投資した当初の計画やイメージから外れてしまった場合、株を売ることにしています。

市場環境に限らず、成長性が悪化し始めたり、致命的に納得がいかない経営判断を下したり、不正会計に手を出したりするといったマイナスイメージの場合は即座に持ち株を手放すだろうと思います。

プラスでもマイナスでも、予想外の動きをした場合は、持ち株を整理するという選択肢も考えられると言えるでしょう。

含み損が予想以上に拡大している時

これはあまり望ましいことではないのですが、自分が予想していたよりも含み損が拡大してしまった場合も売却した方が賢明でしょう。ボラティリティの高い人気銘柄を短期目的で投資していたのに、株価が急落を始めると、「長期目線だから」と言って、ホールドし始める方もたまにいらっしゃいますよね。元々の投資目的を途中で変えるのは非常に危険な投資判断だと言えるでしょう。短期的なスイングトレード目的であったなら、入る前に損切りの基準などを決めておき、ルールに従って投資をした方が身のためだと言えるでしょう。

そして、長期投資目的であれば、そもそもボラティリティが高く、一時的に人気になっている銘柄はあまり手出しするべきではなく、今まで着実に成長を遂げてきて、これからも成長可能性が高いと思える銘柄にコツコツ投資していくのがベストでしょう。

より高利回りの投資対象が見つかった時

このケースはとても良いパターンですよね。若かりし頃のバフェット氏も、より高利回りのお宝銘柄を探しては、結構な頻度で銘柄変更をして、資産を拡大させていったことは有名です。今投資している銘柄よりも、大きなリターンを得られると確信できた銘柄については、そちらに資金を集中させた方が当然良い結果が生まれると言えるでしょう。自分自身、最も良いと思える銘柄に投資をするのがベストなのです。

まとめ

今回は、株の売り時について考えてみましたが、総じて言えるのは、『予想外の出来事』が起こらない限りは決して持ち株を手放すべきではないということではないでしょうか。将来の成長性を信じて株を持ち続けているのであれば、予想通りグングン成長を続けている限りは、安心して投資し続けれも良いのかもしれません。

米国株市場はそれこそ成長可能性の塊のようなベンチャー企業や、巨大化してなお凄まじいスピードで成長を遂げるグロース株がたくさんあるのです。さらに、着実に歴史を重ねていく有名なバリュー株でさえ、ジリジリと右肩上がりに株価が上昇し続けています。

米国という国に投資をしている時点で、かなりの確率で成功が約束されているのですから、自分の投資判断に自信を持って、原則的には長期投資のつもりで株式市場に長い間居座り続けることを目指しましょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました