【超絶悲報】エクソン・モービル(XOM)、ついにNYダウ30種から除外される…

投資実績
スポンサーリンク

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは24日、ダウ工業株30種平均の構成銘柄から石油メジャーの米エクソン・モービル、製薬大手のファイザー(PFE)、防衛大手のレイセオン・テクノロジーズ(RTX)の3社を除外することを発表しました。

NYダウ構成銘柄、エクソンなど除外 アップル株分割受け: 日本経済新聞
【ニューヨーク=宮本岳則】米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは24日、ダウ工業株30種平均の構成銘柄から石油メジャーの米エクソンモービルなど3銘柄を除外すると発表した。顧客管理ソフト大手の米セールスフォース・ドットコムなどを新規に組み入れる。

代わりに採用されるのは、最近話題に上がることが増えたソフトウェアのセールスフォース・ドットコム(CRM)、バイオ専門医薬の分野では世界トップクラスで、アマゾン・ドット・コム(AMZN)とティッカーコードが似ていることでも有名な製薬会社アムジェン(AMGN)、産業機械大手でかなりのコングロマリットな企業であるハネウェル・インターナショナル(HON)の3社が採用されるということです。

今回のNYダウ入れ替えの目玉となるのは、2018年6月にゼネラル・エレクトリック(GE)が除外されて以降、NYダウ30種で最古参となっていたエクソン・モービルの除外であり、同社の株価は昨日の締め後にPTSで大きく下落しているのである。

まあ、上がった次の日に下落するなんていうのは、最近のエクソン・モービルの株価の動きとしては、むしろいつも通りの動きとも言えますね。

さて、エクソン・モービルが除外されたことにより、NYダウ採用銘柄の最古参は1932年にNYダウに採用された生活必需品最大手のプロクター・アンド・ギャンブル(PG)となりました。またそれだけでなく、同時に1939年にNYダウに採用されたレイセオン・テクノロジーズが除外されたことで、日本における戦前までにNYダウに採用されていた生き残りは、プロクター・アンド・ギャンブルの1社のみとなり、次点が化学品メーカーのスリーエム(MMM)の1976年、その次がメルク(MRK)とIBMの1979年と一気に採用銘柄の若返りが図られました。

私が個別株で投資しているのは、たまたまとは言え、全てNYダウ30種に採用されている銘柄です。エクソン・モービルも当然NYダウに採用されていました。それどころか、私が投資を始めた2010年頃はまだエクソン・モービルは時価総額世界最大の企業で、その後アップル(AAPL)に時価総額世界一の座を奪われるまで、確かに世界一の優良企業だったのです。

そんなエクソン・モービルが除外されるとは・・・もしかしたら?というリスクを覚悟はしていましたが、実際にXデーが来てみると時代の流れを感じますね。非常に残念です。

つい先日、エクソン・モービルの持分を半分ほど損切りしました。

【超絶悲報】管理人Yuki、初めて株で損をする。
ちくしょう・・・・・・!!! ちくしょおおおーーーーーーーーーっ!!!!俺は認めん!認めるわけにはいかんのだ・・・・・・・・・・・っ!!いえ。そろそろ認めざるを得ない時が来てしまったようです...

この時点で私は、高配当銘柄に投資するのであれば、『配当再投資』をすることが必要だと感じながらも、エクソン・モービルに再投資するか?と考えたところ、多分他の銘柄へ再投資するだろうなという結論に至ったために痛みを伴う損切りを行なったのです。

しかし、この際に「これからも米国株は新陳代謝を高めながら成長していく」だろうと発言していましたが、まさか新陳代謝の中で捨てられていく銘柄にエクソン・モービルが入るとは、皮肉なものです。

私は以前から、エクソン・モービルについては、『配当金の減配』もしくは『NYダウ30種からの除外』が決定すれば手放すと決めておりました。

ですので、今回の発表を受けて、私が保有するエクソン・モービル株の残りを全て今夜手放すことを決定いたしました。

いくらになるかなー?40ドル割らなければいいけど・・・と戦々恐々としながらも、キッパリと手放すことに致します。

私は別に個別株投資においてNYダウ30種に拘っているつもりはありません。事実、私が初めて投資したビザ(V)は私が投資した頃はNYダウ採用銘柄ではありませんでした。今後どこかで投資したいなとと考えている銘柄の中にもNYダウ30種以外の銘柄がいくつかあります。

ですが、NYダウから除外されるということが決まったのはやはり看過できません。ハッキリと「時代が変わったのだ」という烙印を押された訳ですからね。

もちろんエネルギーセクターにおける需要が、コロナが落ち着けば回復するだろうという見通しは間違いでは無いでしょう。エクソン・モービルも今が底値付近で、もしかしたらこれから回復するかもしれないという期待の持てる企業だと思います。

しかし、今後NYダウから除外されたことで大口の売りに押され、回復までには相当の時間を有することでしょう。すでに40%近く下落している株価がここからさらに下がり、それが回復するまでの長期間、株数を増やすつもりがない銘柄を持ち続けるのは完全な機会損失です。

今回のような経済危機において、深刻なダメージを負ったセクターへの投資は、追加投資するつもりがないなら早く手放した方が得策なのかもしれませんね。大変良い学びになりました。

初めて株で損失を出したということは、今後の長い投資人生において良い教訓となるでしょう。幸いまだ私は30歳です。本当に人生100年時代であれば、まだ人生の3分の1も終わっていません。日本では、30歳の時点では投資を始めていない人が大半ですが、その年齢で実際に長期投資で銘柄を見誤ったことで損失を出したというのは素晴らしい学び、大変なアドバンテージです。

唯一の含み損だったエクソン・モービルを売り払うことで、昨日1,700万円を超えたばかりの含み益がさらに増加する見込みです。

【朗報】管理人Yuki、含み益が1,700万円overで過去最高益更新へ!
株式資産3,300万円、再突破!&含み益1,700万円over!☺️調子いいなぁ〜🤔 pic.twitter.com/ZOuA4CW2KR— Yuki@Snowball (@Yuki504797...

損失を認めるのは非常に残念なことではありますが、大変大きな学びとともにエクソン・モービルからは完全に撤退いたします。5年間ありがとうございました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました