【朗報?】個人の現預金残高、史上初の1,000兆円超え!お金はあるのに日本人が貧しい理由

マネー論
スポンサーリンク

日本銀行が18日発表した2020年4~6月期の資金循環統計(速報)によると、6月末時点で個人(家計部門)が保有する「現金・預金」は前年比4・0%増の1,031兆円となり、過去最高となったとのことです。

個人の現・預金、過去最高の1031兆円…給付金支給・外出自粛が影響 : 経済 : ニュース
日本銀行が18日発表した2020年4~6月期の資金循環統計(速報)によると、6月末時点で個人(家計部門)が保有する「現金・預金」は前年比4・0%増の1031兆円となり、過去最高となった。政府による1人10万円の特別定額

政府による1人10万円の特別定額給付金の支給と、コロナウイルスによる外出自粛の影響で、手元にお金を置いておく人が増加した傾向にあるとみられます。

現預金残高が大きく回復した一方で、株価下落の影響で「株式等」は4・3%減の173兆円、「投資信託」は2・7%減の68兆円となりました。

ただし、株価が下落していたとは言え、3月時点よりは回復していたため、下落幅は縮小されたということです。

個人の金融資産の残高は1・8%増の1,883兆円となり、金融資産のうち、現金・預金が占める割合は54・7%となりました。

個人のお金が現預金に集中する傾向は依然続いており、消費や投資にお金が十分回っていないことが分かりますね。

日本人の大半がお金持ちになれない最大の理由は、このように個人の資産の半分以上が現金として眠ってしまっているからなのです。個人の金融資産の残高から見るに、株式等・投資信託の合計の割合は12.8%です。現預金の割合が55%近いことを考えると以上な低さですよね。

1,000兆円という金額は、あまりに規模が大きすぎて、どれほどの規模かというのをイメージするのは難しいかもしれません。

例えば、今の東証一部上場企業の時価総額の合計はおよそ620兆円ですから、日本国民の預金だけで東証一部上場企業の株を買い占めることができるのです。

例えば、日本の今年度の一般会計総額が102兆円ですから、日本の国家予算を10年間賄えるだけの預金が眠っているのです。

例えば、世界人口の下位38億人、つまり経済的に恵まれない世界人口の下位半分の資産額の合計は約150兆円と言われています。つまり、日本人はお金持ちではないと感じているかもしれませんが、世界の人口の下位半分が保有する富の、実に7倍近くを現預金だけで保有していることになります。

なんなら、割合として少ない株式等・投資信託の合計額だけでも、世界人口の下位半分の資産額を上回るのです。この辺りはさすが世界第3位の経済大国と呼ばれるだけあります。世界的に見ればまだまだ貧困とは言えない水準なのが日本という国なのです。

そんな凄まじい経済力を持ちながらも貧困に喘ぐ国民が多い原因としては、やはりその経済力を上手く社会に循環させることができていないからと言えるでしょう。

1,000兆円というお金がほとんど利息もつかずに、ただただ金庫で眠っているのですから、日本の経済は成長しないわけですよね。

日本がこれから経済的に成長をするには、国民一人一人が、世界中に投資をして『お金を使ってお金を稼ぐ』という資本主義の道理を学ぶ必要があると私は思います。

投資の神様、ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ(BRK)という投資会社の動向は世界中から注目を浴びていますが、そのバークシャーが投資をするために待機させているキャッシュ残高がおよそ14兆円ほどでした。日本の個人が保有している余剰資金の方が圧倒的に多いことが分かりますよね。

バークシャー・ハサウェイが子会社を通じて日本の5大商社の株を買い進めていることが明らかになり、大きな話題となりました。

【朗報】バフェット氏、日本の5大総合商社へ投資する。日本株の復活か!
先週末の安倍晋三首相の突然の辞任発表により、悲壮感漂う日本株市場に、またしても突然朗報が届きました。なんと、世界三大投資家の一人、『投資の神様』ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが、子会社を通じて日本の5大総合商社(...

バークシャーの規模も良くわかっていない、投資に関心のない日本人ほど、「日本の商社が米国に乗っ取られる」と騒ぎ立てていました。バークシャーの規模から考えれば、大した額を投資していないんですが、勘違いしちゃった日本人は「日本企業が乗っ取られる」と怯える訳です。

ですが、そこまで怯える必要はありません。そんなに外資に渡したくないのであれば、日本人が日本株を買い支えりゃいいだけの話です。バークシャーの現預金残高のおよそ70倍の現預金残高を保有する我々日本人が、株を買えば外資も簡単には手を出してこれないんじゃないですか?

そんなに乗っ取られるのが怖いなら、日本の『素晴らしい技術』が外資に盗まれるのが怖いなら、自衛のために日本人が日本企業の株をもっともっと買えばいい話ではないでしょうか。

ですが、大半の日本人は我関せずというように対岸からボーッと見ているだけです。日本企業が米国に買われ、日本の土地が中国に買われているにも関わらずです。

バブルの頃には日本人が逆に世界中の土地や株、芸術品などを爆買いしていたことを思えば、なんと情けないことでしょう。

資本主義なんて、『嫌われてナンボ』の世界です。実際、バブル時代の日本人は『下品な成金』として世界中からあまり好感を得ていませんでした。でも、裕福になるためには、世界中に点在する成長価値のあるものに投資をしてリターンを得ることが大原則なんです。

日本人のように、大人しく多額の現金を金庫の中で眠らせているようでは、これから先も、どんどん『乗っ取られていく』と感じる場面が増えるでしょう。それを防ぐためには、日本人の個人が投資に興味をもち、日本や世界の優良企業に積極的に投資をしていくという他にないのではないでしょうか。

他人事だと思って、ボーッと成り行きを眺めているだけでは、資本主義の世界ではどんどん貧しくなっていくのは、確実と言えるのではないでしょうか。世界に向けて、日本人の1,000兆円の力を見せつける必要があるのだと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました