【考察】お金で成功できる人の特徴とは?

投資の考え方
スポンサーリンク

今日も元気に、記事になりそうなネタを探してネットサーフィンをしていると、興味深い記事を発見しました。

「お金で成功できる人」と「お金凡人」の決定的な違い (2020年9月11日) - エキサイトニュース
お金やビジネスで成功できる人の条件とは「素直さ」お金持ちになるために、なぜ素直さが必要なのでしょうか?それは、素直な人は他人の話を謙虚に聞くことができ、成功者の助言を最初から疑ったり、途中で迷ったりす...

タイトルはその名も『「お金で成功できる人」と「お金凡人」の決定的な違い』。非常に興味をそそられるタイトルです。

元記事の中では、お金やビジネスで成功できる人の条件とは「素直さ」が大切だと言われています。素直な人は他人の話を謙虚に聞くことができ、成功者の助言を最初から疑ったり、途中で迷ったりすることなく、愚直に実行できるから成功する可能性が高まると言われています。

相手の信用次第では、疑うことも時には必要ではありますが、お金持ちが語るお金持ちになる方法については素直に受け入れた方が賢明だと言えるでしょう。

成金的な成功者の語る言葉に、反発するような人たちも多いです。彼らは確かに人間性には問題がある面もあるかもしれません。しかし、一代で莫大な資産を築き上げた彼らの手腕には一目置くところがあるのではないでしょうか。

貴重な助言を受けたとしても、「そんなことは知っている」「それは自分には当てはまらない」「そんなノウハウはあまり意味がない」などと、自分の狭い価値観の中で勝手に判断してしまうことで、自分自身の可能性を狭めてしまい、行動に起こせないために、問題解決に繋がらないという結果が生じているのだと言えるでしょう。

また、投資でも起業でも、自分のメンター、つまりこうなりたいと思う目標となる人を見つけることが大切だと言っています。目標となる人物が居ればその人に近づくためにまっすぐ努力することができますしね。

そして、師匠となる人物も、自分の話を斜に構えて疑って聞くような人より、素直な人の方が、秘訣やノウハウを教えたいと思うものです。誰だって人間ですからそういうもんですよね。私も今年に入ってから今のマネージャーにマネジメントとしての業務を、後輩には決算開示業務を引き継ぎしましたが、年上でなんとなく上から目線で引き継ぎを求めてくるマネージャーより、素直に全てメモを取るぞと言わんばかりに説明中にメモ帳にタイピングしている後輩の方が懇切丁寧に接したくなるものです。

もちろん、仕事ですから過不足なく業務を引き継ぎしますが、我々も人ですから無愛想なマネージャーより、可愛げのある後輩の方が面倒みたくなります。上司からの評価も全く気にしてないので、ゴマをするつもりも一切ないですしね。笑

やっぱり幾つになっても素直さは大切です。そして、向上心を持って、自分の知らない分野についても学ぼうとする姿勢は大切ですよね。私が現在最も大きな恩を感じている執行役員の方は、弁護士としてもともと法務関連の部門の執行役員をされていました。

それが、昨年から組織編成によって、経理部門のトップも兼任されることになりました。それから1年少々経ち、今や公認会計士になれるレベルの会計知識を持っておられます。

もちろん、元々の知識や頭の良さがあってこそだとは思いますし、企業の役員クラスでは会計知識はあって当然だとも言えますが、すでに大企業の役員としての地位を持っており、40代半ばと特別若いわけではない、『就職氷河期』世代の彼ですが、自分の知らない分野でも積極的に勉強を続けることで自身の価値を高めたことで大企業の役員としての地位を築いてきたのだなと感じます。本当に心から尊敬できる人物だと思います。

お金持ちになるためには、素直さと向上心が必要だというのは、頭では分かっている人も多いかもしれませんが、その通りに行動を起こすことができる人が果たしてどれくらいいるでしょうか。

お金持ちになるためには行動力も伴わなければ意味はありません。どれだけ知識があってもそれだけでお金持ちになることは出来ませんからね。知識をうまく使ってこそ、価値があるというものですから、どんな分野であれお金持ちを目指すのであれば、『素直さ』と『向上心』、そして『行動力』を大切にしていきたいものです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました