【悲報】ヘッジファンドの帝王、今年のリターンはボロボロだった模様・・・

投資の考え方
スポンサーリンク

『ヘッジファンドの帝王』の異名を持つ大物投資家、レイ・ダリオ氏の投資成績があまり芳しくない様子だ。

ヘッジファンドの帝王タイトル失いかねない、災難続きのダリオ氏
レイ・ダリオ氏にとって今年は最悪の年だ。実際、あまりのひどさでヘッジファンドの帝王というタイトルを失いかねない。

ダリオ氏が率いるヘッジファンド会社、ブリッジウォーター・アソシエイツは今年、競合他社が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による市場混乱の中で利益を上げている傍らで大きな損失を出し、同社のファンド「ピュア・アルファ・II」の8月時点での年初来成績はマイナス18.6%となっているとのことです。

これには単純に同社が相場を読み間違えたことに加えて、大口顧客が資金を引き揚げ始め、今年の内に35億ドルが流出したことも資産がマイナスとなった要因と見られています。

さらに、元CEOとの争いなど、内部でもゴタゴタが発生していたようで、レイ・ダリオ氏としては異例の一人負け状態になっているようである。

しかし、当のダリオ氏は「人間は成功よりも過ちから学ぶものだとし、今年はたっぷり学んでいる」と語っており、今後も活躍が見込まれそうな予感がしますね。

実際、私もコロナショックからの回復相場で、過去最高資産額を突破する場面もありましたが、実際には投資が成功したと言うよりは、失敗したなと感じる方が気持ちとしては大きかったです。

今回の下落相場は私としても初めての経験する大幅な下落であり、学ぶことが多かったです。間違いを犯したらそれを正すために即座に行動を起こすべきだと言うことを学びました。

将来の成長性を感じない、もしくは回復までに相応の時間を有しそうな場合は、さっさと損切りするのが長く市場に残り続けるためには必要なのだということを学べたのは、大変大きい経験でした。

レイ・ダリオ氏ほどの大物投資家でも、まだこれから学ぶことができると向上心を持っているのはとても素晴らしいことだと感じます。

大口投資家とはいえ、結局一人の人間ですから、常に勝ち続けることなど難しいものなのです。これまでプラスになり続けてきたダリオ氏の投資スキルが凄まじかっただけです。

しかし、彼もまた失敗から学んでこれから先さらに自分のファンドを大きく成長させると考えれば、まだまだダリオ氏に資産を運用してもらいたい資産家はたくさんいることでしょうね。

ダリオ氏ほどの大物でも、失敗するし、その失敗から学んで次に活かそうとしています。自らの過ちを認め、それを糧にすることができる人は、どんな悲観的なことが起きても生き残り続けることができると思います。

我々個人投資家も、久々に訪れた不安定な相場の中で、実際に身銭を切り、資産を増減させることで日々学びを得ることができると思います。

大物投資家が失敗から学んでいる間に、我々個人投資家が歩みを止めてはなりません。長期投資家としてこれからも数十年間相場に生き残り続けるために、自らの投資スキルを更新し、成長させていくことが大切なのではないかと私は感じました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました