【悲報】早生まれは大人になっても不利なのか?とある研究結果がネット上で話題に。

社会・政治
スポンサーリンク

昨日、twitterのトレンドに上がっていた記事の内容が非常に興味深かったです。

早生まれの不利は想像以上に長く続く 東大院教授が発表した研究結果 - ライブドアニュース
昔から「早生まれ(1月〜3月生まれ)」は学校生活で損をするといわれてきた。特に幼少期では生まれた月の違いによる成長差は大きく、学年内で“最年長”の4月生まれの子供は相対的に体格がよく、勉強やスポーツに

昔から「早生まれ(1月~3月生まれ)」は学校生活で損をするといわれてきましたが、東京大学大学院経済学研究科の山口慎太郎教授が今年7月に公表した論文の中で、生まれ月による差は想像以上に長く続くとする研究結果を発表した。

「早生まれの不利は、高校入試にもあらわれています。3月生まれと4月生まれで入学した高校の偏差値を比べると4.5も違います。大学の進学率も早生まれのほうが低く、これは日本に限らず、アメリカやカナダでも同じ傾向があります。さらに早生まれの不利は大人になっても消えず、早生まれの人は30~34歳の所得が4%低くなるという研究報告が出ています」

3月生まれと4月生まれでこれほどの差が生じるのかというのは確かに驚きです。でも確かに、今の日本の制度では4月生まれから3月生まれまでが一つの学年としてまとめられ、同級生とは言え、最大1年ほどの差が生じるのは仕方のないことなのです。特に小学生時代の1年の差は大人の1年よりもかなり大きいですよね。

この年になると早生まれがちょっと羨ましいなーと思うこともあります。私は4月生まれで、今年の4月で無事30歳を迎えました。でも、私の親友は3月生まれで、まだまだ29歳に余裕があります。まだ20代を謳歌しているのです。羨ましい!笑

そんな親友も今や立派な医師として仕事をしているので、この年になれば早生まれだろうが遅生まれだろうが関係ないと私は思います。要は本人の努力次第でしょと思います。

私が思うに、早生まれだろうが遅生まれだろうが、要は生まれた後の環境によって左右されるのではないかと思います。

早生まれの人は、幼少期からほぼ1歳年上の人と同じラインに立たされて、勉強や運動の場面で不利な状況で戦わされ続けてきた訳です。その過程で『自分は人と比較して出来ないんだ』と刷り込まれてしまった結果、努力することを諦めた人が多いんじゃないでしょうか。

努力次第でカバーできていたはずの差異を埋めることを諦めてしまえば、もともと不利な人がさらにジリ貧に追い込まれるのは明らかですよね。

山口教授は、生まれ月の違いによる対策として「入試などの重要な場面においては、生まれ月ごとの合格枠や、影響を補正した点数や評価の導入」を提案しているが、これはどう考えてもおかしいでしょう。

これは、能力に関係なく、社会的に不利な立場にある人を優遇する結果に繋がりかねないので、あまり褒められたものではないかと思います。最近巷で騒がれている、有色人種や女性に対する『逆差別』につながるような気がしてなりません。

それよりも、学力的、体力的にその学年の中では優れた成績を修めた人を義務教育だろうが『飛び級』にするなどして、生まれ月に関わらず優秀な人をどんどん上に上げていくという方針の方が、一つの学年の中での差異を埋め合わせる対策になるのではないかと思います。日米で教育課程が全く異なりますので、一概には言えませんが、その方が向上心が湧くのではないだろうかと私は思います。

もちろん、それだけで問題解決に至るとは思いませんが、立場の弱い人に合わせるというよりは、全体を底上げすることに力を入れた方がメリットが大きいのではないかと考えられます。

実際、『飛び級』を頻繁に行っている米国では、飛び級を経験した生徒の71%が満足していると回答しているという調査結果も出ています。

In a study of high-ability children who had been accelerated, 71% reported satisfaction with their acceleration experience.  Of the participants who reported they were unsatisfied, the majority indicated they would have preferred more acceleration.   In addition, in a series of interviews with students who were accelerated, an overwhelming majority of these students said that acceleration was an “excellent experience” for them. 

参考:National Association For Gifted Children

そしてそんな米国では、飛び級を経験するような天才たちによってイノベーションを起こしてきた訳です。『投資の神様』ウォーレン・バフェット氏も中学時代は飛び級をしたことで知られていますし、『キング牧師』の愛称で知られるマーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏は高校を飛び級し、15歳で大学に入学しています。

年齢という生まれたタイミングだけで同じ学年に縛り付けて競わせるより、個々人が有する能力によってあるべきところでその能力を伸ばしたり生かしたりする教育の方が断然将来性のある考え方ではないだろうか。と私は思います。

逆に、『早生まれだから仕方ない』などと、生まれたタイミングや環境に文句を言って努力することを放棄しては、どれだけ能力があっても成長することはありません。社会に出れば早生まれも遅生まれも関係なく同じボーダーラインに立つのですから、今この瞬間を大切にして、努力し続けることを忘れないようにしたいものですね。

それにしても、個人投資家の方は何月生まれが多いんでしょう?ウォーレン・バフェット氏とジョージ・ソロス氏は確か8月生まれでした。お二人とも同い年で誕生日も近かったはずです。ジム・ロジャーズ氏は確か10月生まれですね。うーん…今のところ、8月生まれが投資家として優秀な気がします。サンプルが少なすぎますが…笑

どちらにせよ、生まれた月や、環境にかかわらず、誰しもが豊かになれる可能性を秘めているのが株式投資の世界です。皆さんも、早生まれや遅生まれといった縛りに人生を左右されるのではなく、株式投資を通じて経済的に豊かになるために時間をかけてコツコツ投資を続けていってください。

遅生まれの4月より早生まれの3月の方が約1歳若い計算になりますから、投資の世界においては同学年よりも早生まれの方が有利かもしれませんよ。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました