【朗報】管理人Yuki、1日で月収以上の株価上昇!NYダウは2万9,000ドル台を回復!

投資の考え方
スポンサーリンク

昨日は、過熱気味だったハイテク株、特にテスラ(TSLA)、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)などが大きく調整しました。アップル(AAPL)やセールスフォース・ドットコム(CRM)と言ったこれまで好調だったハイテク各社も調整売りが優勢というような状況でした。

そんな状況において、それまで出遅れていたハイテク以外の株価はかなりの全面高となり、結果的にNYダウは今年2月以来の2万9,000ドル台を回復してまいりました。

NYダウ続伸、2万9000ドル回復 景気期待で454ドル高
【NQNニューヨーク=岩本貴子】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比454ドル84セント(1.6%)高の2万9100ドル50セントで終えた。上げ幅は一時500ドルを超えた。2日発表

これにはNYダウ構成銘柄を主力とする私のポートフォリオも歓喜しており、1日で60万円を超える含み益の増加となりました。含み益1,900万円も目前という水準まで株価が上昇してまいりました。

1日で60万円という、自分の月収よりも大きい金額が増え始めると、なんだかよく分からない高揚感に包まれますが、ここは一つ冷静にいきたいものです。特に、2月からの暴落時には、1日で100万円以上含み益が溶けるという場面もありましたからね。再び最高値更新を目前にして気をつけなければなりません。

ですが、素直に資産の拡大は嬉しいものですね!素直さが大切だと思いますので喜んでおきましょう。

異常とも言えるような株高の状況で、特に大きく動かなくても資産が拡大しているので、今は楽観視していますが、何度も申し上げているように、かなり警戒はしながら傍観しています。

たまに私は「昨日は1日で100万円くらい溶けた」とか、「1日で月収以上株価が上がった」という話をリアルですることもあります。もちろん、信頼できる人に限りますし、話の流れで株式投資をポジティブに捉えてもらうためにという意味を込めてですけどね。最近は人と会ってないのでその機会もめったにありませんが。

そういう話をリアルですると、特に1日で100万円を溶かした時などは、「えっ、怖くないの?」というような反応が返ってくることがほとんどです。まあ、それが普通なのかもしれません。

しかし、株価が大きく下がった時は、「下がっているので買い増しをした」という話も同時にしています。むしろそっちが本題なんですが、人は他人の損失の方に興味を持っていかれるようですね。

私は上昇時も下落時も基本的には株を買い増しするように心がけていますが、やはり下落時の時の方が買い増しする金額が大きい気がします。特に市場全体が下がり始めると、どうしても買わずにはいられないです。

でも実際、現金残高も膨らんできているので、投資したいという気持ちは強まっています。下落覚悟で何か買おうかな。私が欲しいなと思っている株は揃って割高かもしれない水準に留まっているんですよね。残念ですがそれだけ期待が大きいということでしょう。

今の株価が適正かどうかは分かりませんが、決して割安と言える水準ではない事は誰の目にも明らかです。こういうチキンレースに全力で参加することができる人は大いに資産を伸ばすことができるでしょう。しかし、私はあくまで『ストレスフリー』に投資を続けることを心がけていますので、マネーゲームに全力で乗っかるつもりはありません。

上昇時においては無理にマネーゲームに乗っからなくてもそれなりに満足できる程度の資産拡大の恩恵を受ける事はできますしね。もしかしたら、日本でも『ロビン・フッド』のような手数料無料で米国株の取引ができるアプリが誕生すれば、あるいは余剰資金の一部で経験のためにデイトレやスイングをやってみるかもしれません。多分すぐに飽きるでしょうけどね。

今の私はそんなに生き急がなくても、十分に株式投資の恩恵を受けることができています。NYダウに含まれるような大型株に資産のほとんどを突っ込んでいても、それなりに利益を上げることができたのがこれまでの米国株の力強さなのです。

米国株はこれまでも、そしてこれからも力強く成長し続けてくれると信じています。信じていますが、今のタイミングで全力で投資して良いのかどうかは、やはり投資家によって判断が分かれるところではあるのでしょうね。

ただ、何度も繰り返すように、割高と言われても不思議ではない水準まで株価が不自然に上昇しているという事実は受け止めるべきだと思います。

【悲報】『バフェット指数』がついに180を超える。株式市場は『割高』か。
米国では連日、株式市場の好調さが目立っており、S&P500指数、ナスダック総合指数共に史上最高値を更新。NYダウも戻りは遅かったものの、すでに最高値更新の圏内に入っていると言っても過言ではありません。私ももちろん株高の恩恵...

長期的に株式市場に残り続けるためにも、投資判断を誤った場合はすぐに切り替えるという姿勢も大切なのかもしれません。チキンレースはギリギリで止まるからこそ英雄となれるのです。そのまま突っ走って落ちてしまえば危うく命まで落としてしまうかもしれないということをお忘れなく。。。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました