【悲報】最近話題のドコモ口座、想像以上に闇が深かった模様・・・

社会・政治
スポンサーリンク

電子決済サービス「ドコモ口座」を通じて現金の不正引き出しが相次いでいることを受け、NTTドコモは9月10日、都内で開いた記者会見で被害者やサービスの利用者に対し謝罪しました。10日の正午までに確認された被害は66口座で1,800万円。被害者には銀行と連携し全額補償すると発表しました。

「ドコモ口座」不正預金引き出し事件、ドコモが謝罪 被害額1800万円の全額補償 「本人確認十分でなかった」
電子決済サービス「ドコモ口座」を通じて現金の不正引き出しが相次いでいることを受け、NTTドコモが都内で記者会見を開き、被害者やサービスの利用者に対し謝罪した。

しかも、ドコモ口座と言ってもドコモとの取引があるかどうかは関係なく、ドコモ口座関連の不正出金があったと発表されているのは、イオン銀行、大垣共立銀行、紀陽銀行、滋賀銀行、七十七銀行、中国銀行、東邦銀行、鳥取銀行、みちのく銀行、ゆうちょ銀行と言った多岐にわたる銀行が被害にあっているようです。

しかし、ドコモ口座問題の根本的な問題はこれだけに止まりません。丸山誠治代表取締役副社長は「本人確認が十分でなかった。被害者の方やサービスの利用者の方に深くお詫びする」と謝罪しましたが、記者会見の中でこう言った場面がありました。

記者「驚きはドコモ口座を知らない銀行にお金預けているだけの善良な市民が急に30万円抜かれること。(中略)・・・被害に遭わないために防衛策はあるか」

ドコモ「自分の暗証番号を決して他に漏らさないことが一番重要。そこさえ注意すれば特に問題はないのかなと。」

「暗証番号を漏らさなければ問題はない」などと言う発言は、本当にセキュリティに真摯に向かっている人間であれば口を滑らせても出てこない言葉だと思います。暗証番号だけであれば、セキュリティを突破するのは実際それほど時間がかかるほどのものではないと言いますし、今の時代、暗証番号程度のセキュリティで問題ないと考えているようであれば、NTTドコモのセキュリティレベルが悲しいくらい低次元であることの現れだと思います。

NTTドコモは日本を代表する企業の一つです。どれだけ低く見積もっても大企業と言える有名企業です。そのレベルの企業がいまだにこの程度のセキュリティレベルで満足していると言うのが大きな問題だと私は思います。

金融事業を行うのであれば、セキュリティの精度は最重要事項と言えるでしょう。最近はセキュリティが二重になるなど、ネット銀行などでもかなり厳重なセキュリティが標準装備となっている銀行が増えています。

面倒だなと思うこともありますが、このセキュリティのおかげで我々は被害に遭うことはありません。しかし、今回重点的に狙われた地銀などは、相対的にセキュリティが甘いために被害が拡大したと言えるのでしょう。

NTTドコモレベルの大企業がこの程度のセキュリティ意識だから、日本政府はセキュリティにアマゾン・ドット・コム(AMZN)のAWSに頼らざるを得ない状況なのかもしれません。国産のセキュリティシステムでは信用できないと言うのはなんとも悲しいことですね。

しかし、どれだけすごいセキュリティシステムを開発したところで、大企業の役員クラスがこのようなセキュリティ意識では採用されないかもしれませんね。本格的に危機感を持たなければ、世界中から日本人はセキュリティが甘いと思われてサイバー攻撃に狙われることになるでしょう。

今回のNTTドコモの騒動は日本の大企業の危機感の無さにこそ大きな問題があり、闇の深さを感じさせる内容だと思いました。『危機感』を持つことの重要さを企業・個人関わらず心に留めておきたいものですね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました