【朗報】与沢翼氏、コロナショックでの10億円の損失を取り戻す。投資で資産を増加させるための単純な方法。

投資の考え方
スポンサーリンク

『秒速で億稼ぐ男』としてメディアに取り上げられていた頃から一転、自己破産を経験し、無一文からまたしても投資を通じて資産家に舞い戻ってきた与沢翼氏が、今月21日テレビ朝日系列の番組で近況を報告しました。

与沢翼氏 コロナ禍での資産10億円損失は「全部取り戻しました」 資産増「ものすごいリバウンド相場」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能
 実業家の与沢翼氏(37)が21日に放送されたテレビ朝日「かみひとえ」(月曜後11・15)最終回に出演。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて被った資産10億円の損失を「全部取り戻しました」と語った。

今年5月に放送された同番組に出演した際には、コロナ禍で「(資産が)今まで一番減りました」と打ち明け、「投資は2億数千万くらい損切りして、資産80億が70億になったぐらい」と告白していたようだが、一転、損失を全額取り戻したことを明らかにしました。

「株式が2億円を損切りしたんですけど、そこから4億稼いだんでプラス2億円。不動産の方はマーケットがまた戻ってきているから含み損益が消えて、仮想通貨で1億円を稼いだりした」と説明した。

先週くらいから、再び軟調な相場が訪れていますが、3月末頃の底値から考えると、米国株市場もNYダウが底値から1万ドルほどの上昇を見せ、かつてないほどのスピードでリバウンド相場が訪れたことを意味しています。

暴落がわずか1ヶ月ほどで終わることも過去にないほどの調整の早さでしたし、実体経済は何一つ回復していないにも関わらず、そこからわずか半年でほぼ元の水準にまでリバウンドするとは、とても想像ができませんでした。

また、ハイテク株の上昇は特に著しく、現状、ナスダック総合指数の株価は、ズルズルと下落し始めているとは言え、まだ1万ドルを超えており、2月時点の株価を大きくアウトパフォームしているのである。

2月時点のピーク時から比べれば、40%程度の暴落に巻き込まれたので、我々でもすでに暴落を経験した長期投資家と名乗る権利はあるでしょう。私はリーマンショック後に投資を始めたので、今年に入るまではそれほど大きな暴落相場に巻き込まれた経験はありませんでした。(チャイナ・ショックのような微妙な調整は何度もありましたが)

しかし、私は長期投資家として、暴落時にも持ち株を手放さずに、コツコツと恐れながらも追加投資をすることができました。むしろ、調整してくれたおかげで株を安くで買い増しできたのは大きなメリットでしたね。

さて、私も与沢氏ほどではないにせよ、コロナショックで溶けた含み益を一時的には全て取り戻すことができました。むしろその後、過去最高益を達成する場面もありました。

【朗報】管理人Yuki、含み益が1,700万円overで過去最高益更新へ!
株式資産3,300万円、再突破!&含み益1,700万円over!☺️調子いいなぁ〜🤔 pic.twitter.com/ZOuA4CW2KR— Yuki@Snowball (@Yuki504797...

またしても、一時的な調整場面が訪れていますが、それでも最高益近辺をキープしています。それもこれも、下落相場も上昇相場も、一貫して投資を続けたというのが大きな要因だと言えるでしょう。

私が思う投資で資産を増加させるための単純な方法は、どんな相場環境においても、投資をし続けることだと思います。

株価が下落したから計画に無いような狼狽売りしているようでは、上昇相場では資産を増やすことができるでしょうが、下落相場では一気に資産を失いかねません。本来であれば、調整をしている下落相場でこそ、成長期待が持てる銘柄を買い増しすることが重要なのですが、投資初心者や、他人の意見に流されて投資をしている人々は、千載一遇のチャンスに持ち株を手放してしまうのです。

株価が下落している時こそ、持ち株を増やすチャンスが訪れていると考えて追加投資をしていけば、資産は大きく増加していくことだろうと思います。

投資をする前に、銘柄についてよく調べ、長期投資に足る優良企業かどうかを判断し、投資を始めた後は、コツコツと株数を増やしていき、四半期ごとに業績を確認して、よほどの問題がなければ投資を継続するというスタイルを貫くだけで、資産はそれなりに増加していくことでしょう。

投資ブームの銘柄に乗っかって爆益を狙うというスタイルも人によっては悪くないのかもしれませんが、個人的にはあまり再現性のない投資方法だと感じます。

利益や損失を出しながらも、市場に残り続けるだけの覚悟があるなら、成功体験や失敗体験をもとに、トレードの判断が上手くはなっていくのかもしれませんが、それまでに市場から撤退する人がほとんどなので、大金持ちにはなれないでしょう。

フォーブス300にノミネートされるような大富豪の中に生粋のデイトレーダーが居ないのもそれが理由かと思われます。大半の人は大金持ちになる前に市場から撤退するか、そもそもデイトレードで世界の指折りの大金持ちになるのは難しいのかもしれません。仮にウォーレン・バフェット氏ほどの大富豪がデイトレードに参戦したら、その日の個別株の株価に大きく影響を及ぼすだけの資産をお持ちですからね。ある程度まで大きくなればデイトレーダーが資産を増やすのは厳しくなるのでしょうね。

そんなデイトレーダーでも、長期間生き残り続けている人は順調に資産を増やしていますし、自分で決めた投資手法を貫いて長期的に現金を何らかのアセットに投資し続けている人は結局、長期的に見れば資産を増やしていることがわかります。

あとは自分に合うスタイルを見つけるだけで、私はワイドモートを有する、大手優良企業への長期投資がベストな投資方法だと考えている訳です。

投資で資産を増加させる方法は、一つだけとは限りません。だからこそ、自分の性格にぴったりな投資方法を確立し、その手法を愚直に守って投資し続けることが、一番大切なんじゃないかなと、私は思います。

与沢氏の投資手法は与沢氏にしかできない芸当であり、猿真似をしても成功できるとは限りません。まず、投資初心者を脱却するためにも、自分自身で投資方法を考えることから始めてみてはいかがでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました