【超絶悲報】管理人Yuki、一転1日で100万円を溶かす…

投資の考え方
スポンサーリンク

ぎゃあああああああああああああああああああ・・・・・・・

うわあああああああああああああああああああああああ・・・・・・・・・

ハイテクが暴落してるううううううううううううううう・・・・・・・・・

昨日の米国株市場は、久々に大きく調整しました。NYダウは一時、下落幅が1,000ドルを超える場面もあり、今まで市場全体を牽引していたナスダックが5%弱の下落となるなど、しっかりとした調整と言う印象を受けました。

NYダウ一時1000ドル超安 AppleなどIT株が急落
【ニューヨーク=後藤達也】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均の下げ幅が一時1000ドルを超えた。アップルなど8月に急上昇したIT(情報技術)株に利益確定売りが膨らんだ。ナスダック総合指数は5%下

米国では来週月曜日がレイバーデイでお休みなので、連休前に『ロビンフッダー』を中心とした個人投資家が手持ち株を利確のために手放したのではないかと言う観測が強いです。特にこれまでの市場を牽引してきたハイテク各社が大きく下落したことからも投機的なマネーが一時的に離れていったのかなと伺えます。

一昨日には、60万円以上含み益が増加しました。

【朗報】管理人Yuki、1日で月収以上の株価上昇!NYダウは2万9,000ドル台を回復!
昨日は、過熱気味だったハイテク株、特にテスラ(TSLA)、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)などが大きく調整しました。アップル(AAPL)やセールスフォース・ドットコム(CRM)と言ったこれまで好調だったハイテク各社も調整売りが...

もちろんここが過去最高額と言うことになります。しかし、昨日の成績はと言うと・・・

・・・はい。と言うことでね。久々に目に優しいグリーンが目立つ結果となりました。一転して昨日は約110万円の下落と言うことでね。給料3ヶ月分とまではいきませんが、7ケタの下落は今年の3月以来じゃないかなと思います。そんなに毎日、日次の損益を見ているわけではないので分かりませんが、これほど市場全体が調整したのは半年ぶりくらいじゃないかなと言う印象を受けました。

NYダウは3万ドルまでかなり近づいていたのに惜しいところで調整が入りましたね。チキンレースでさすがに怖くなってしまったのでしょうか。

昨日大きく上昇したのは恐怖指数と呼ばれるVIX指数だけ。7月以来の30越えとなりましたがまだまだ低水準だと言えるでしょう。

もし仮に今夜の米国株市場も調整するようであれば、試し買いをしたいと思いますが、それでも多少の調整をしてもほとんど割高であることに変わりはないんですよね・・・

アップル(AAPL)も8%の調整をしたとはいえ、いまだに分割前の水準で言えば480ドルを超えているわけですから、まだ下がるかもと言う考えは妥当だと言えるでしょう。この調整が長期化するのかどうかは誰にもわからず、過熱感のある銘柄は一部利確しても良いのかななんて考えてしまいます。

ですが、結局は私は買い増ししたいという思いが勝つだろうなとも考えています。いくら調整したとはいえ、数年前の水準と比べれば、いや、半年前の暴落の最中と比べても、結局株価は高値水準にあるわけです。

むしろ上がりすぎていたことが懸念されているだけで、異常な割高感から、多少の割高感まで調整すれば買い増ししても良いかもしれません。

ここ最近はほったらかしにしていても株が膨らんでいく市場環境だったため、私は傍観していましたが、大きく調整が入るのであれば、喜んで投資したいと思います。

前回は、下落の初期段階で大きく投資してしまいましたが、今回はそれを反省し、下落が続くなら毎日買い増しするくらいのスタイルでもいいかもしれませんね。

利確するか、買い増しするか。これからの環境次第ではどう出るか分かりませんが、どちらに転んでも米国株市場の恩恵を受けることができるのは、コツコツと投資を続けて来た結果だと思います。例え1日で100万円以上を失っても何ら問題なく、むしろもっと投資したいと私は考えています。

下落した時こそ買い増しのチャンスです。今はまだ、割高と言えるかもしれませんけどね・・・

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました